2016年05月30日

「ルーズベルトニ与フル書」

知りませんでした!
硫黄島の戦いに散った日本人中将がルーズベルトにあてて手紙を書いていたこと。
そして、その手紙を日本兵士の遺体に見つけ、持ち帰った(ルーズベルトが読んだかどうか定かではありませんが…)米軍兵士たちにも深い感銘を与え、今もアメリカ海軍兵学校内に大切に保管されているということ。

このこと(石丸利之介(りのすけ)中将の「ルーズベルトニ与フル書」とそれを読んだアメリカ軍人に感銘を与え、軍の施設に大切に保管されていること!)一つだけでも、今学校で教えることができたら、戦後の自虐史観など木端微塵に吹っ飛び、たちどころに日本人の誇りがよみがえるのではないいかと思われます。

それくらい見事な”大和魂の発露と真実(ルーズベルトの凡人性とその罪)を見抜く洞察力”に満ち溢れた手紙です。

杉浦千畝氏のユダヤ人救出のビザ発行にしろ、トルコ人が親日の訳(エリトリア号の遭難者の救出に、村民総出であたったこと)にしろ、最近になって”日本人の偉業”がにわかに知られるようになりましたが、日本人が海外でこんなにも尊敬されているという事実を、まだまだ私達は知らなすぎるのではないでしょうか?

国内外で、知る人ぞ知る「真実」が日本に関しては多すぎます(日本人が「真実」を知ると都合が悪い国や人々がまだまだ居る!ということですね。)が、遅まきながら、やっと封印が解けてきました!(というか、自縄自縛の封印を解くことこそ、お国の為に死んでいった英霊に対するせめてもの恩返しであり、戦後の日本人の最低限のツトメ!)

(真実というものは)見れば、ワカル!
聞けば、ワカル!

”ワカラン人”にこそ、知ってもらいたい話です。

日本を「悪魔の帝国」と憎み、徹底的な壊滅作戦を断行したアメリカ大統領ルーズベルトと、そのルーズベルトに宛てて「恒久平和の世界の実現を訴えた」手紙の主との”魂の境涯”の差は、誰が見ても(ルーズベルト以外…?)歴然としてますから!


https://www.youtube.com/watch?v=kn7jx4qgsnQ




2015/05/29 に公開


硫黄島で戦死された石丸利之介(りのすけ)中将がルーズベルト大統領に宛てた手紙を紹-介します。
市丸中将が、最後の突撃攻撃を行って散華されたのは、3月26日です。
その9日前の3月17日、中将は、地下20メートルの洞穴に、動けるものを全員集めま-した。

そして副官である間瀬中佐が、一歩前に出て、「ルーズベルトニ与フル書」を読み上げま-した。

朗読が済むと、この書の和文のほうを通信将校の村上大尉が腹に巻きつけ、
英文のものは航戦参謀の赤田中佐が身に付けました。

そして市丸中将は、栗林中将とともに、軍服にある一切の肩章を外し、ひとりの皇国臣民-として、最後の突撃を行い、散華されています。

「ルーズベルトに与うる書」は、米海兵隊員の手で二人の遺体から発見されました。

市丸中将は、自らの死を目前として、たとえ硫黄島が奪われ、我が身が土に還ったとして-も、人が人として生きることの大切さをこの「書」にしたためることで、死して尚、日本-の描いた壮大な理想、悠久の大義のために戦い続けようとしたのではないでしょうか。

この「書」は、米国内の様々なメディアで紹介され、「書」に書かれた理想は、形を変え-て米国の理想となり、いまや世界の人類の常識とまでなっているのです。
そして、この書は、アメリカ海軍兵学校内アナポリス博物館に今でも大切に保管されてい-ます。


「戦後70周年に向けて 正しい歴史に学ぶ すばらしい国 日本」ダイジェスト版
https://youtu.be/-usWnzcFUhw

「奇跡の将軍・樋口季一郎」
https://youtu.be/4caq5e_toz8

「ユダヤ人の記憶に生きる日本人 杉原千畝」
https://youtu.be/m5_q1i5ntTY
posted by megamiyama at 00:15| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

(更新)イイネ!!!秋元康作詞 欅坂46 『サイレントマジョリティー』

https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8
欅坂46 『サイレントマジョリティー』


スミマセン!いつものことながら、大事なことを書き忘れたので、一部書き直しました。

咲く也さんの「理想国家日本の条件…」で、『「安倍総理のやりたい放題の日本のままでいいのか?」っていう裏の意味があるらしいです。』と紹介されてました。

視聴回数 13,836,620 回!!!

すでにブレイクしてるんですね。

『サイレントマジョリティー』というタイトルがまず、イイネ(若者には「ん?!何のこと?」でしょうが、この国の行く末を憂う大人には(秋元康が何を云いたいか?)すぐピン!と来ます。)
これをYOUtubeで聞くのは、ほとんど若者ですから、秋元康のメッセージに敏感に反応して「イイネ」と思う日本の若者もすごいんじゃないでしょうか?

タイトルや歌詞に明らかに政治的なメッセージを盛り込んだ硬派な歌を、よりによって「欅坂46」といううら若いうぶな女の子達に歌わせる意表の突きかたも、イイネさすが、ヒット曲仕掛け人・秋元氏です。

極め付きは、自由になろう!NOと云おう!と呼びかけながら、間違っても「戦争法案絶対反対!」のシールズなんかとは一線を画す、あのミリタリールックがイイネ
あれは、どうみても三島由紀夫が楯の会のために作った軍服のデザインです。
秋元康が、あの市ヶ谷の自衛隊駐屯地に乗り込んで虚しく叫んだ三島由紀夫に代わって、今若者に向かって檄を飛ばしているのだ!と思うと胸があつくなるのは私だけでしょうか?

「秋元康が本気出してる!」というコメントも寄せられてましたが、今までの路線とは全く違う、ある種の違和感が逆に若者に本気でウケているのなら、まだまだ日本も捨てたもんじゃないと本気で思います。

歌詞は、三島由紀夫の檄文とは全く違って柔らかい言葉ながら、欅坂46が歌う姿は、現代日本人に痛切に訴えてくるモノがあります。(三島由紀夫の精神が今、秋元康によってよみがえった!と言っても過言ではない!?)


歌は世に連れ、世は歌に連れ!

物言わぬ日本の『サイレントマジョリティー』を叱咤激励する応援歌、ついに出来ました〜!

万歳〜!
立ち上がれ、日本の若者!

欅坂46『サイレントマジョリティー』

人が溢れた交差点をどこへ行く
似たような服を着て 似たような表情で
群れの中に紛れるように 歩いてる
誰かと違うことに なにを躊躇うのだろう

先行く人が振り返り 列を乱すなと
ルールを説くけど その目は死んでいる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか

夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか
サイレントマジョリティー

どこかの国の大統領が言っていた
声をあげない者たちは賛成していると
選べることが大事なんだ 人に任せるな
行動をしなければ NOと伝わらない

君は君らしく やりたいことをやるだけさ
One of themに成り下がるな
ここにいる人の数だけ道はある
自分の夢のほうに歩けばいい

見栄やプライドの鎖に繋がれたような
詰まらない大人は置いて行け
さあ未来は君たちのためにある
NOと言いなよ
サイレントマジョリティー

誰かの後を付いて行けば
傷つかないけど
その群れが総意だと
ひとまとめにされる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか


夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか?
サイレントマジョリティー


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1458104328/0-

posted by megamiyama at 09:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

【1.30土】大川隆法 沖縄を説得す。

アモ〜レさんの「大川髢@ネット後援会 (幸福実現友の会)」も、本日の大川髢@総裁の沖縄講演会のコトを書いておられます。
何処かで聞いたような出だし(笑)ですが、中身は圧倒的に濃いデス。

沖縄県民の皆様、どうか本日沖縄コンベンションセンターにご参集の程、宜しくお願い致します。
現地は車の渋滞が予想されますので、15時10分〜の総裁のお話に間に合うよう、早めのご出発をお願い致します。(会場では二時から催しが始まりますが、遅れても三時までは入場できるそうです。)

本日が、沖縄の皆様にとって、日本にとって、輝かしい日となりますよう!!!

http://ameblo.jp/oramorre/

【1.30土】大川隆法 沖縄を説得す。
2016-01-29 12:39:29NEW !
テーマ:仏陀救世主 大川隆法総裁

全国のアミ〜ゴの皆様、ようこそ大川隆法ネット後援会へ。

先日の 宜野湾市長選で、米軍基地反対派をかろうじて退け、首の皮一枚で繋がった感のある沖縄ですが、中国支配のシンボル「龍柱」をメインストリートに建てさせた翁長知事の暴走は、そうカンタンに収まりそうにありません。

龍柱は、中国の使節を迎えるためのものであり、それがあることは要するに、「ここは、中国様の属領です。」という意味だからです。

先の宜野湾市長選では、当選した自公推薦の候補は、「移転先は別の市」ということからか、全く基地問題を取り上げませんでした。

つまり、反対派が落選し、そうでない方が当選したと言っても、「沖縄で基地問題を取り上げると、選挙に勝てない」という実例が残ったままなのです。
これは国家の危機です。

国民・県民・市民の生命と安全と財産を護るのは、政治家としての最低限の責務です。

それを、「どう護るか」という議論ができない現状というのは、事実上現状の日本に、政治は存在しないということです。

「沖縄は、米軍基地を押し付けられている」
そういう意見もあろうかと思います。

しかし現実には、沖縄は東アジアにおける重要拠点であるがゆえに、必要だから集中しているのです。

人口密集地に軍事基地があるのが危険というなら、東京らにある、横田基地や厚木基地の方が、はるかに人口密集地域です。



今も昔も沖縄は東アジアの超重要拠点であるがゆえに、沖縄がどこに属するかによって、地政学的に国家や地域の優位が決まる、きわめて責任の重い地域なのです。



「沖縄は琉球であり、中国と親和性の高い歴史がある」
そうかも知れません。

しかし民族的・遺伝的には、完全に縄文系日本人であり、初代神武天皇の母君は沖縄の姫さまです。

つまり、沖縄は天皇の血筋でもあり、日本と思っていただかなければ困ります。

本来ならば、この日本そして東アジアの平和にとっての超重要拠点である沖縄を説得するのは、現宰相である安倍総理の責務でしょう。

しかし今いる政治家は、まや民主主義の砦であるはずのマスメディアも、政治の最低限の責務を訴えず、甘利大臣の金銭スキャンダル云々の、湯飲み茶碗の中の議論に終始しています。

だから、大川隆法総裁は行くのです。
仏陀・救世主としての責務を実感しているからです。

大川隆法総裁からは、「講演会場には、沖縄の方以外の信者さんを入れるな」という、頑ななまでに強い指示が出ているとお聞きしております。

 大川隆法幸福の科学グループ総裁


これは幸福の科学では今までなかったことです。
幸福の科学は、実にオープンな宗教だからです。

これが意味するものは、「私(大川隆法総裁)は、沖縄に話があって行くんだ。」という強いメッセージです。

幸福の科学が得意とする、同時衛星中継も、各地の正心館などに限定されています。

これでは聞ける人数は、全国でもごくごく少数です。
大川隆法総裁は、沖縄で始めて地元マスコミを呼び、直接説得するつもりです。

北朝鮮では、ミサイル発射の準備がなされているとか。
当日、沖縄の上空を通過するかもです。http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/d4d81e4819ce3d3b6d7038f733af836c

それでも大川隆法総裁は行くのです。
仏陀・救世主の責務の元に。
混乱する世界に、「北極星」があることを示すために。
posted by megamiyama at 11:34| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする