2015年10月26日

小坪しんや氏が謝罪記事を書きました!


【知らなかったらシェア】麻原彰晃の父親は朝鮮人だった(米国の論文で指摘)https://samurai20.jp/2015/10/asahara/の記事に問題があったようです。

昨日ココには、この記事のタイトルだけ紹介し、記事の元になった小坪氏の知人のサイトについて書きましたが、結論から云うと、現役の議員が取り上げるべき記事ではなかったようです。

コメント欄の真摯な指摘もあって、さっそく「お詫び」の記事を書かれています。
【お詫び】一部記事の修正と、経緯の報告及び再発防止について https://samurai20.jp/2015/10/owabi-2/

問題の記事のソースは、小坪氏が信頼する知人が「重要管理人」をつとめるサイト情報で、「紹介された文章は「論文」からの引用ではなかった」コトを、ブログの愛読者(つまり支援者)に指摘され、今回のお詫びとなりましたが、その中で、記事を書いた経緯や狙いに触れ、最後に「嬉しかったこと。」と題して次のようなコメントを書かれています。

嬉しかったこと 1
この指摘が保守陣営からあげられたことです。
検証に主を置き続けてきた私でありますが、意図的に脇を甘くしたエントリであったとは言え、ここまで外すとは思っておりませんでした。
その際に、左派ではなく保守陣営が率先して動いたことを嬉しく思います。
訂正を表明するエントリにて嬉しいもへったくれもないとは思いますが、層の厚さと、かつてはネットが苦手とした部分が相当に強化されていると感じました。

嬉しかったこと2
それは一重に、論文の存在が確認できなかったことです。
最大の同盟国アメリカにおいて、学会で「日本のメディアは韓国に媚びている」「情報が歪んでいる」と発表されることは、大きな問題であります。
これは(事実であれば)本当に大きな問題だと思っております。
海外で発信された場合、取り消しなどは極めて難しい。
捏造の従軍慰安婦や南京に比較すれば軽い問題かも知れませんが、同列の問題として取り上げるつもりでした。

その問題を提起したのが、今回、修正したエントリでありますが、
そもそも、そのような問題はなかったわけであります。
これについては、ほっとしたというか、素直に嬉しいと考えております。

以上。

率直に記事の問題点を認め、さっそくお詫び記事を書いたこと。
その内容が、弁解に終始するのではなく、日頃の覚悟を表明する一種の決意表明にもなっていること。
小坪議員のブログ活動を見守る支援者への感謝や敬意をしっかり表明されたこと。

を改めて評価し、ますます信頼して応援しようという気になった、今回のお詫び記事でした。

ご本人が一番覚悟しておられますが、頭角を表せば表すほど狙われますので、今後も足元をすくわれないよう、くれぐれも情報の発信には気をつけて頂きたいものです。(脇が甘い匿名ブロガーの一人としては、ひとの心配より、自分が発信する情報に対する責任感と守りを固めるのが、先決ですが…)

建設的な議論をする為に、そして“自分勝手な思い込み”や“固定観念”から自由である為には、小坪議員のように、間違いに気づいたらスグに修正し、自分も他人も進化の途上であるという謙虚で愛のある姿勢が重要ですね。(その進化の途上で、神ならぬ人間がネット上で「コレが絶対に正しい!」とか、「絶対に間違っている!」とか言葉で争う位は、奨励されて然るべきではないか?とは思ってますが…。結局、自由な議論さえできれば、怖れることは何も無い気がします。三人寄れば文殊の知恵…も出て来ます。)

小坪氏のフライングということで一見落着しそうですが(しなけりゃオカシイ!)、小坪氏の云うように、意外にサヨクの突っ込みが弱いのは、論戦になると手強い相手だという認識されている証拠なのではないでしょうか?

そして、彼のブログ支援者が、彼に勝るとも劣らない“つわもの”揃いであることも、今回の一件で判明しました!

日本を舐めたらアカンぜよ!

ということが、こんなネットの片隅にも、現れているようです。

「記事」を読んで一部抜粋にせよアップし、一部批判したにせよ(笑)、基本的には小坪氏の活動とその友人のサイトの趣旨には大いに共感し応援する立場の当ブログとしても、脇の甘い記事を書いて足を引っ張ってはイケナイと自戒したことでした。(今回のエントリーは一応、“件のサイト”に対する“突っ込み”記事でしたので、「当たらずとも遠からず…」の内容にはなっていたかとは思います。)

ということで、「国民が知らない反日の実態」について、「幸福実現党の正体」について書かれた記事以外は断固支持します と云う文言は訂正します。(ソレ以外にも問題のある記事がたくさんあるらしいデス…

以下は、小坪しんやのブログの記事の問題を、いち早く指摘した“兵庫のオヤジ”さんのコメントです。

https://samurai20.jp/2015/10/asahara/
兵庫のオヤジ のコメント:
2015年10月25日 2:41 PM

先生は、個人のブログのここを読んで、原文も確かめずに記事を書いたのではありませんか?
ttp://blogs.yahoo.co.jp/jeyandken/33836390.html
>しかし下記の論文はそれらとはまったくの逆である。
このアメリカの大学教授がウソの論文を書いたとは報じられておらず、今現在内容に関して論争や訂正も行われていない。
また、教団が数々の凶悪事件を起こす前から、教団を追及していたジャーナリストの江川紹子氏も【朝鮮籍の子:松本智津夫として生まれた】と裁判傍聴記録で確認している。(1 )
米大人類社会学のJames Lett教授 「The Aum Cult, the Cult of Poison Gas」より(ウェブ魚拓 )

この「ウェブ魚拓」のリンク先にある”The Aum Cult, the Cult of Poison Gas”
は、すでに上のコメントで書いた通り、「学者の論文」等ではなく
Copyright c 1995 by Jonathan Vankin and John Whalenと書いてあります。
Jonathan Vankin and John Whalenというのは、調べてみると、大衆向けの陰謀本のような軽い読み物を扱う編集者。日本でいえば『ムー』のような感じでしょうか。
でこの文章の内容から判断して、日本の週刊誌の記事をそのまま要約して英語にしただけのもののようです。麻原父親朝鮮人説の根拠は、「ある日本の週刊誌」とはっきり書いてある。

”One weekly reported that Asahara’s own father is Korean. The conservative daily press and TV won’t touch that one, for fear of stirring up anti-Korean resentment and, possibly, alienating the South orean government which Japan has recently been bending over backwards to befriend.”

「週刊現代」平成7年5月27日号「麻原オウム事件の『全真相』」に掲載された栗本慎一郎氏の「麻原オウム真理教と統一協会を結ぶ点と線」の内容に似通っているので、おそらくこれが元ネタでしょう。
世界を騒がせた事件だったので、この編集者たちが日本の新聞雑誌から人を使ってネタ集めをして、それをそのまま利用したものと思われます。
私も昔、大学院生時代、物書きやNHKの人間の依頼で、ある国の新聞雑誌を読んでネタを探し、日本語の要約文を手渡すというバイトをやったことがあります。依頼者の方は、原文は読まず、私の要約文をそのまま使っていました。
こんなものを「学者の論文だから信頼できる」などと仰々しく記事にされると、先生だけでなく、保守の陣営で在日やサヨクと戦っている人たちの発言の信ぴょう性が著しく損なわれます。
善処をお願いいたします。先生には、自分の政治活動で直接得られた、確実な情報だけを発信してもらいたい。
タグ:人間・天才
posted by megamiyama at 12:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真性保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

【緊急警報】「共産党・民青の偽装デモにご用心!」の記事を書いた、なでしこりんさんのamebaブログが削除されました!

amebaよ、お前もか!

『著名な、保守憂国ブロガーの、なでしこりんさんのアメーバブログが、日本共産党の圧力によって、強制閉鎖に追い込まれるという事件がおきました。http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/0324eb95bebe9c274f692eba1b8c855c

咲く也さんの「理想国家日本の条件 自立国家日本」のコメント欄で知ったブログですが、拡散に協力いたします。(ただ、楽天社長やホリエモンやアメーバブログの責任者、サイバーエージェント社長の藤田晋氏の出自に関して書かれていることは、はじめて聞く話なので、責任は負いかねます。)

万が一、事実でないなら、ヘイトスピーチとして格好の攻撃の的になるような危険な話ではありますが、もし事実なら、日本が如何に韓国系や中国系の反日企業に牛耳られようとしているかの証左であり、これから起きることがそれを証明していくのかと思うと‥
とにかく、エライこっちゃ!!!みんなに知らせなくっちゃ!!!

伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」、です。


【緊急警報】日本共産党が在日と共謀して一斉暴動を準備中、阪神地区の方ご用心を;拡散希望、転載フリー

2015-07-14 14:19:04 | Weblog

89bfe16ef9fdc229ba9489a5c01d3616.jpg


著名な、保守憂国ブロガーの、なでしこりんさんのアメーバブログが、日本共産党の圧力によって、強制閉鎖に追い込まれるという事件がおきました。
最終稿は「なでしこりんさんのブログ「なでしこりん」です。最新記事は「在日4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい!共産党・民青の偽装デモにご用心!」です。
この在日4世は、同志社大学の学生で、【在日参政権の要求と安保法制反対】を唱える有名な反日在日団体です。バックに日本共産党がいるのは明々白々です。
これは、拙ブログで扱った1948年(昭和23年)の【阪神教育事件】と気味悪いほど構図が、酷似しています。あの時も、日本共産党員が、先導して、朝鮮人暴徒を過激化させました。
歴史は、繰り返す。阪神地区での、在日の一斉蜂起は、そう遠くはないでしょう。大阪府、兵庫県の皆様は、朝鮮人暴動の際の自衛を強化してください。
「女子高生コンクリート事件」もそうでしたが、加害在日韓国人少年グループの一人の両親は、日本共産党幹部でした。日本共産党の幹部は在日朝鮮人、帰化朝鮮人が多いです。党員も同様です。
昨年末の衆院選で、共産党が躍進したのは、民主党を見放した帰化朝鮮人票が、共産党に流れたためです。なでしこりん様の身の安全を祈ります。
加えて、圧力に屈したアメーバブログの責任者、サイバーエージェント社長の藤田晋(在日でホリエモンの仲間)を心から軽蔑します。以下読者様からの通報です。

伏見様

お世話になります。
記事の掲載は伏見様の判断にお任せします。
よろしくお願いします。


なでしこりんさんの amebaブログが削除されました。

7/14の午前1時過ぎまでアクセスでき、
それから約8時間後にはアクセス不能になっていました。

最終のなでしこりんさんの記事は、日本共産党の実態と学生に学校付近で声をかけてくる活動家に注意せよというものでした。

なでしこりんさんの意思に反してブログが閉鎖されたとしたら恐ろしいことです。

なでしこりんさんがご自分の安全を第一に確保されることを願います。

ちなみにかつての六本木ヒルズ3人組の、楽天の三木谷浩史(親子三代の創価学会員、父親は創価幹部、楽天は創価企業)、ライブドアのホリエモン、サイバーエージェントの藤田晋は三人とも在日です。通報対象にどうぞ(笑)

なでしこりんさんの身の安全が危ぶまれますので、緊急転載、拡散にご協力お願いします。


写真は、サイバーエージェント(アメブロ)社長、藤田晋(在日)
posted by megamiyama at 07:01| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真性保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

「維新分党は真の保守結成への最後のチャンス!」と 西村真吾議員

石原氏が、「結いの党」と連携を図ろうとする「大阪維新の会」と決別した(「維新の会」に切られたともいえますが)ことを受けて、以前、確か、橋下さんの従軍慰安婦に関する(沖縄米軍司令官に対しての)“不適切”発言を擁護して除名処分をうけた西村議員が、気を吐いておられます。

「大阪維新の会」は、石原氏率いる保守の重鎮達を切って、ゴリゴリの脱原発、護憲派「結いの党」と連携するのですから、完全にサヨクな野党連合と化しました。
もともと民主党的だったので、当然の帰結なのかも知れませんが、石原氏の橋下氏への期待は、完全に裏切られる結果となりました。

そこで…、「今度こそ真性保守の結集!」と呼びかけておられる西村議員ですが、西村さんご自身を見てもわかるように、今や「真性保守」ほど、分断され、片隅に追いやられようとしているのが「政界」の現状で、“極右”(笑)とされる安部内閣でさえ、国防軍はおろか「集団的自衛権」すら未だ持ち得ていないのを見ても、今日本で、如何に「保守」が弱いか分かります。(不測の事態が起こったときには、首相の権限で「現場に判断」させれば良いだけだと思うのですが、わざわざその為の法律を作ろうと四苦八苦されています。どうせ難しいなら「9条の改正」を図った方がよっぽど「話が早い!」と思いますが、安倍首相ご自身が法律を理由に、決断を先送りして逃げているとしか思われません。首相でさえそうなら、“不測の事態”が起こっても“現場”は何もできません。)

この“煮え切らない政界”を正すのは、「決められない自民党政治」に見切りをつけた、真の保守勢力の結集しかないのは確かでしょう。

維新を出た“石原党”には、さっそく都知事選でも応援演説を買って出た田母神氏が参加を表明しているようで、保守結集の機運はすでに高まっているようです。(参考→ 「理想国家日本の条件」 維新分裂と石原・田母神新党」ttp://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/751eed856a957359da834e08d72ca18c?fm=rss )

サヨク野党、与党内サヨク、サヨクマスコミ…から立ち昇ってくるすべての迷妄を論破し、命に代えても守るべきは、「憲法」ではなく、日本の国体であり、そこに生きる日本人であることを、自虐史観ではなく誇りを持って生きた先人達とそして未来の日本人の為にも、石原氏には、是非もうひとがんばりしてもらいましょう。(時間が無い割には、遠回りされましたね)

こうやって、声をあげる日本人の結集が必要なのは確かですが、これまで、表に出てこようとすると、悉く妨げられ、分断され、バラバラにされて続けきたのも、“日本国と日本国民を守る日本人の結集”

石原氏の動きを見て「今度こそ、結集!」とよびかける西村議員の声が「ブロゴス」に載ったことも、歓迎すべきコトながら、寄せられたコメントを見ることはできず、「日本人の結集」を用心深く見守り、分断するネットワークが存在することも、又、確かなようです。

気のせいかも知れませんが、seesaaブログでは政治・時事系のブログのランキングが見えにくく、産経の「イザ!」のような、ブロガー同士の繋がりが意図的に持ちにくされているような印象を受けます。(「Iza!」が特別だっただけで、コレが普通なんでしょうけど)

最近も、お世話になっているブログ仲間さんに、「昨日、リンク先からここに入れなくなった」とか、「コメント出来ないよ」とか云われてビックリしましたが、気づかない処でイロイロ“工作”されているのかも知れません。(疑心暗鬼になってはいけませんが、パソコン(とその主)のせいにだけ出来ないようなことが、よくあるんです。)

ブログを始めて以来、「分断工作」というものを肌で感じることが(もちろん勘違いも多々!)ありますが、こんな弱小ブログでさえ、ひっかかる?程の“きめ細やかな分断工作”が為されているのなら、心してかからねばなりません。

逆にいえば、サヨク一般ユーザーに“ネトウヨ”と揶揄(分断)され疎外されている“弱小ネット保守”のブロガーも数が集まれば、アチラ(分断側)にとっては厄介な存在だということです。
“ごまめの歯ぎしり”も集まれば、ソートーな騒音になるでしょう。(笑)

自公政権の“偏った中道政治”に違和感を持つ日本のサイレント・マジョリティもそろそろ、「云っていることは正論」という評価を受けている宗教政党「幸福実現党」や、維新の会から除名処分を受けた西村議員のように、あきらめず声をあげ、一足先に表に出て戦おうとしている“石原新党”を応援したいものです。

誰に託すか、どの党に託せるのか…ではなく、一人ひとりが「日本人」として「守るべき日本」を取り戻し、「神国日本」に結集すれば、自ずと「正解(結論)」は見えてくると思われます。

普通、国の「国家観」は、民族の「宗教観」と連動します。

「神を持たない国」に「神国日本」が飲み込まれる位なら、日本列島は神々によって沈没させられるだろうと考えるのが、「大和魂」だと思います。(一度負けたからと言って、2度と戦わないと宣言して、占領され、民族浄化と称して、日本国民が大量に虐殺され自由を奪われたら、サヨク護憲平和主義者たちは、先祖と子孫にどうやって詫びるつもりなんでしょうか?)

「石原・田母神新党」頑張れ!「西村真吾」さん、頑張れ! 「幸福実現党」 頑張れ! (自分を含めた)弱小「ネット保守」、頑張れ! 

「小異を捨て大同につく」と言う言葉はこういう時に使うんですね。

分断工作に負けるな、日本!



ブロゴスの記事  http://blogos.com/article/87432/

真の保守結集へ石原慎太郎さん、がんばろう


二十八日夕刻、石原慎太郎氏が維新の会の分党を表明した。これは、「大阪市長の党」への三行半(みくだり半)であり、理由は言わずとも分かっていることだ。
 
 石原慎太郎さんと平沼赳夫さんらに、この判断を促したものは、我が国を取り巻く内外の厳しい情勢と、祖国に対する政治家の使命感である。
 
 今こそ、この厳しい情勢、即ち、国家的危機に対処し、これを克服するために、我が国は「本来の国家」を取り戻さねばならない。この「本来の日本」を取り戻し国家の安泰を確保するために、自主憲法の制定は、政治家の国家・国民に対する政治的使命であり責務である。
 
 この使命の観点から、石原さんは、三行半を投げたのだ。従って、これは、公の使命に生きるべき政治家として当然のことである。私は、この三行半を促し待っていた。

 よって、これから、国家的危機の克服、救国のための真の保守集団結成への動きが始まる。始める。そして、恐らく、この動きが最後のチャンスであろうと思う。何故なら、世界情勢の流動化と危機の厳しさから観て、我が国には、そう多くの時間は残されていないからである。

 では、もう一つの動きは何か。それは、またもや「自民に対抗できる野党の結集」で、左翼を取り込むかたちで行われる。よって、目は内向きで国家観がない。
 
 はて、この掛け声、どこかで聞いたことがある。そう、「自民に対抗できる野党の結集」という掛け声、あの悪夢のような民主党政権を生み出す前にも聞こえていた。これは、我が国を取り巻く厳しい情勢に目を閉ざした、反日でも侮日でも、何でもよいから、ただ人を集めるだけの国家観と祖国愛と志がない声だ。
posted by megamiyama at 11:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真性保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする