2016年08月06日

8月8日 天皇陛下が生中継で「 ご意向」 を発表される!?

「生前ご退位」の話がニュースで報じられたそのあとすぐに、実は幸福の科学出版から「今上天皇の「生前退位」報道の真意を探る」ということで、すでに「今上天皇の霊言」が緊急発刊されております(そんな霊言が録られていたことを知らなかったので、本屋に行ってビックリでした!が、その内容ー陛下の守護霊による心情の吐露ーに更にビックリ!我々には及びもつかないお考えをお持ちデシタ。)
そうこうするウチ、週明け8日には天皇陛下自ら、異例の生中継による「ご意向発表」が行われる…というニュースが…!
時々刻々と、「生前ご退位」に向けての動きが着々と進みだしたようです。

この異例の動きと、幸福の科学出版による「今上天皇の「生前退位」報道の真意を探る」の発刊が全く関係ないとするのは、やはり無理があります。

そうです!「霊言」でハッキリと「退位の意向」が表明されてしまったのです。
「違うなら違う!」「そうなら、そう!」表明を急ぐ必要に迫られたのは確かだと思われます。

『いまだかつて個人的なお気持ちを公表するために、特別な会見の機会を設けたことなどなかった』陛下が、異例の強い意向を示した背景に、「霊言」の存在が無視できないなら、いよいよ水面下では、”時代のけん引役”を否応なしに大川総裁(の「霊言」)が一役買いだしたということです。

かくて、結果的には、月曜日の陛下の「お話」の前に、守護霊の霊言で「陛下のお気持ち」が前もって明らかにされてしまったことに、「「大川隆法」にそこまで立ち入らせて良いのか!」と腹立たしく思われる方も少なくないとは思います(ネット上では困惑の声しきり!)が、そもそも大川総裁が「あの世」と「守護霊」の存在証明をしようと始めたことですから、「守護霊の語った言葉とご本人の意向がほぼ同じ!」となった暁には、ドエライことになります。(「陛下の霊言」を読みもせずにウソだと云って馬鹿にする人は、気づかずに「不敬」を冒していることになります)

それにしても、「霊言」の中で明らかにされた陛下の胸の内は、読めば読むほど御本人にしか言えないような驚くべき言葉に満ちておりました。
中でも、「憲法改正をできれば承認したくない。」は衝撃でした。

敗戦直後の皇室存続の危機の中で、憲法で保障されることによってやっと存続を許されたということで、皇室と「現憲法」が切っても切れない関係になってしまった戦後体制の悲しさが、陛下の守護霊のお言葉からにじみ出て、愕然とさせられました。
今上天皇の驚きの本心が明かされた「霊言」。出版自体を「不敬」だとする向きも、一度読んで見られたら良いと思います。
戦後の天皇陛下が置かれたお立場が、果たして国民にとって、陛下自身にとって、正しかったのか?どうなのか?70年目にしてやっと、答えを出すべき時が近づいてきたようです。



天皇陛下「ご意向発表」 10分にわたる異例の生中継検討


2016.08.04 07:00

【生中継でご意向を発表される可能性もある天皇陛下】
1848321p.jpg


 7月28日の夕刻、那須御用邸(栃木県)での静養を終え、天皇皇后両陛下が東京駅に降り立たれた。

「両陛下のお姿を見ようと集まった皇室ファンや、一般の利用客で改札やコンコースは混み合っていました。ところが、両陛下がいらっしゃると、一瞬、時が止まったかのような静寂に包まれたんです。これまで国民のために身を粉にして公務に邁進されてきた両陛下への感謝や尊敬の念、皇室の行く末の不透明さへの不安といったさまざまな感情が交錯したものだったように思います。両陛下はいつも通りの柔和な表情を浮かべられていましたが、どこか強いご覚悟のようなものが感じられました」(宮内庁関係者)

 帰京から一夜明けた29日、陛下が率直なお気持ちを公表される場が、8月8日にも設けられることが検討されていると報じられた。

 本稿締切時点では、どのようなお言葉になるのか定かではないが、「国民が生前退位についての理解を深める一助になり、議論を活発化させるきっかけになる内容」(皇室ジャーナリスト)だと考えられている。驚くべきなのは、そのお言葉を伝えられる方法だ。

「皇居の宮殿内にある『石橋の間』でお気持ちを明かされる予定です。そこにテレビカメラを入れて、生中継することも検討されています。陛下が直接お言葉を述べられる機会はもともと限られているうえ、昭和天皇が終戦を告げられた玉音放送や、陛下が東日本大震災の被災者に向けて送られたメッセージは録音されたもの。生中継となると前代未聞のことです。

 しかも、お言葉は約10分にわたるといいます。震災のメッセージが5分強でしたから、それもまた異例中の異例。陛下の強いご意向がなければありえないことです」(皇室記者)

 陛下はまた、一刻も早い機会を望まれていることから、8日が検討されているという。

 この8月は、内閣改造に伴う新大臣の認証式、広島・長崎への原爆投下の日、終戦記念日と重要な日々が続く。10、11日には、皇太子さまが雅子さま、愛子さまを伴われて第1回「山の日」記念全国大会(長野県)への出席も予定されている。そうした重なりを避けた最短の日程が8月8日だった。

「宮内庁側は、公表の場は12月23日の誕生日の記者会見が適当だろうと考えていました。いまだかつて陛下が個人的なお気持ちを公表するために、特別な会見の機会を設けたことなどなかったからです。その前例を覆せるのは、これもやはり陛下のご意志以外にはありえません。

 さらにいえば、生前退位が実現したときに、新天皇となられる皇太子さま、大きく立場が変わられる秋篠宮さまらご一家も理解され、一丸となられているからこそ、官邸も宮内庁も異例の方法を検討せざるを得ないということなのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年8月18・25日号
タグ:皇室
posted by megamiyama at 19:30| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

「ルーズベルトニ与フル書」

知りませんでした!
硫黄島の戦いに散った日本人中将がルーズベルトにあてて手紙を書いていたこと。
そして、その手紙を日本兵士の遺体に見つけ、持ち帰った(ルーズベルトが読んだかどうか定かではありませんが…)米軍兵士たちにも深い感銘を与え、今もアメリカ海軍兵学校内に大切に保管されているということ。

このこと(石丸利之介(りのすけ)中将の「ルーズベルトニ与フル書」とそれを読んだアメリカ軍人に感銘を与え、軍の施設に大切に保管されていること!)一つだけでも、今学校で教えることができたら、戦後の自虐史観など木端微塵に吹っ飛び、たちどころに日本人の誇りがよみがえるのではないいかと思われます。

それくらい見事な”大和魂の発露と真実(ルーズベルトの凡人性とその罪)を見抜く洞察力”に満ち溢れた手紙です。

杉浦千畝氏のユダヤ人救出のビザ発行にしろ、トルコ人が親日の訳(エリトリア号の遭難者の救出に、村民総出であたったこと)にしろ、最近になって”日本人の偉業”がにわかに知られるようになりましたが、日本人が海外でこんなにも尊敬されているという事実を、まだまだ私達は知らなすぎるのではないでしょうか?

国内外で、知る人ぞ知る「真実」が日本に関しては多すぎます(日本人が「真実」を知ると都合が悪い国や人々がまだまだ居る!ということですね。)が、遅まきながら、やっと封印が解けてきました!(というか、自縄自縛の封印を解くことこそ、お国の為に死んでいった英霊に対するせめてもの恩返しであり、戦後の日本人の最低限のツトメ!)

(真実というものは)見れば、ワカル!
聞けば、ワカル!

”ワカラン人”にこそ、知ってもらいたい話です。

日本を「悪魔の帝国」と憎み、徹底的な壊滅作戦を断行したアメリカ大統領ルーズベルトと、そのルーズベルトに宛てて「恒久平和の世界の実現を訴えた」手紙の主との”魂の境涯”の差は、誰が見ても(ルーズベルト以外…?)歴然としてますから!


https://www.youtube.com/watch?v=kn7jx4qgsnQ




2015/05/29 に公開


硫黄島で戦死された石丸利之介(りのすけ)中将がルーズベルト大統領に宛てた手紙を紹-介します。
市丸中将が、最後の突撃攻撃を行って散華されたのは、3月26日です。
その9日前の3月17日、中将は、地下20メートルの洞穴に、動けるものを全員集めま-した。

そして副官である間瀬中佐が、一歩前に出て、「ルーズベルトニ与フル書」を読み上げま-した。

朗読が済むと、この書の和文のほうを通信将校の村上大尉が腹に巻きつけ、
英文のものは航戦参謀の赤田中佐が身に付けました。

そして市丸中将は、栗林中将とともに、軍服にある一切の肩章を外し、ひとりの皇国臣民-として、最後の突撃を行い、散華されています。

「ルーズベルトに与うる書」は、米海兵隊員の手で二人の遺体から発見されました。

市丸中将は、自らの死を目前として、たとえ硫黄島が奪われ、我が身が土に還ったとして-も、人が人として生きることの大切さをこの「書」にしたためることで、死して尚、日本-の描いた壮大な理想、悠久の大義のために戦い続けようとしたのではないでしょうか。

この「書」は、米国内の様々なメディアで紹介され、「書」に書かれた理想は、形を変え-て米国の理想となり、いまや世界の人類の常識とまでなっているのです。
そして、この書は、アメリカ海軍兵学校内アナポリス博物館に今でも大切に保管されてい-ます。


「戦後70周年に向けて 正しい歴史に学ぶ すばらしい国 日本」ダイジェスト版
https://youtu.be/-usWnzcFUhw

「奇跡の将軍・樋口季一郎」
https://youtu.be/4caq5e_toz8

「ユダヤ人の記憶に生きる日本人 杉原千畝」
https://youtu.be/m5_q1i5ntTY
posted by megamiyama at 00:15| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

(更新)イイネ!!!秋元康作詞 欅坂46 『サイレントマジョリティー』

https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8
欅坂46 『サイレントマジョリティー』


スミマセン!いつものことながら、大事なことを書き忘れたので、一部書き直しました。

咲く也さんの「理想国家日本の条件…」で、『「安倍総理のやりたい放題の日本のままでいいのか?」っていう裏の意味があるらしいです。』と紹介されてました。

視聴回数 13,836,620 回!!!

すでにブレイクしてるんですね。

『サイレントマジョリティー』というタイトルがまず、イイネ(若者には「ん?!何のこと?」でしょうが、この国の行く末を憂う大人には(秋元康が何を云いたいか?)すぐピン!と来ます。)
これをYOUtubeで聞くのは、ほとんど若者ですから、秋元康のメッセージに敏感に反応して「イイネ」と思う日本の若者もすごいんじゃないでしょうか?

タイトルや歌詞に明らかに政治的なメッセージを盛り込んだ硬派な歌を、よりによって「欅坂46」といううら若いうぶな女の子達に歌わせる意表の突きかたも、イイネさすが、ヒット曲仕掛け人・秋元氏です。

極め付きは、自由になろう!NOと云おう!と呼びかけながら、間違っても「戦争法案絶対反対!」のシールズなんかとは一線を画す、あのミリタリールックがイイネ
あれは、どうみても三島由紀夫が楯の会のために作った軍服のデザインです。
秋元康が、あの市ヶ谷の自衛隊駐屯地に乗り込んで虚しく叫んだ三島由紀夫に代わって、今若者に向かって檄を飛ばしているのだ!と思うと胸があつくなるのは私だけでしょうか?

「秋元康が本気出してる!」というコメントも寄せられてましたが、今までの路線とは全く違う、ある種の違和感が逆に若者に本気でウケているのなら、まだまだ日本も捨てたもんじゃないと本気で思います。

歌詞は、三島由紀夫の檄文とは全く違って柔らかい言葉ながら、欅坂46が歌う姿は、現代日本人に痛切に訴えてくるモノがあります。(三島由紀夫の精神が今、秋元康によってよみがえった!と言っても過言ではない!?)


歌は世に連れ、世は歌に連れ!

物言わぬ日本の『サイレントマジョリティー』を叱咤激励する応援歌、ついに出来ました〜!

万歳〜!
立ち上がれ、日本の若者!

欅坂46『サイレントマジョリティー』

人が溢れた交差点をどこへ行く
似たような服を着て 似たような表情で
群れの中に紛れるように 歩いてる
誰かと違うことに なにを躊躇うのだろう

先行く人が振り返り 列を乱すなと
ルールを説くけど その目は死んでいる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか

夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか
サイレントマジョリティー

どこかの国の大統領が言っていた
声をあげない者たちは賛成していると
選べることが大事なんだ 人に任せるな
行動をしなければ NOと伝わらない

君は君らしく やりたいことをやるだけさ
One of themに成り下がるな
ここにいる人の数だけ道はある
自分の夢のほうに歩けばいい

見栄やプライドの鎖に繋がれたような
詰まらない大人は置いて行け
さあ未来は君たちのためにある
NOと言いなよ
サイレントマジョリティー

誰かの後を付いて行けば
傷つかないけど
その群れが総意だと
ひとまとめにされる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか


夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか?
サイレントマジョリティー


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1458104328/0-

posted by megamiyama at 09:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする