2015年07月17日

「削除された、なでしこりんさんのブログ 最後の記事がコレ!」 

「光の進軍、光よ通え」http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/575a95deda723fd045b76ae8cafb36e6にも載せましたが、どんどん拡散致しましょう!
(なぜか写真がアップロードできません。上の記事か、直接、http://ameblo.jp/fuuko-protector/に行ってご覧ください。)



これは Google に保存されている http://ameblo.jp/fuuko-protector/ のキャッシュです。 このページは 2015年7月13日 23:58:19 GMT に取得されたものです。



なでしこりん

当ブログは、日本と日本人を愛しておられる方には完全リンクフリーブログです。 引用、転載、改作、盗作もご自由にどうぞ。事前事後の承諾は無用ですし、引用元の表示も必要ありません。 ぜひあなたのブログのネタに使ってください。



在日4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい!共産党・民青の偽装デモにご用心!

2015-07-13 12:30:00NEW !
テーマ:ブログ


在日韓国人は日本の政治に干渉しないで韓国の兵役に行けば!

    共産党・民青による若者を狙った偽装デモに注意しましょうね!


 なでしこりんです。中国共産党の幹部を構成するグループの一つに「中国共産主義青年団・出身者」がいます。中国の首相の李克強は共青出身ですよね。「中国共産主義青年団」はふつう「共青」とか「共青団」と呼んでおり、入団年令は14歳から28歳。ここはいわば「中国共産党の予備校」のようなもので、ここで「人民管理や大衆扇動」の方法を学習して、共産党の幹部に進んでいく「エリートコース」の一つです。さて、今日の記事の出元は「京都民報」なんですが、ここはれっきとした共産党の新聞社。ということは記事の中身も「共産党の宣伝」と考えるべきです。


        「在日コリアン4世で参政権がない」・・・それはウソです!

      
       18歳以上の全ての在日韓国人には韓国での参政権が与えられています!



 安倍政権が来週にも「戦争法案」の衆院強行採決を狙う中、関西地方の学生で つくる「SEALDs KANSAI」(自由と民主主義のための関西学生緊急行動)は10日、 京都市下京区の「マルイ」前で街頭宣伝を実施し、「戦争法案に反対しよう」と呼び かけました。300人以上の学生や若者が集まり、「憲法違反の戦争法案を止めよう」と 声を上げました。

 「憲法守れ」「NO WAR」などのプラカードを持った若者の中心で、BGMを流しながら 学生がマイクを握りスピーチ。「私は人を殺したくない。誰も殺してほしくないから反対」 (ニュージーランドに留学中の学生)、「在日コリアン4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい」(大阪芸術短大1回生)、「東日本大震災で被災者 のためにがんばった自衛隊の姿にあこがれた。あの自衛隊員に死んでほしくない」 (立命館大学4回生)など、自らの反対する理由を訴えました。 (京都民報 2015年7月11日) http://www.kyoto-minpo.net/archives/2015/07/11/post-19559.php


   
    
      中国における「反日デモ」は全て中国共産党と共青が企画し運営しています。




 ウィキペディアの「京都民報」の項目には「日本共産党京都府委員会、日本民主青年同盟京都府委員会」と書かれていますから、このエセ学生団体「SEALDs KANSAI」が日本共産党や民青によるカイライ団体である可能性が高いですね。共産主義者による宣伝行為を「プロパガンダ」と言いますが、この言葉、どちらかというと「宣伝工作」とか「洗脳工作」という意味合いで使われることが多い言葉です。日本共産党と民青は中国共産党と共青から「日本での妨害工作をしっかりやれ!」と指示でもされているのでしょうか?    


      
             ここでは「カエルネット」と詐称してます!ww


 京都といえば、「立命館大学に共産党・民青の巣窟がある」ことが有名ですが、あそこは教員にも党員や朝鮮人が多いので有名ですよね。まあ、それで教員は給料がもらえ、学生は共産党の選挙運動やデモの動員に応じていても卒業できるのですから、ラクと言えばラクな学校です。確か、共産党を除名された有田芳生も立命館大学で共産党の活動をやっていたんですよね。

     
       
        立命館OB 元日本共産党員




 共産党的には「在日コリアン4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい」というコメントを取り上げていますが、まず、在日韓国人の国は日本ではないですよね。大阪芸術短大の1年生はそんな常識さえ理解できていないのでしょうか? 短大の1年生というと18歳になっているはず。男女にかかわらず「韓国籍」の人間は18歳で韓国の参政権が得られます。在日韓国人が日本に住もうが、韓国政府は在日韓国人を韓国国民として認定しているんです。そもそも、韓国に参政権を持ちながら「日本の参政権もほしい」というのは強欲なのか、ただのバカなのか? たぶん後者なんでしょうね!


 このブログを読んでくれている高校生や大学生の人たちにはぜひ注意してほしいことがあります。日本人は生まれつきお人好しなので、老人を狙った「オレオレ詐欺」が後を絶たないでしょう。日本人はわりと簡単に人を信じてしまう国民であり、それは高校生や大学生の人たちにも共通する国民性なんです。いいですか、「戦争防止法案」を「戦争法案」と呼び換えて、今どき、世界の主要国ではやってもいない「徴兵制」をが日本で行われるというウソをばらまいているのは誰なのか? そして、そんなことをしている連中の目的は何なのか?を常に自分の頭で考えられる人間でいてほしい。

      
       

    

 「民青とは・・」 1969年を頂点とした学生運動の昂揚期には、当時の学生の間で大きな力を持っていた全共闘などの反代々木派学生や新左翼諸セクトを「トロツキスト」と批判し、激しく対立した。黄色いヘルメットと「民主化棒」と称するゲバ棒で武装した民青の防衛隊は「あかつき行動隊」と呼ばれ、数千人規模の全共闘を数百人の部隊で圧倒することもあった「基本的任務と性格」は「日本共産党のみちびきをうけ科学的社会主義と党綱領を学ぶ」とされ、党の指導を受ける事が明確化されたが、この表現は1980年代以降に「日本共産党に相談する」と変更された。http://ja.wikipedia.org/wiki/日本民主青年同盟


   日本共産党が自衛隊の訓練にまで付きまとい妨害工作ばかりしているのは有名! 
    先の町長選挙では、自衛隊誘致推進する自民党支持・公明党推薦の現職の外間守吉が、自衛隊誘致反対派の日本共産党推薦・社...
      共産党・民青が「自衛隊員に死んでほしくない」というのはまっかなウソ!


 日本共産党という政党は「日本を共産主義国にする」ことを目的にした政党であり「日本のご皇室と自衛隊の廃棄」を目指している集団です。民青同盟というのは日本共産党の予備軍ですが、日本共産党や民青という汚れた看板では人を集められない。それは過去に内ゲバをやったり「リンチ」で人を殺しているからです。だから、「別の看板」で若者を勧誘しているんです。大学の正門前や駅に「勧誘の人」がいるでしょ。共産党・民青はあれと同じです。「私はだまされない」と思っている人ほど詐欺に遭うんです。共産党・民青のやっているデモは中国の反日デモと根っこは同じなんですよ。共産党・民青は詐欺団体と思ったほうがいいですよ!  By なでしこりん


ジャンル:ネット
posted by megamiyama at 11:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

日本人製作の初音ミクが歌う『香港民主派デモ応援歌』に香港人、台湾人の感動の声!

「理想国家日本の条件」より、転載します。http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/a8a6dfa75dea539cd12d83dfd8267540


2014年10月09日 15時03分57秒
【台湾の反応】日本人製作の初音ミクが歌う『香港民主派デモ応援歌』が話題に!!
香港人「感動」「勇気が溢れてくる」「応援ありがとう」!!台湾人「泣いた」「頑張れ香港」!!

2014年10月07日 転載、させていただいた記事です

 http://www.taiwannohannou.com/archives/14461015.html

日本人が製作した初音ミク(VOCALOID)が歌う

『香港民主派デモ応援歌』が香港と台湾で話題となっています。

香港デモ.png













峰岡利治さんが製作した『香港民主派デモ応援歌』には、香港の方々から数多くのコメントが寄せられています。
香港と台湾の有志が日本語の歌詞を広東語と中国語に翻訳し動画は拡散され続けています。

日本→香港人雨傘革命応援歌!!

香港加油!!日本→香港人雨傘革命応援歌!!初音ミク



香港デモ.jpg



























反応は、香港の方々のコメントを中心にまとめました。

(以下、香港の反応)

Doomsday Specter
応援をありがとうございます、私は雨傘革命の参加者の一人 この曲を聞いてとても感動しました、勇気も百倍溢れてきます。

Vicky K
本当にありがとうございます!日本からの応援をもらって力がUPした!

kaki Cheng
曲まで作ってくださって、本当にありがとうございました。今の香港政府にはもう信用できなくなりしまた。

市民の仲間であるはず警察さえもヤクザと手を組んでデモ参加者を殴ったというニュースもありまして、全て最悪です。

Howard cheung
日本を私達に応援しで、ありがとうございま!私は“独りじゃない“の時涙いでだ

Chi Fung Ko
感謝,私たちひとりじゃないと感じています

CHEUK WA NG
私たちは革命じゃない。正しておねんがいします。私たちはただ真の選挙を目指しために。

政府を倒すことじゃない。でも、この歌を聞いたら本当に感動しました。ありがとう。

surman chan
応援してくれてありがとうございました!我々香港生徒たちの努力と犠牲が、世界中の皆に注目された。

それを知ったこそ、我々は踏ん張って続ける。もっともっと頑張ります!この本物の自由を、手に入れてみせる!

夢羽翔
とても感謝します!!私は香港人です!この歌を作ってとてもありがとうございました!

香港人は負けない、絶対自由の日が来る!!

Ka Pui Liu
ありがとうございます 聞きながら泣きました 頑張ります!

Sam Chan
香港人の為に。歌詞を見て泣いた。

King Chan
私は香港人です、峰岡さんありがとう

Hanlin Orchidnight
峰岡さん、ありがとうございました。・゚・(ノД`)・゚・。

bath bath
香港人として感動しっちゃた 歌詞が心までに響きます ありがとうございます

TING KWOK LAM
感動……T.T 日本人のみなさん応援ありがとう!ありがとうございます!

bluemistory
im a HongKonger and thanks for all ur support
SetsunaSonic Cheng
本当に...ありがとう...T_T

hytang88
Thank you! Domo arigato!

christy cho
ありがとう ! 涙目)))))

badman10022
かんどうてす(〒︿〒)

wilkens536
感動!(T-T)

Hang Au
感動した。。。ありがとうよ!日本のみんな!

Toriiairi
本当にありがとう。。。私たち頑張るね。

Miugat Goo
初音ミク( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ 頑張ろう香港!!

Calvin C K Lam
ありがとう日本人さん!!!(≧∇≦)

ho shing Wong
感謝日本朋友 ありがとう

Hojai Baka
本当に感動する ありがとうございます 日本はずっと香港の友達だよ

iVideotsMC
港日友好!

Tony Tony Chopper
涙が出しきた, 本当にありがとうございます. 香港人が独りじゃない。僕達は自分の愛してる都市を守るだけ。

stfgw
自分の香港は自分で救う!ありがとう!

Raphael Yeung
日本の方々、応援は本当にありがとうございます!!絶対諦めない!!俺たちの未来のために!!

Elton Kwong
私が日本語を理解していない しかし、私は言いたい ありがとう BY GOOGLE TRANSLATE (´・ω・`)

(以下、台湾の反応)

Rule Last
泣いた。台灣と日本は香港を応援しています。頑張れ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

昆懋余
ありがとう初音ミク。ありがとう日本。香港人!!頑張って!!!台灣人はあなたたちを応援しています!!!

陳宣帆
頑張れ香港!!台灣人はあなたたちと共にいます!!

楊子慶
支持香港 from Taiwan
ラベル:ネット社会
posted by megamiyama at 15:51| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

祝「理想国家日本の条件」ブログランキング一位!

ヨイシラセです。
「光の進軍」(http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/e61b46c2cabfe9856b45e7d856de4ef5)にも書かせて頂きましたが、昨日!いつもお世話になっている咲く也さんの「理想国家日本の条件」が、大進撃を開始しました!

世界中でとんでもないことが起こりつつある昨今ですが、咲く也さんのブログに“とんでもない”アクセスが今も殺到中!(少し落ち着いた?ようですが、それでも今現在の閲覧者数 何と 376,649 PV!)
もちろん、ブログランキングダントツ一位です。

何が起こるかわからないご時世デスが、こんなコトもあるんですね!

先日の記事、「御嶽山からの生還者の手記」を咲く也さんが見つけてUPしたのが、ブレイクのきっかけだったようですが、日頃から他のブログとはひと味違った選りすぐりの記事を、あくまで保守の立場でいち早く紹介されることでは、ネットでは定評のあるブロガーさんなので、起きるべくして起きたブレイク(噴火?)なのかもしれません。
(それにしても、連日、アクセス数が10万単位!?、昨日など70〜80万アクセス!?もちろんブログランキングぶっちぎり1位独走!とは、凄すぎます。)

明らかに風向きが変わってきました!

名もない市井の方が書いたブログでも、こうやって日本全国(その内きっと世界!)に伝えたいコトが発信できてしまうのですから、これぞ「ネットの力!」です。
「あじさい革命」がエジプトでしたっけ?…に起きたように、日本に「幸福革命」が起こっても不思議はない気がします。(一人ひとりが集合した“数”の力はやはり大きい!万が一、コレをきっかけに100万の日本人が“戦後体制の眠り”から目覚めることができれば、「日本」全体が目を覚ますのも時間の問題となります。どうせ「寝た子を起こすな!」という勢力が必ず邪魔をするでしょう。が時がくれば、イヤでも人間、目が覚めるように出来ているのではないでしょうか?)

今回の、お仲間軍団「光の進軍」チームの誇り“咲く也隊長”のブレイクにも、日本人一人ひとりの背中(クリック?)を押す“見えない力”が働いているような気がしてなりません。(“真逆の力”があまりに強いので、見るに見かねてということもあるのでしょうか…?)

最大のピンチを迎えつつある日本と世界!

ピンチはチャンス!

凡人が跋扈する平和な時代には、表に出てこなかった(見向きもされなかった?)ような、“ビックリ情報”や“常識破壊な真実”や“使命に目覚めた人々”そして“奇人・変人”(笑)の出番がやってきたのかもしれません。

これまでの常識が非常識となり、非常識とされていたものが常識となるなら、人類にとって、真に新しい時代がやってくるでしょう。だとしたら、未来はとてつもなく明るい!!!

と云うわけで…

今、すごいこと!になっている咲く也さんのブログの“おこぼれ”を一部、紹介します。

先日「光の進軍」に書いた記事「御嶽山は1979年に噴火するまで死火山だった。数千年の沈黙を破って噴火した「輪廻転生の門」を「理想国家日本の条件」に載せて頂いたのですが、そこの投稿欄に、気になる記事がありましたので、転載させて頂きます。

その前に、咲く也さんのブログに貼られていた画像、SNS情報等

sakuya  御嶽山.jpg
















御嶽神社の祭神像の、噴火前と、噴火後の画像。噴火後に、噴石によって首がもげてしまってます

咲く也さん  国トコ立ちの神像写真.png



















以下、投稿欄の記事

ー火山を爆発させるための予行練習 (10月1日付け:)
2014-10-02 22:45:52

イエローストーンのスーパー火山を爆発させようとしているようです。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51940046.html

地震や火山噴火の専門家の方には分かる内容でしょうが、素人の私にはよく分かりませんでした。

ただ、私にも分かったことがあります。それは。。。以下のビデオ投稿者によると、(米政府は)イエローストーンのスーパー火山を噴火させるために様々な試験を行ってきており、2年前からカルデラ内の特定場所(地下に断層帯がある場所)に特殊装置を設置し、地盤に攻撃(振動や光線)を加えてきたそうです。


まさか、多くの犠牲者を出してしまった御嶽山の爆発は、イエローストーンのスーパー火山を爆発させるための予行練習として彼らに山がいじられたのではないでしょうね。。。と疑ってしまうほど、彼らは本当に酷いことをやろうとしています。このビデオ投稿者の伝えていることが本当なら。。。これを止めさせなければなりませんね。彼らは完全に頭が狂っています。
http://beforeitsnews.com/economy/2014/10/the-haarp-report-yellowstone-secret-eruption-program-2664006.html

(Unknown  泣き虫ウンモ) 
あぁアメリカの科学的な陰謀説はわからないんですが、こういう曲が脳裏に流れてきました。

posted by megamiyama at 11:09| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする