2017年01月22日

なぜかGooブログに貼れないのでここに! トランプ新大統領の就任演説 全文と和訳 (一部更新)


トランプ氏がどんな就任演説をするのか?という好奇心にかられ、アメリカの大統領就任式典の中継の一部始終を初めてライブでみましたが、最初から最後までこの世紀のイベントを貫いていたのは、キリスト教精神でした。

アメリカ人の誇りが信仰心に裏打ちされていることがよくわかりました。

トランプ氏の就任演説の中にもそれが色濃く出ていました。

メディアは、選挙で選ばれた大統領の就任の日に、この期に及んで就任反対を叫ぶ世界各地の反トランプデモを取り上げ「見よ!この反トランプの嵐」とばかり、祝賀ムードを打ち消す報道を繰り返していますが、この新大統領の誕生をリアルタイムで見守った大多数の人びとは、彼が目指しているものが少なくとも、アメリカの分裂ではなく統合であり、衰退ではなく繁栄であり、サヨク的平等主義ではなく神の下での自由主義であることを理解したのではないでしょうか?

トランプ大統領の就任に怒り、断固認めようとしない人々は、自分たちの立場と違う民意を受け入れようとしない人々ですね。
アメリカが衰退しようが分断されようが、自分たちが正しいと思う方向に突き進みたい人々なのでしょう。
「オバマ路線こそ正しかった。トランプはオバマ大統領が目指した改革をすべておじゃんにする」と未だにアメリカの民意がチェンジしたことを認めない人達をメディアがあおるように報道するので、トランプ新アメリカの船出は確かに荒れ模様です。

トランプ大統領も、困難や問題が山積みであることは覚悟の上。
しかし、「ワシントンDCから国民に主権を移す。」「空虚な言葉だけの政治は終わりにする。」「アメリカをもう一度偉大な国にする」という彼の決意に心躍らせる人々が、これからのアメリカを支えていくのだとしたら、選ばれた新大統領も彼を大統領に選んだアメリカ人も、すでに偉大だと思います。

翻って今、わが日本の首相と我々国民に、その勇気が、その信頼関係があるかと問われれば、致命的に欠如していると認めない訳にいきませんが、少なくとも日本でアメリカ式の大統領選が行われたら、その結果誰が選ばれようと(一部、反対デモ位はあったとしても)結果を受け入れる度量はアメリカ国民よりも上かも知ません。(何せ、アノ「民主党」の政権交代まで受け入れた国民ですから!)

「日本も大統領制になればいいのに 」と思った式典でした。

新生アメリカに向けて、神のご加護がすでにあったことも忘れてはいけないと思います。

BBCニュースのトランプ新大統領の就任演説 全文と和訳 共同ブログ(「光の進軍 光よ通え」http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama)にUPするつもりでしたが、「不正な文章が含まれています」となってどうしても貼れなかったので、こちらに転載させていただきます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-38702737-bbc-int 

1/21(土) 14:28配信

【米政権交代】 「アメリカ第一」 トランプ新大統領の就任演説 全文と和訳

ドナルド・トランプ新米大統領の就任演説は、約16分にわたった。以下が全文とその和訳。

Chief Justice Roberts, President Carter, President Clinton, President Bush, President Obama, fellow Americans, and people of the world: Thank you.

ロバーツ最高裁長官、カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、オバマ大統領、同胞のアメリカ国民の皆さん、世界の人々、ありがとうございます。

We, the citizens of America, are now joined in a great national effort to rebuild our country and to restore its promise for all of our people.

私たちアメリカ市民は今、この国を再建し、国民全員への約束を復活させるため、大いなる国家的事業に取り組むべく団結しています。

Together, we will determine the course of America, and the world, for many, many years to come.

私たちは一緒になって、今後何年も続くアメリカと世界の進路を、定めていきます。

We will face challenges. We will confront hardships. But we will get the job done.

課題に直面するでしょう。困難に直面するでしょう。しかし、私たちはやり遂げます。


Every four years, we gather on these steps to carry out the orderly and peaceful transfer of power, and we are grateful to President Obama and First Lady Michelle Obama for their gracious aid throughout this transition. They have been magnificent.

4年ごとに私たちはこの階段に集まり、秩序ある平和的な権限の移行を行います。この政権移行の間、寛大に支援してくれたオバマ大統領とファーストレディのミシェル・オバマ夫人に感謝しています。お2人は素晴らしかった。

Today's ceremony, however, has very special meaning. Because today we are not merely transferring power from one administration to another, or from one party to another - but we are transferring power from Washington, D.C. and giving it back to you, the people.

けれども今日の式典には特別な意味があります。なぜなら私たちは今日、単にひとつの政権から次の政権に、あるいはひとつの政党から別の政党に、権力を移しているだけではないからです。私たちは権力をワシントンから、国民の皆さんにお返しするのです。

For too long, a small group in our nation's capital has reaped the rewards of government while the people have borne the cost.

今まであまりに長いこと、この国の首都の少数の人たちが政府の恩恵にあずかり、国民がその負担を担ってきました。

Washington flourished - but the people did not share in its wealth.

ワシントンは栄えたが、国民はその富を共有しなかった。

Politicians prospered - but the jobs left, and the factories closed.

政治家たちは豊かになったが、仕事はなくなり、工場は閉鎖した。

The establishment protected itself, but not the citizens of our country.

国の主流派は自分たちを守ったが、この国の市民は守らなかった。

Their victories have not been your victories; their triumphs have not been your triumphs; and while they celebrated in our nation's capital, there was little to celebrate for struggling families all across our land.

彼らの勝利はあなたたちの勝利ではなかった。彼らの成功はあなたたちの成功ではなかった。彼らはこの国の首都で祝っていたものの、国中各地で苦しむ家族たちにとって祝うに値することはほとんどありませんでした。

That all changes - starting right here, and right now, because this moment is your moment: it belongs to you.

それは一切変わります。まさに今、ここで。なぜならこの瞬間は皆さんの瞬間だからです。これはあなたたちのものです。

It belongs to everyone gathered here today and everyone watching all across America.

今日ここに集まった全員のもの、アメリカ全土で見守っているすべての人のものです。

This is your day. This is your celebration.

今日はあなたの日です。これはあなたのお祝いです。

And this, the United States of America, is your country.

そしてこの、アメリカ合衆国は、あなたの国なのです。

What truly matters is not which party controls our government, but whether our government is controlled by the people.

本当に大事なのは、どちらの党が私たちの政府を仕切っているかではなく、私たちの政府を国民が仕切っているかどうかです。

January 20th, 2017, will be remembered as the day the people became the rulers of this nation again.

2017年1月20日は、国民が再びこの国の指導者となった日として記憶されるでしょう。

The forgotten men and women of our country will be forgotten no longer.

この国の忘れられた人々は、もうこれ以上、忘れられることはありません。

Everyone is listening to you now.

誰もが皆さんに耳を傾けています。

You came by the tens of millions to become part of a historic movement the likes of which the world has never seen before.

何千万人もの皆さんは、世界が今まで見たこともない歴史的な運動の一部になるため、参加しました。

At the centre of this movement is a crucial conviction: that a nation exists to serve its citizens.

この運動の中心には、不可欠な確信があります。国は市民に奉仕するために存在するのだという確信です。

Americans want great schools for their children, safe neighbourhoods for their families, and good jobs for themselves.

アメリカ人は子供たちのために最高の学校が欲しい。家族のために安全な地域が欲しい。そして自分たちのために良い仕事が欲しい。

These are the just and reasonable demands of righteous people and a righteous public.

正義の人々、そして正義の社会にとって、これは正当で道理のある要求です。

But for too many of our citizens, a different reality exists: Mothers and children trapped in poverty in our inner cities; rusted-out factories scattered like tombstones across the landscape of our nation; an education system, flush with cash, but which leaves our young and beautiful students deprived of all knowledge; and the crime and the gangs and the drugs that have stolen too many lives and robbed our country of so much unrealised potential.

しかしこの国の市民のあまりに多くが、これとは別の現実の中にいます。都市の中心部では母親と子供たちが、貧困に囚われている。この国のあちこちで、さびついた工場が墓石のように散らばっている。資金を大量につぎこまれた教育制度は、若く美しい生徒たちに何の知識も与えないままだ。そして犯罪とギャングと麻薬が、あまりにも多くの命を奪い、あまりにも多くの可能性を実現しないままこの国から奪い去った。

This American carnage stops right here and stops right now.

このアメリカ内部の殺戮(さつりく)は、まさにここで、たった今、終わります。

We are one nation - and their pain is our pain. Their dreams are our dreams; and their success will be our success. We share one heart, one home, and one glorious destiny.

私たちはひとつの国です。苦しむ人々の痛みは、私たちの痛みです。彼らの夢は、私たちの夢です。その成功は、私たちの成功となるでしょう。私たちはひとつの心、ひとつの家、そしてひとつの栄光ある運命を共有しているのです。

The oath of office I take today is an oath of allegiance to all Americans.

私が今日行う就任の宣誓は、すべてのアメリカ人に対する忠誠の誓いです。

For many decades, we've enriched foreign industry at the expense of American industry;

何十年も前から私たちは、アメリカの産業を犠牲にして外国の産業を豊かにしてきました。

Subsidised the armies of other countries while allowing for the very sad depletion of our military;

この国の軍隊が悲しくも消耗していくのを許しながら、外国の軍隊を援助してきました。

We've defended other nations' borders while refusing to defend our own;

自分たちの国境防衛を拒否しつつも、外国の国境を守ってきました。

And spent trillions and trillions of dollars overseas while America's infrastructure has fallen into disrepair and decay.

そしてアメリカのインフラが荒廃し衰退する一方で、海外では何兆も何兆もの金を使ってきました。

We've made other countries rich while the wealth, strength, and confidence of our country has dissipated over the horizon.

我々は、この国の富と力と自信が地平線の向こうで衰退していく間に、よその国々を金持ちにしてきたのです。

One by one, the factories shuttered and left our shores, with not even a thought about the millions and millions of American workers that were left behind.

工場はひとつひとつ、次々と閉鎖し、この国を出て行きました。取り残された何百万人ものアメリカの労働者のことなど、何ひとつ考えないまま。

The wealth of our middle class has been ripped from their homes and then redistributed all across the world.

この国の中産階級の富は無理やり奪い取られ、世界中に再配分されていきました。

But that is the past. And now we are looking only to the future.

しかしそれは過去のことです。そして今の私たちは、ただひたすら未来だけを見つめています。

We assembled here today are issuing a new decree to be heard in every city, in every foreign capital, and in every hall of power.

今日ここに集まった私たちは、すべての都市、すべての外国の首都、そしてすべての権力の回廊に聞かせるため、新しい布告を発します。

From this day forward, a new vision will govern our land.

今日から今後は、新しいビジョンがこの国を統治します。

From this day forward, it's going to be only America First, America First.

今日から今後は、ただひたすら「アメリカ第一、アメリカ第一」です。

Every decision on trade, on taxes, on immigration, on foreign affairs, will be made to benefit American workers and American families.

貿易、税金、移民、外交に関するすべての決断は、アメリカの有権者とアメリカの家族の利益となるよう行われます。

We must protect our borders from the ravages of other countries making our products, stealing our companies, and destroying our jobs. Protection will lead to great prosperity and strength.

私たちは、私たちの製品を作り、私たちの企業から盗み、私たちの職を破壊する外国の侵害から、この国の国境を守らなくてはならない。保護によって、繁栄と力は拡大します。

I will fight for you with every breath in my body - and I will never, ever let you down.

私は自分の命すべてをかけて皆さんのために闘います。そして決して、絶対に、がっかりさせません。

America will start winning again, winning like never before.

アメリカはまた勝ち始めます。かつてないほど勝ち始めます。

We will bring back our jobs. We will bring back our borders. We will bring back our wealth. And we will bring back our dreams.

この国の仕事を回復させます。国境を回復します。富を回復させます。そして私たちの夢を復活させます。

We will build new roads, and highways, and bridges, and airports, and tunnels, and railways all across our wonderful nation.

私たちはこの素晴らしい国の全土で、新しい道路、高速道路、橋、空港、トンネル、鉄道を造ります。

We will get our people off of welfare and back to work - rebuilding our country with American hands and American labour.

国民がもう生活保護を必要としないように、仕事に戻れるようにします。この国をアメリカ人の手とアメリカ人の労働で再建します。

We will follow two simple rules: Buy American and hire American.

私たちは2つの素朴なルールに従います。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇うのです。

We will seek friendship and goodwill with the nations of the world - but we do so with the understanding that it is the right of all nations to put their own interests first.

私たちは世界の国々との間に友情、そして友好を求めます。しかしその前提には、すべての国は自国の利益を優先する権利があるという認識があります。

We do not seek to impose our way of life on anyone, but rather to let it shine as an example - we will shine - for everyone to follow.

私たちは自分たちの生き方をほかの誰にも押し付けようとはしませんが、むしろお手本として輝くように、私たちは輝きますから、ほかの人たちが見習うべきお手本として輝くようにします。

We will reinforce old alliances and form new ones - and unite the civilised world against radical Islamic terrorism, which we will eradicate completely from the face of the Earth.

私たちは古い同盟関係を強化し、新しい同盟を結びます。そして、文明世界を一致団結させて、イスラム過激主義のテロと戦います。イスラム過激主義のテロは、この地上から完全に消し去ります。

At the bedrock of our politics will be a total allegiance to the United States of America, and through our loyalty to our country, we will rediscover our loyalty to each other.

私たちの政治の礎となるのは、アメリカ合衆国に対する完全な中世です。そして自分たちの国への忠誠心を通じて、私たちはお互いへの忠誠心を再発見するでしょう。

When you open your heart to patriotism, there is no room for prejudice.

自分の心を愛国心に向けて開けば、偏見が入り込む余地はありません。

The Bible tells us: "How good and pleasant it is when God's people live together in unity."

聖書はこう教えています。「神の人々がひとつになって暮らすのは、なんて善い、心地良いことでしょう」と。

We must speak our minds openly, debate our disagreements honestly, but always pursue solidarity.

私たちは思ったことを自由に発言し、意見が違えば議論しなくてはなりませんが、常に連帯を目指すべきです。

When America is united, America is totally unstoppable.

アメリカが団結すれば、アメリカを食い止めることなど不可能です。

There should be no fear - we are protected, and we will always be protected.

恐れるべきではありません。私たちは守られているし、常に守られていくので。

We will be protected by the great men and women of our military and law enforcement and, most importantly, we will be protected by God.

私たちは軍隊と法の執行機関の偉大な人々に守られているし、何よりも神が私たちを守ってくれます。

Finally, we must think big and dream even bigger.

最後に、私たちは大きく考え、さらに大きく夢見なくてはなりません。

In America, we understand that a nation is only living as long as it is striving.

アメリカの私たちは、国とは努力し続けなければ生き続けられないものだと理解しています。

We will no longer accept politicians who are all talk and no action - constantly complaining but never doing anything about it.

私たちは、口先だけで行動しない政治家をもうこれ以上受け入れません。文句を言うだけで何もしない政治家など。

The time for empty talk is over.

空虚なお話の時間はもう終わりです。

Now arrives the hour of action.

行動の時がやってきました。

Do not allow anyone to tell you that it cannot be done. No challenge can match the heart and fight and spirit of America.

そんなことは無理だと誰かに言われても、決して信じてはいけません。アメリカの心とファイトとスピリットに勝る挑戦などありません。

We will not fail. Our country will thrive and prosper again.

私たちは失敗しません。私たちの国は再び、栄えて繁栄します。

We stand at the birth of a new millennium, ready to unlock the mysteries of space, to free the Earth from the miseries of disease, and to harness the energies, industries and technologies of tomorrow.

私たちは新しい千年紀の誕生と共にあります。宇宙の神秘の扉を開き、病の苦しみから地球を解き放ち、未来のエネルギーや産業や技術を活用しようという、その時に立っています。

A new national pride will stir our souls, lift our sights, and heal our divisions.

国民としての新しい誇りが私たちの魂でうごめき、展望を引き上げ、分断を癒してくれるでしょう。

It is time to remember that old wisdom our soldiers will never forget: that whether we are black or brown or white, we all bleed the same red blood of patriots, we all enjoy the same glorious freedoms, and we all salute the same great American Flag.

この国の兵士たちが決して忘れない古い格言を思い出すべき時です。黒だろうが茶色だろうが白だろうが、私たちは全員が、赤い愛国者の血を流すのだと。全員が同じ素晴らしい自由を享受し、全員が同じ偉大なるアメリカ国旗に敬礼するのだと。

And whether a child is born in the urban sprawl of Detroit or the windswept plains of Nebraska, they look up at the same night sky, they fill their heart with the same dreams, and they are infused with the breath of life by the same almighty Creator.

そして大都市デトロイトの裾野(すその)で生まれようが、風吹きすさぶネブラスカの平原で生まれようが、同じ夜空を見上げた子供は、同じ夢で心を満たし、同じ偉大なる創造主によって生命を吹き込まれるのです。

So to all Americans, in every city near and far, small and large, from mountain to mountain, and from ocean to ocean, hear these words:

なのですべてのアメリカ人は、この言葉を聞いて下さい。あらゆる都市にいる人、遠い近いを問わず、大小を問わず、山から山へ、海から海へ、聞いて下さい。

You will never be ignored again.

あなたは二度と無視されたりしません。

Your voice, your hopes, and your dreams, will define our American destiny.

あなたの声、あなたの希望、あなたの夢は、私たちアメリカの運命を決定するものです。

And your courage and goodness and love will forever guide us along the way.

そしてあなたの勇気と善と愛が、永遠に私たちを導いてくれます。

Together, we will make America strong again.

一緒に、アメリカをまた強くします。

We will make America wealthy again.

アメリカをまた豊かにします。

We will make America proud again.

アメリカをまた誇り高くします。

We will make America safe again.

アメリカをまた安全にします。

And, yes, together, we will make America great again.

そしてそうです。一緒に、私たちはアメリカをまた偉大にするのです。

Thank you, God bless you, and God bless America. Thank you. God bless America.

ありがとう。神様の祝福を。神様がアメリカを祝福しますように。ありがとう。神様がアメリカを祝福しますように。

(英語記事 Trump inauguration: Full text of new president's speech)
.
(c) BBC News


最終更新:1/21(土) 14:28


posted by megamiyama at 23:11| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

「永遠の祈り 大川隆法」より 愛の凱歌(抜粋)


歴史のなかで 人は
ある時に生まれ
ある地に生まれ
また死に また生まれ変わり
また死に また生まれ変わり
そうした転生の過程を通じて
人が一番大切にしているものは
それは やはり愛
それぞれの転生で
それぞれの人生で
どれだけ 多くの人と出会い
どれだけ 多くの人と愛し合い
どれだけ 多くの人に愛の行為をなしてきたか
それが 心の記憶として残るのだ

かつての自分が
親となり また息子となり
夫となり 妻となり
友人となり
先生となり 弟子となり
さまざまな愛というものを
受け取り 与えてきた
そうした多くの人間関係が
幾転生を経ても また現れてくる

愛よ 愛よ
愛よ おまえゆえに
すべての世界がある
愛よ 愛よ
愛よ おまえゆえに
すべての人間が生きる
愛よ 愛なくば
この地上は砂漠と化してしまうだろう
愛よ おまえなくば
人間は生ける屍となってしまうであろう
愛よ おまえなくば
人びとは烏合の衆と化してしまうだろう。
愛よ 愛よ
おまえは それほどまでに素晴らしい

愛よ その姿を現わせ
愛よ 汝は大いなる女神であろう
その女神の姿を現わせ
その輝きを現わせ
そのうち美しき言葉を現わせ
さすれば 
われは汝をあがめん
われは汝をこそあがめん

愛よ愛よ愛よ
愛の女神よ
その姿を現わせ
(中略)

愛の女神よ
汝 必ずわが前に現われよ
その美しき姿を一度見たならば
人びとはわすれることはできないであろう
人びとに満ちなく
人生に勇気なく
人生に希望なき時
愛の女神よ
汝は道を開かん
愛の女神よ
汝の乗りたる白き馬のあとにつきて
われらも従いゆかん

(続く)

永遠の祈りは、宇都宮に建つ幸福の科学未来館にエルカンターレ像が開眼された記念に大川隆法総裁先生より降ろされた祈り集ですが、ブログ再開するにあたりアレコレ自分のコトを書くよりよっぽど自分にとって、そしてもしかしたら読む人にとっても糧になる言葉かと思いましたので、ほんの一部ですがご紹介させて頂きました。

改めまして、新年 すっかり明けましておめでとうございます!

暮れに念願のmyパソコンが帰って来たものの、年末年始のアレヤコレヤにかまけてブログ再開が遅くなりました!
また一から出直しです。

今朝、仕事始めに書いた記事は、個人的な余分な言葉が多すぎたので、書き直しました。
相変わらずの未熟者ですが、改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。

posted by megamiyama at 08:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

知りませんでした!日本では放映されなかったソチ・フィギュア世界大会の開会式のメッセージ!地震兵器を告発していた!?

久しぶりに記事を更新します。

古い話ですが…
2011年、ロシアで開かれた世界フィギアスケート選手権大会の開催式が、3.11東北大震災で被災した日本へのメッセージだったことをご存知でしたか?

頼りにしているお友達ブロガー、咲く也さんが、「ロシアのプーチンが全世界に3.11人工地震波形を示していた」という記事を「光の進軍、光よ通え」に載せています。

開会式典に込められた驚くべきメッセージもさることながら、日本の代役として急きょ名乗りをあげ、国を挙げて日本に応援メッセージを送ったプーチン・ロシアには、本当に感動させられます。

改めて、国をしょって立つトップの器によって、出来ること(世界に与える影響)!が全然違ってくるのだと思い知ります。(安倍首相はもちろん、オバマ大統領も、ヨーロッパの主脳達も…、ここまでの度量と見識の持ち合わせは無いようです。自分の国のことで手一杯の小物政治家と大物政治家の違いは、こんな時にハッキリするものなんでしょうね)

日本に送られた、この感動的な開会式のメッセージを、リアルタイムで受け取ることを出来なくした日本のマスコミの逆走ぶりなど、もはや日本の放送局とは言えないレベル。(この開会式を放映せず、よりによってキム・ヨナの特集って…!日本人を馬鹿にするのもいい加減にしろ!デス。)

片や、国境を越えた人類愛を吐露し、深い敬意を示してくれる国があり、片や”濡れ衣”を着せておいて、千年経っても恨みは消えないとばかりに謝罪と賠償を求め続ける国があり…。そして、どんな手段を使っても邪魔者は消す!という闇の勢力がウラで恐ろしい兵器を使い、人類を思い通りに操ろうとしている…!?

何にせよ、日本が深い関心を寄せられる国であることは確かなようですが、トップの器の違いで国の品格にこんなにも差がでることに気がつけば、さすがに”恥を知る人々”が、アメリカにも、中国にも、韓国(・北朝鮮?)にも出てきてもおかしくはないでしょう。

全世界に発信されたこの開会式が、何故か日本では放送されず、国民のほとんどが知らずじまいで今に至っているのは、日本人として本当に恥ずかしいことですが(そもそも、フィギュアスケートの大会が日本で行われる予定だったことすら、管理人は忘れてました…)、日本のマスコミがここまで劣化してしまったのは、優柔不断で八方美人的な自民党政治のツケでもあります。そして、その政治家を選んだのは、国民です。

安倍首相がプーチンと違って、自民党と自身の政治生命の存続しか考えない小さな器の持ち主なら、「トップの器でない!」と引導を渡す位の「国民の気概」は持ちたいものです。(民進党総裁選に出ている蓮舫氏には、今、引導が渡されつつあるようですネ。)

「光の進軍 光よ通え」より、
http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/0f063d99477bbea8f229c877d4eac6e0
2016-09-13 22:50:54 | 桜 咲久也

あの世とこの世の不思議な世界さんより http://anoyotokonoyo.blog.jp/archives/1040148520.html

2015年09月15日
【陰謀】3.11は人工地震だった!?ロシアからのメッセージとは!?
fc08d34e-s.jpg



既にご存知の方は多いと思いますが、恥ずかしながら私自身が最近知った事でもありますので、こちらに記そうと思います。

2011年、実はこの年に、世界フィギアスケート選手権が日本で開催される予定だったのですが、震災の影響があり、

急遽、ロシアでの開催に変更になったのです。
そして、その開会式のセレモニーで”それ”は起こりました。。

この大会では、当時、ロシア首相であったプーチン氏が、東日本大震災に被災した日本への連帯感を示すことを表明し、

開会式では、白いリンクに大きな日の丸が映し出され、参加国の民族衣装を着たスケーターが連帯を示して黙とうするなど、

様々なセレモニーが行われました。

しかし、この映像は、日本では放映されておりません。

その当時、この大会の放映権を所有していた”フジテレビ”が、代わりに”キム・ヨナ特集”を差し挟むように編集したのです。

それでは、なぜ、そのような事が起きたのか?不思議に思う方が多いと思います。
その理由とは、ロシアが「東日本大震災は人工地震」であったことを示すかのような

「人工地震の波形」や「演出」を行った開会式セレモニーだったからです。

ぜひ、こちらの映像をご覧いただきたいと思います。<YouTube>

※この動画もいつまで観れるか分かりません
※過去に何度もこの動画削除されています

ロシアのプーチン様が全世界に3.11人工地震波形を示す!!!


人工地震の波形は、いきなりドカーンと針が振り切るという特徴があるそうです。
まあ、考えてみれば、これは至極、当たり前の事です。
地中や海底に埋め込まれた”核”が爆発しているのですから、自然地震とは、波形がまったく違ってしまうのです。

自然に発生する地震というのは、最初は緩やかな波形を描き、徐々に振り幅が後で大きくなっていきます。

このオープニングセレモニーの演出は、ロシアからのメッセージだったとみて、間違いないと思います。

尚、この「人工地震」について、懐疑的な人も多いのは十分に理解をしております。

しかしながら、現実的に、米国やロシアなどの核保有国では、人工地震のテストを幾度ともなく行っているのは確かなのです。
ちなみに、震災後に国会で、このような事が起きております。
参考までにリンクを貼っておきます。
<YouTube>2011年07月11日衆議院復興特別委員会で浜田政務官が人工地震に言及



テレビや新聞で報道されている事が真実とは限りません。

私たちは、自分自身で様々な角度から情報を収集し、その上で、何が真実なのか、

どうして、こんな報道がされているのか、という事を考える時期にきているのだと思います。

http://ksmworld.blog.jp/

【KSM】フィギュアスケート世界選手権2011 日本人が知らないロシアの好意。 Спасибо, Россия



ロシアのプーチン様が全世界に3.11人工地震波形を示す! 動画サイトから

・ありがとうロシア・゜・(ノД`)・゜・大好きだー!

・ずっと恐ロシア認識だったけど、この動画を見て少し変わりました。 感動しました。ありがとうロシア

・ありがとう、ロシア。今知った。

・なぜ、ソチオリンピックで 日本の国旗や日本の楽器と音楽 そして地震の波形を出したか? 我々はもう少し世界情勢を 知らないと駄目だ。 あの地震はやはりおかしい とロシアが世界に訴えている。 日本はロシア以上に世界に向けて 地震やアメリカのことについて 訴えないと駄目である。


・3.11は紛れもない人工地震。金融ユダヤにのっとられたアメリカ政府とその奴隷と化した日本政府が起こしたこともすでに知られています。さらにTPPは富裕層のみが儲けられる悪魔の政策です。南シナ海の領有権をめぐって軍事介入してきたのもロスチャイルド絡みの黒いものばかりで第3次世界大戦を引き起こしかねない事態に見舞われています。ロシア政府はこの事実を知っており、金融ユダヤをなくすため水面下で動いています。そのため、反ロシアを掲げる国から攻撃を受けています。金融ユダヤがなくならければ平和になることはありません。一日もはやく真相が究明され、真の平和が訪れることを祈るのみです。


・感動しました。・・・私たちは、あまりに長く洗脳されつづけている。・・・もう一度明治維新から精査すべき

・ロシアのイメージがこれで変わった! ありがとう!ロシア様!

・3.11が人工地震かなんてのは興味がない。 ただこれだけは言っておく。 第二次大戦中の人工地震ドキュメンタリーを制作したNHKのプロデューサー夫妻が変死した。

・流石プーチン大統領だ。もうアメリカの言いなりになるのはやめ、ロシアと手を組むべきだ。 彼は親日派だ。北方四島でも柔軟な対応を見せている。安倍総理も以前の橋本総理のように、アメリカの無理難題に対して怒りをあらわにし、抵抗してもいいんじゃないか。小泉のように丁稚奉公みたいになって、責任を逃れるためか総理をやめて議員も辞める。ちゃっかりフリーメーソンにも入りやがって。竹中平蔵も同じだぞ。必ずや神が天罰をくだされる。

・ロシアの事を想うと涙が溢れてくる。政治的な理由など世界の策略などまだ知らなかった頃からロシアだけは特別な存在だった。近年はプーチンが政権を執るようになってからはロシアが親友の存在に変わって行った自分の中で。上手く言えないが心や魂が強烈な磁場のように惹かれる。そう、涙がね、こみ上げてくるんだ。哀しいとかじゃない。思慕に近いのかな?こんな感情は他国に対しては絶対に抱かない。何故かロシアだけ。プーチン、アメユダに負けるな!日本人にもこの強さが欲しい!アメユダの配下に成り下がった日本がとにかく悔しい!


・うわぉ!感動的。 ロシアありがとう。 次は日本が手を貸す番だね。

参考までに http://sharetube.jp/article/1666/ 
3・11は、本当は日本を壊滅させるような計画だったようです。続いて1週間後くらいに首都圏直下型地震を起すつもりが、東京などの地盤特性に阻まれてうまくいかなかったようです。偽ユダヤは、真ユダヤの「失われた十部族(の一部)」の末裔が多く住む東北をまず狙い、
「世界の親国」「黄金龍神列島」日本を壊滅させてからイラン戦争を発端に第3次世界大戦へと持っていくつもりでした。しかし失敗したのです。
posted by megamiyama at 11:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・震災・天変地異 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする