2014年09月05日

「天声人語」は15回も「従軍慰安婦」を取り上げていた

今や、「朝日新聞社」自身が、マスコミの“餌食”(笑)となりはじめたようです。

常に上から目線で、今の政権批判や戦前の軍国主義批判をし、自分たちの偏った主義・主張を垂れ流しつづけてきた「朝日」でしたが、34年経って「慰安婦報道の検証」を始め、一部にせよ自分たちの報道の「誤り」を認めるとは…「朝日」にしては、いまだかつてない大事件!

今、朝日新聞に何が起こっているのか?これからどうするつもりなのか?そりゃあ、週刊紙ならずとも気になります。
“朝日新聞ネタ”突っ込みどころ満載で、人気です。




【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】からの転載記事です。

朝日新聞が『週刊文春』『週刊新潮』(ともに9月4日号)の広告掲載を拒否した。むろん、両誌が朝日の「従軍慰安婦」大誤報に関して特集を組んでいるからだ。『文春』、「朝日新聞『売国のDNA』」で10ページ。『新潮』、「1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」4ページ。

 朝日の言い分は、

 「当該の広告は論評の範囲を著しく逸脱し、本社の社会的評価を低下させるもので掲載に応じられない」

 ならば25日に掲載された『週刊現代』(9/6)、『週刊ポスト』(9・5)の広告はどうなのか。

 『現代』、「『慰安婦報道』で韓国を増長させた朝日新聞の罪と罰」。『ポスト』、「原発事故『吉田調書』も『朝日の論理』で歪(ゆが)められた」。

 『文春』はこの問題をしばらく追及し続けるそうだが、朝日は今後も広告を拒否し続けるのだろうか。見物だ。

 で、内容だが、ひとことで言うと、「足の『文春』、頭の『新潮』」。

 『文春』は機動力を生かし、すぐソウルに飛んで、例の植村隆記者の韓国人義母にインタビューしている。
 その梁順任・太平洋戦争犠牲者遺族会会長。

 〈「検証記事を書くにあたっては朝日から韓国側に相談があった方が良かったと思います。その点は残念」〉

 1991年8月の当該記事については、〈「この記事の存在は今まで知りませんでした」〉。

 その他、〈韓国メディアが崇拝〉する若宮啓文前主筆の件、朝日幹部の苦渋告白〈「一番恐れているのは不買運動です」〉、本多勝一氏に取材を申し込んで断られた件など盛りだくさん。

 ちなみに本多氏は今回の朝日の検証記事は〈「読んでない」〉そうだ。

 『新潮』は「天声人語」や「声」欄まで使い、朝日が〈紙面一丸となって世論誘導に邁進(まいしん)した〉実情を詳報。

 この間、天声人語は15回、「声」欄では480通余り「従軍慰安婦」問題を取り上げた。〈そのうち、朝日の主張に沿っていないものは、ほぼゼロ〉。

 やんぬるかな。
(『WiLL』編集長)
posted by megamiyama at 18:45| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「従軍慰安婦」問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

従軍慰安婦検証「さすが朝日新聞」?

産経の記事です。


さすが産経新聞。
「従軍慰安婦問題」では朝日と対極の立場で、ぶれずに告発を続けてきた産経新聞ならではの笑える(笑)記事です。
朝日vs産経の勝負、ここにきて一気に決着がついたようです。

「朝日」の往生際の悪さ、歯切れの悪さは、確かに産経が指摘する通りですが、それにしてもよくぞ、吉田証言のウソを認めたものです。
“朝日の(暗黒)時代”がついに終わりました。

「従軍慰安婦問題」が自分達のウソの報道から始まったことを認めたなら、謝罪しようがしまいが、コノ問題の火付け役が「朝日新聞社」であり、“過去の歴史を直視して反省すべき”は朝日新聞であることを自ら認めたということになります。

日本政府は、朝日新聞社を相手取って、裁判を起こしてもよいくらいです。起こすべきです!(笑)

従軍慰安婦問題ひとつとっても、どれだけの国益と信頼が損なわれ、国民が不利益を被ったか知れません。
冗談抜きで「朝日の大罪」は司法の場で裁かれるべきでしょう。

常に、国家権力を敵視し、政府(日米安保体制)批判を繰り返してきた朝日新聞が、従軍慰安婦問題に関しては、自分達の見解が根底から間違っていたことを認めたのですから、この際 国が調査に乗り出し「業務停止処分」を言い渡す権限だってあるはず。他に“余罪”がないか調べるのも、本来国の仕事ではないでしょうか?(いくら結社の自由だ、表現の自由だといっても、国を貶める自由やウソを広める自由は制限される…否、処罰されるべきです。特に「朝日」と「NHK」の反日プロパガンダは目に余るものがあります。)

かくて、これまで野放し状態だったマスコミの確信犯的プロパガンダを見抜き、断罪することができれば、「従軍慰安婦」同様、「南京大虐殺」の真相も、「自虐史観教育」の誤りも、憲法9条至上主義の誤りも、「沖縄」のサヨク新聞の異様さも、「反戦平和や脱原発運動」と左翼過激派の緊密なつながりも…みな暗い雲が払われたように国民の目に明らかになり、“日本人の、日本人による、日本人の為の”マスコミ改革が急速に進むのではないでしょうか?

中国や韓国北朝鮮と一緒になって、「日帝憎し」「天皇制憎し」「“A級戦犯”と“軍隊”憎し」「親米政権憎し」「資本家憎し」「格差憎し」「原発憎し」で、ここまで“一筋”に頑張ってきた朝日新聞も、“年貢の納め時”がついにきたようです。

自分のことは棚に上げて他人の批判ばかりして反省が出来ないのは、地獄に堕ちる人間の特徴(…なので、言葉には気をつけないといけませんが)ですが、朝日的マスコミ人がこのまま地獄行きにならない為にも、生きているウチに裁きの場に立たされ、犯した罪に気づく機会が与えられることは、大いなる「天の助け」となるハズ…。

そうでもなければ、なんとかごまかして時間稼ぎするしかない「朝日新聞」。
よく考えれば、“朝日新聞さん”が最初から一貫して磨いてきたのは、批判精神や反骨精神などではなく、巧妙なごまかしやすり替えの術でした。
反権力や反体制の記事ばかり書きたがるのは、自分達に批判の矛先が向けられないための自己防衛術だった…ようです。(そう考えれば、朝日的記事の書き方の極意がなんとなくわかってきたような…。反日を煽って、国民の関心を外に向けようとするどこやらの国と、きっと心根は同じなのでしょう。悪い人間ほど、他人に責任を転嫁し、ひとに罪をなすりつけたがります)

朝日が「反日」と「自虐史観」を止めたら、日本は一気に「誇り」と「元気」を取り戻すことができるのですが。
「さすが朝日新聞」と本気で言える日がいつかきますように。


タグ:マスコミ
posted by megamiyama at 23:58| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 「従軍慰安婦」問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

「従軍慰安婦が「韓国政府」を訴えた歴史的意味」について


(アップしそびれた記事、遅ればせながら…)

「BLOGOS」に載った記事「従軍慰安婦が「韓国政府」を訴えた歴史的意味」が面白かったので、紹介します。こちらからどうぞ→http://blogos.com/outline/89572/

筆者門田隆将氏のプロフィールには、「ノンフィクション作家。幅広い分野で毅然とした日本人像を描く。」とあり、門田氏のオフィシャルサイトを覗いて驚きました。亡くなったフクシマ第一原発の吉田所長に直接取材して「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」を書かれた方でした。(他にも著書多数。すでに、並々ならぬ実績をあげている若手のホープです。)

サイトには「朝日新聞の「抗議」を受けて」の記事もあります。
つまり、朝日的言論の対極に位置する記事や論考を堂々と発信されている頼もしい論客です。

朝日的な、もってまわった大層な、奥歯に物が挟まったような何が言いたいかさっぱりわからない…従って、面白くも何ともない記事と違って、非常に分かりやすく、説得力があって、共感できます。

それにしても、ネットの威力は思っているより絶大!
右も左も挙って論陣を張る「BLOGOS」も、“良い仕事”していると思います。
この記事、わたしが見たときにはブロゴスの記事ランキングで一位でしたから、かなりの人に読まれていると思います。

こういった記事や新聞やテレビにはあまり出ないニュースによって、“従軍慰安婦”問題の「真実」が、誰の目にも(ちょっと関心さえもてば)明らかになってきました。(だからいわんこっちゃない…!さんざん日本を悪者にしてきた韓国民は、どうやら、同じ事を(もしかしてそれ以上のコトを!)自国の政府と自国の兵士がしてきたことに気づき始めたようです。)

となると日本は、今まで通り「強制連行はなかった」の立場ですから、強制連行していた「韓国」が、今度は、“自虐的”に成る番デス。

日本は、「韓国が自分達を棚に上げて日本にさんざん悪口を言ってきたことを認めるなら、これまで我が国が被った被害の損害賠償を請求したり、名誉を傷つけられたといってしつこく恨んだりはしないので、ご心配なく。」と云ってあげたい処ですが…そんなコト認める位だったら「中国とつるんでやる!」って感じでしょうか?(さっそく、中・韓会談やってましたね。)
普通だったら「従軍慰安婦像」など、恥ずかしくて外国に建ててまわったりはしませんが、被害者面した本人(韓国政府)が自国民にとって日本にとっても、一番の加害者だった訳ですから、ウソの上塗りをエスカレートさせていくのに躊躇がないのは、当たり前でした。自分達の罪を日本になすりつけて自国民をだまし通す作戦だったというわけです。

“従軍慰安婦”の「真実」は、なんともはや情けないことになってきました。
いっそ日本がわざと悪者になって“占領”したほうが、彼らにとっては一番幸せなんじゃないかとさえ思えてきます(“面倒”をみてもらった「日帝時代」と「日本」に感謝するどころか、ウソ八百で塗り固めた「反日歴史観」を国民に植え付け、矛先が自分達政府に向かわないよう、徹底して日本を悪モノにしてきた…(まるで中国共産党と同じやり方で)のですから、“悪い日本”とうまくやっていた時代が一番幸せだったと気づいた時には手遅れなのでした。二度と日本は韓国を“占領してあげたり”はしないでしょう。)

「ウソは必ずバレル」と(中国)韓国の人は教わらないのでしょうか?

…なんて、オバサンがブログで息巻いても仕方がありませんが、日本が見くびられていることだけは確かなので、韓国国民の為にも言うべき事をハッキリもの申す国に日本がなってほしいと願うばかりです。

まずは、日本人一人ひとりが情報を取捨選別して、「真実」を求める国民になっていきたいものです。

ネット情報は玉石混交ですが、真実をトコトン求めてさえいけば…

求めよ、さらば与えられん!

真実に目覚め始めた日本人に、怖いモノなし!
タグ:外交
posted by megamiyama at 13:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「従軍慰安婦」問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする