2016年02月28日

世界の難問の核心をつく「カントの霊言」出た!

さすが、カント!とうなります。

生前のカント哲学はほとんど読んだことないですが、これぞ「現代の知の巨人」の言葉!

誰よりも的確に、誰よりも明快に、人類が直面する難問に答えきって!います。

啓蒙とは、究極的にはコレ一冊!という本に行き着くかも知れないと“おっしゃってます”が、まさにその一冊たらん!とカント自ら名乗りをあげておられます!

全国の書店で買えます!

公開霊言 カントなら現代の難問にどんな答えをだす?
カンとの霊言.jpg


鋭く、深く、わかりやすい!
知的巨人が語った
7つの正義。


1、アメリカ大統領選のゆくえ
2、STAP騒動と科学の未来
3、ヨーロッパ難民問題の解決策
4、イスラム国の今後の動向
5、格差是正と再分配の問題点
6、中国経済の崩壊
7、核兵器の脅威と恒久平和

■■ イマニエル・カントの人物紹介 ■■
1724〜1804年。ドイツの哲学者、思想家。『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三批判書を世に問い、批判哲学を提唱。人間存在の徹底分析と、独自の世界観の構築をなした。また、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルへと展開した、いわゆるドイツ観念論哲学の祖とされ、後の西洋哲学全体に強い影響を及ぼした。
目次
まえがき
序 カントに現代の諸問題を問う
Q1 米大統領選の行方をどう見るか
Q2 「STAP細胞問題」をどう見るか
Q3 「難民問題」に解決策はあるか
Q4 イスラム圏に必要な改革とは
Q5 「格差是正」の問題点とは
Q6 「アメリカ型経済」と「中国型経済」の行方は?
Q7 「恒久平和」を実現するための哲学とは
あとがき
posted by megamiyama at 09:37| 兵庫 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 霊言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

もし「小松左京」が生きていれば‥‥

日本が、原子力発電を石油に変わる夢の新エネルギーとして受け入れ、前途洋々たる高度経済成長を遂げていた幸せな時代に、成功したSF作家の第一人者である小松左京氏が、「日本沈没」など予言的警告の書を次々に発表していたことはあまりにも有名です。

小松左京氏の作品は、ハッキリとした問題意識を持って書かれたものが多く、当時どちらかといえば星新一など軽妙でスマートな作品を好んで読んでいた若かりし日の管理人にとっては、少々荷が重く、読みそびれたまま今に至りますが、今から思えば、彼の問題意識は他の作家に比べて群を抜いていたのだと思います。

その小松左京氏が、あの世から大川総裁に呼び出され、何を語ったか?今、何を考えているか?
大変、興味があります。

いまも原発推進派でしょうか?それとも‥?

特に、<日本が沈没しないための新しいヒントやアイデア>について、何を語ったのか、是非知りたいものです。
「あの世」の霊人と「この世」の人間が一致協力して、コトにあたればこんなに心強いことはありません。

こんな贅沢が許される時代が、他にあったでしょうか?

降参するなら「周近平」ではなく、神様だろうが悪魔だろうが宇宙人だろうが、手当たり次第、瞬時に呼び出してみせる「大川隆法幸福の科学総裁」に降参するべきとは思いますが、用心深い日本人ほど「中国」も「大川総裁」も両方軽く見て、結局日本を滅ぼす張本人となりつつあることに、いつになったら気付くのやら。

気付いた時にはもう手遅れ‥とならない為に、また一人霊人が“あの世の証明”に一役買おうと「幸福の科学」に降りてこられました。

信じようが、信じまいが、良いアイデア(良い考え)と思えば、参考にして取り入れる度量位は持ち合わせたいものです。

咲く也さんの「理想国家日本の条件‥」で見つけた記事です。
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/4ebf9478c9c411b7af3b61c94a481bf6?fm=rss

作家・小松左京氏の霊言/【CM動画】

2015年08月02日 01時47分08秒 | リバティ 学園 幸福実現党 関連  
http://blog.goo.ne.jp/eternal-h/e/9f670fc958e2fa6c0a4df23cd470aece


危機に立つ日本さんより

小松左京の霊言【CM動画】


2015/07/17 に公開


「小松左京の霊言」

作家・小松左京氏の霊言/『日本沈没』『復活の日』『首都消失』など、小説や映画など-を通じて「未来への警告」を発していた著者による未来予測/2種類の天変地異について-/日本が沈没しないための新しいヒントやアイデア/理系的発想で日本を防衛する方法/-小松左京の語る「未来を開く力」とは/未来社会に関心ある人が集まっているあの世の”-未来学会”/あの世のベストセラー小説は地上で現実化する?

-------
<公開情報>
所要時間:104分
種類:霊言
公開期間:2015/7/14〜
場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外


「小松左京の霊言」

作家・小松左京氏の霊言/

『日本沈没』『復活の日』『首都消失』など、小説や映画など-を通じて「未来への警告」を発していた著者による未来予測/

2種類の天変地異について-/

日本が沈没しないための新しいヒントやアイデア/

理系的発想で日本を防衛する方法/-

小松左京の語る「未来を開く力」とは/

未来社会に関心ある人が集まっているあの世の”-未来学会”/

あの世のベストセラー小説は地上で現実化する?


-------
<公開情報>
所要時間:104分
種類:霊言
公開期間:2015/7/14〜
場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外
http://info.happy-science.jp/lecture/...

posted by megamiyama at 14:50| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

【THE FACT×The Liberty】 『「イスラム国」問題の動画番組 UPされました

マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組  「THE FACT」の冒頭で、「イスラム国」のリーダー「バグダディ氏の霊言」と「日本人人質の霊言」が本になったと紹介されました。(残念ながら、「霊言」の動画はナシ。抜粋版はいつ出るのでしょう?翻訳はしないのでしょうか?)

ともあれ、「リバティ」の見解を示す番組が、やっと配信されました。
今の「イスラム国」のようにかつて、包囲網を敷かれ、空襲で街を火の海にされ、原爆まで落とされた日本が、対イスラム国包囲網の行きすぎた壊滅作戦に待ったをかけ、果たすべき役割があるはずだという「正論」を訴えています。

『「イスラム国」問題の深層〜欧米中心主義の中東政策の限界』【THE FACT×The Liberty】

2015/02/07 に公開

「イスラム国」による日本人人質事件では、
2人が殺害されるという最悪の結果となりました。
さらにヨルダンのパイロットが焼き殺される映像がインターネット上にアップされ、アメ-リカをはじめとする有志連合による怒りの連鎖が起こっています。

過激さと残忍さを増す「イスラム国」ですが、
問題のすべてを「イスラム国」のみを悪だと片付ければ済むことなのでしょうか。
なぜ「イスラム国」は欧米に対して戦いを挑んでいるのでしょうか。
そこに大義はあるのでしょうか。

今回、番組では大手マスメディアでは語られない
「イスラム国」の大義と欧米中心思想の問題点に迫りました。




【出演】
里村英一(幸福の科学広報局専務理事)
綾織次郎(月刊「ザ・リバティ」編集長)
城取良太(幸福実現党山形県本部副代表)



【関連書籍】
『イスラム国“カリフ"バグダディ氏に直撃スピリチュアル・インタビュー』-(大川 隆法、幸福の科学出版刊)
『スピリチュアル・エキスパートによる徹底検証 「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る』(里村 英一・綾織 次郎、幸福の科学出版刊)

「THE FACT」登録はこちら/Subscribe↓
http://www.youtube.com/subscription_c...

■「THE FACT」Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/thefact777

■「THE FACT」公式ページ
http://thefact.jp/

■「THE FACT」Twitter
https://twitter.com/thefact_tv
タグ:リバティ
posted by megamiyama at 18:01| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする