2015年05月22日

「頭脳と利己主義がなければ…?」  武田教授の仮説について

昔「滅私奉公」という言葉があったように、常に「私」より「公(共同体)」を重んじてきた日本。

戦後、否応なしに西洋化が進められた結果、とくに教育や政治の世界では、「個性」や「個人の権利」を尊重することが最大の眼目(「大義」はなくなった?)になってしまった「日本」ですが、果たしてそれで、本当に日本人は幸せになったのか?日本は良い国になったのか?という反省が、やはり必要でしょう。

最近注目している「弥栄の会ブログ」さんは、武田邦彦教授が発信される言葉に注目されています。

megamiyamaがこの教授をテレビで初めてみたのは、ン十年前の「タモリの笑っていいとも」。
二酸化炭素地球温暖化説が如何にインチキであるかを科学者の立場から滔々と語られ、テレビ的にも相当インパクトのある登場のされ方でした。(確かその頃“オモシロ教授”を呼んできて語らせるコーナーができ?「そこまで云って委員会」でいつも“三宅さん”を激怒させていた田嶋洋子女史も、ここから出たと記憶しています。)

あの時、視聴者に地球温暖化問題について、新たな視点をもたらしたという意味で、画期的な役割を果たされた武田教授ですが、世間の“間違った常識”をひっくり返すことに「使命」を感じておられる科学者さんなのかも知れません。
しかし福島の原発事故では、一旦こうだと思うと黙っておれない正義感が裏目に出て、肝心な時に世間に迎合して自分の視点の方をひっくり返してしまわれたように見えました。(放射能の恐怖を必要以上に煽る方向に行ってしまわれたのは、残念なコトでした。あくまで日本の原子力研究者としての立場に踏みとどまって発言してほしかったです。)

武田教授の“人の良さ”と“偏った正義感”が、科学者としての目を狂わせたのではないかと落胆しましたが、その後、タダの“脱原発過激派”にとどまらず、お構いなしに“独自の進化”を遂げていらっしゃったことが、最近の「弥栄の会のブログ」でわかりました。

武田教授の関心は、今や「人間の精神と健康の関係」に向かっているようです。
やはりある意味、最先端の科学者なのかも知れません。(科学者がやっと「物質」ではなく「人間」に興味を持ち始めたという意味で…)

神道の「随神の道」や仏教が説く「無私無我」の境地の尊さを知っている日本人は、「我を張って調和を乱すこと」を“恥”とするメンタリティを持っていますが、日本人にしては自己主張の旺盛な武田教授の口から、「利他や無私の精神が、身を助ける(寿命を延ばす)」という話を聞くと、外人さんに日本を褒められたような、科学者に“お説教”をされたような、少しくすぐったい気分になります。

まあ、無理な西洋化が日本人の心身を損なってきたのは、確かでしょう。

しかし、いつまでも鎖国を続けるわけにもいかず、避けては通れない道でもあったでしょう。

かくて、“日本の西洋化”は災いが多く、“世界の日本化”に希望を託すしかない時代となりました。



「弥栄の会のブログ」 http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150521-2

【新☆健康法】長寿の秘訣は集団に貢献すること(武田邦彦)

中部大学教授・武田邦彦氏の音声メッセージから、長寿法に関する興味深い仮説をシェアいたします。





動物の世界を見ると、人間で言われている健康と大きく違うところがあります。

ひとつは「医療や栄養学が無くても健康で、自分の死期を自動的に知って苦しまずに、恐れずに死に臨む」という特徴があります。
もうひとつは、「集団に寄与できなくなると、健康でも命を終わる」ということです。

また奇妙に思うことは、人間に飼育された動物は同じ種類の野生の動物と違って、独特の病気にかかることです。
例えば「鳥インフルエンザ」がそうで、野鳥は原則として発症しません。「家禽病」、つまり「人間に飼われること」が病気の元になるという病気が多いのです。

つまり、人間が健康を害したり、寿命が短くなるのは、

1) 知識があるから、

2) ストレスがあるから、

3) 利己主義だから、

4) 調理しすぎだから、

と考えられます。

3)は動物界で共通のことで、寿命を決める健康状態とは個別の血圧とかの健康状態ではなく、集団に寄与しているかということで決まります。

哺乳動物では閉経後のメスやはぐれオスの寿命が極端に短いのは「集団で貢献できない個体は健康でも死ぬ」ということを示しています。

幸い、人間の社会は複雑なので、いろいろなことで社会貢献ができます。女性の場合は主としてお世話が有効で、男性では社会の役に立っている人は大体は長寿です。

人間の場合、特にヨーロッパ文化は「個人が良ければ良い」ということですが、人間を含めた多くの哺乳動物はそんなに簡単な運命を持っているわけではなく、「個人より集団に貢献するほど長生きできる」というのが普遍的な原則のようです。

例えば、フィンランドなどの実験によると、健康に注意している人ほどガンになるという例が出ているのですが、もしかしたらこれは、自分の健康に注意すると何か集団としてのプレッシャーが来て、それが知らず知らずのうちに自分の寿命に影響してくるのではないかとも考えられます。

「自分の健康」より「社会に貢献する」ことに重点を置く「健康法」というのがあるのではないかと思います。

(平成27年4月29日)




武田教授の仮説から考えれば、女性のほうが男性よりも若干平均寿命が長いのは、家庭的な女性は生涯にわたって家族やご近所のお世話をするのに対して、社会的な男性は仕事をして引退してしまうと集団的な存在価値を喪失しやすいからかもしれません

また、話が飛びますが、宇宙人の寿命が地球人と比べてはるかに長いという理由にも、個人か集団かという精神性の違いがかなり影響しているのではないでしょうか。andromeda123.jpg
















このことは、「私たちは人間関係を学ぶ(体験する)ためにこの世に生まれてきた」という、スピリチュアルな考え方とも合致します。
人間は、他の人間との関わりの中で自分の命を輝かせることができます。

(やしろたかひろ)
posted by megamiyama at 10:24| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故、原発問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

「美味しんぼ」騒動で、ますます見えなくなる真実


BLOGOSで「笑って済ませられない『美味しんぼ』騒動」という記事を読みました。(→http://blogos.com/article/86516/
 
北村隆司氏が、同じBLOGOSの池田信夫さんによる「『美味しんぼ』は何も証明していない」の記事に対して、「現実は池田さんの希望とは反対に、面白おかしく虚実を入り混ぜた流行本が風評被害を生み、日本人の「民度を下げる効果は、売れない立派な書物が日本の民度を上げる効果より遙かに大きい事である。」と書いてこのモンダイを軽く扱うのはどうか?と警鐘をならしておられます。

以下抜粋した箇所は、トクヴィルの「アメリカの民主主義」(知識の氾濫と行過ぎた「報道の自由」への警告の書…みたいデス。)を紹介して、「美味しんぼ」の原作者や管ナオト元首相を、それぞれ「学商」「政商」と一刀両断されたこの記事の山場…(笑)

1830年代に世界で最も進んでいた米国の民主主義を学んでくるようにフランス政府から命じられた当時26歳の天才的な思想家アレクシ・ド・トクヴィルは、近代民主主義と切っても切り離せない自由とその質が、「国家の品格」に及ぼす影響について調べて米国民主主義の自由への執着の強さに驚いた彼は、知識の氾濫と行過ぎた報道の自由は、人並み優れた教育と知力に恵まれた人々が二つの道の中から、責任ある知的人物グループ (真の知的エリート)の仲間に入り、社会が直面する困難で重要な諸問題の解決策を捜し求める道か、知力を使って金儲けに走る道のどちらかを選択するようになると警告した。

日本では「知」を金儲けや自己の権威づけに利用する人々を「学商」、政治的権限や利嫌の拡大に使う人を「政商」と呼ぶ造語があるくらいだから、トクヴィルの予見は今の日本にも通ずる。

さしずめ、東京大学で量子力学を専攻した「美味しんぼ」の原作者の雁屋 哲氏は「学商」、東京工業大学理学部応用物理学科を卒業し、専門家より「原発」に精通していると自負する菅直人元首相は「政商」に当たるのであろう。

トクヴィルはまた、最近の日本の世相を当時から予見していたとさえ思える「質の悪い報道の自由の氾濫は、賢人の判断が無知な者の偏見よりも下位に置かれる社会を生み、民主主義の破壊に繋がる」と言う警告も発している。

確かに、日本の「質の悪い報道…の氾濫」は目に余るものがあります。
国民をバカにしている…というより、国民が賢くならないように、片や事実誤認や被害妄想のデタラメ情報は垂れ流し、片や「真実の情報(本当の危険)」には決して気づかれないように、テレビはお笑い漬け、新聞は「真実隠蔽工作」に明け暮れているようです。

「真の問題」が(意図的に)見えなくされていることに、国民は気づくべきでしょう。

“原発アレルギー症状”のようなサヨクな人々の鼻血騒動(何故か、フクシマに行って鼻血を出す“脱原発派”がいるのは確か!身近にも一人います。笑)より、深刻な「放射能汚染」が、どうやら中国の原発周辺から発生しているらしい…ことについては、マスコミは一切報道しません。
「その正確なデータを憶測ではなく明らかにし、中国国民の為にも日本国民の為にも、徹底的に真相を解明し、汚染が拡がらないよう手立てを打つべきだ」と、報道するのが日本のマスコミの仕事でしょう。
フクシマの風評被害を煽る、レベルの低い「悪質情報」に注目させて、何が良くなるというのでしょう!?

「中国」に対してはクチをつぐむ、日本のマスコミや言論人の責任は重大であります。

最後に、「宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ」の5月11日の記事を紹介します。

(BLOGOSの「笑って済ませられない『美味しんぼ』騒動」のような“後追い解説”記事より、コチラの方がよっぽど「問題の核心」をついていると思われます。)


japan-spiritual.blogspot.jp/2014/05/blog-post_11.html


【美味しんぼ】福島で被爆!?反原発論者が語らない真実


グルメ漫画の「美味しんぼ」において福島原発を訪問後に鼻血を出すシーンが問題となりました

最新号ではこの鼻血の理由を「被爆しているからですよ」との発言を掲載しています


放射線によって鼻血が出る症状について調べると、出血を伴う被ばく線量は2シーベルト=2000ミリシーベルト=2000000マイクロシーベルトとなっており、5%の人間が死亡するほどの高線量です

もしも鼻血が放射線によるものならば、漫画で描かれているように悠長に話してなどいられないでしょう

全員、吐き気や嘔吐などが続いて緊急入院しているはずです

ですので鼻血は放射線による影響ではなくて、ストレスや高血圧や動脈硬化など、別な原因によるものでしょう

福島での低線量でも鼻血が出ると言うなら、病院でレントゲンやCTを受けた人は鼻血が出るはずですが、私たちの経験上、そんなことは無いのをわかるはずです

子供などはよく鼻血を出しますので、この漫画の影響で、子供が鼻血を出したら放射線の影響ではないかと思い込む母親も増えるかもしれません

以前からこのブログでは述べていますが、津波による福島原発からの放射線の影響よりも、全国的には黄砂に飛来し続けた放射線物質の線量のほうがはるかに高いものです

一生懸命に放射線の危険性を訴えている人々は、不思議とその事実を黙し語りません

ちなみに以下のようなニュースもあります

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20110706401.htm

石川では福島の71倍の放射性物質を黄砂の影響として計測されています

中国が1980年に行った最後の大気圏内核実験より、もう三十四年も経つ地上核実験の影響が、近年の福島由来の物より、いまだに71倍と言う高い数値を出しているのです

それでも健康には直接被害の無い程度と言われており、福島問題ではなおさら問題の無いレベルを、風評被害によって怖さだけを煽り立てられています

偽の恐怖に駆り立てられ、真の危険に気づけなくなっているのが、いまの日本人の姿なのかもしれません

関連記事
大気汚染・公害より怖い中国の事実 http://japan-spiritual.blogspot.jp/2013/02/blog-post_8654.html

放射線・原発の報道されない真実 http://japan-spiritual.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html
ラベル:フクシマ
posted by megamiyama at 15:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故、原発問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

放射能を無害化する技術?

求めよ、さらば与えられん!
日本の先進技術を持ってすれば、「放射能」も怖くない!?

リバティの記事。
放射性廃棄物を低エネルギーで無害化 錬金術が除染技術になる?
2014.05.03

三菱重工業の先進技術研究センターが進めている「元素変換」という、錬金術として期待されてきた技術が、震災後、放射性物質を早期に無害化できる除染技術として注目を集めている。

通常、薪を燃やせば木が炭に変化して、その見かけは大きく変わるが、構成要素である炭素はそのままで、違う元素に変わることはない。
錬金術とは、例えば水銀を金に変化させるもので、よくフィクションの題材に使われるが、理論的にはすでに可能となっている。超高温あるいは超高圧で水素などが起こす「核融合」で、ある元素を別な元素に変化させることはできる。しかし、巨大な装置とエネルギーが必要で、たとえ金を作れたとしても、とてもコストが見合わない。

三菱重工の「元素変換」では、そこまで巨大な装置やエネルギーを必要とせず、ある元素を別の元素に変えることができるという。

実験では、パラジウムの0.1ミリメートルの厚さの薄膜の上に、パラジウムと酸化カルシウムの薄膜を、交互に重ねづけする。この膜を2つの箱の間仕切りにした上で、一方の箱を真空にし、もう一方は重水素で満たす。重水素はパラジウムの中を、原子となって透過する性質があるため、重水素は薄膜を通り、真空側に抜ける。
このパラジウムの薄膜に、特定の元素をわずかにつけておくと、この元素と重水素が核融合し、別の元素に変わるのだという。放射性セシウムはプラセオジウムに、放射性ストロンチウムはモリブデンに、それぞれ放射能をもたない物質に変化した。1平方センチメートルの薄膜を使って変化させた物質の重さは、最大数マイクログラムまで確認できた。自然界にはあまり存在しない質量数のものが多いケースもあったため、外部からの混入などではなく、実験でできたものであることは間違いないという。

三菱重工の研究チームのほか、トヨタなどでも再現実験に成功しており、基盤技術は確立し、実用化を目指す段階にあるという。コストの検討はこれからだろうが、それをクリアできれば、放射性物質の早期無害化や、レアメタルなどの生産にも期待できる。

同センターの岩村康弘・インテリジェンスグループ長は、「理論的なメカニズムは分かっていないが、我々はメーカー。次のステップに進みたい」と前のめりだ(8日付日経新聞)。

パラジウムを用いた「元素変換」は、これまでの物理では説明のつかないもので、学問的にも非常に興味深い。物理に新しい理論をもたらすかもしれない技術の、今後の発展に注目したい。(居)

【関連記事】
2014年2月17日付本欄 核融合研究が一歩前進 将来の原発の代替エネルギーに
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7380

2012年12月1日付本欄 【そもそも解説】原発の放射性廃棄物の保管場所
http://the-liberty.com/article.php?item_id=5228

posted by megamiyama at 05:59| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故、原発問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする