2015年07月13日

現代の日米安保条約 「安保法案」を安部内閣は通すことができるのか?

「歴史は繰り返す」と言いますが、正に今、かつての安保闘争が蘇ったかのような論争が巻き起こっています。
安部首相の祖父岸伸介元首相は、「安保・反対」の怒号が日本全国に吹き荒れる(今とは比べものにならない位激しかった!)中、日米安保の調印に踏み切って退陣に追い込まれましたが、今や日米安保が日本の安全保障の要であることは、衆知の事実です。

問題は、安部首相が祖父ほどの信念と勇気をお持ちかどうか?(おじい様を尊敬されているだけでは、この難局を乗り越えることは出来ないでしょう。本丸は「憲法9条改正」「自主憲法」だというのに)


こちらも「宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ 」の記事です。http://japan-spiritual.blogspot.jp/2015/07/blog-post_12.html

蘇る安保闘争

img_1.jpg





いまはメディアを中心として安保法制に反対するムードを守り立てようとしています

しかしやっている事は1960年代にも起こった60年安保と変わりないと言えます

私はまだ生まれていない時代ですが、調べたところではその当時も朝日新聞などのメディアが中心となって批判をし、それに学生運動が加わって大きな運動となりました

当時の新聞の論調では安保によって日本は徴兵制もしかれる戦争するようになるなどと、現代と同じ事を述べていました

しかしその後の歴史を見れば、逆にアメリカの保護にあったが故に、日本は平和でいられたというのが真実です

もしも日本からアメリカが当時に撤退していたら、日本はソ連によって、関東辺りまで侵略されていたかもしれません

かつてシベリア抑留されたように、占領地の日本人は連れて行かれて奴隷的な労働に従事されていたか、あるいは北朝鮮のような貧困にあえぐ国となっていたでしょう

安保反対の運動から出てきた連合赤軍などの組織が、内部でリンチ殺人をおかしたり、人質をとって立てこもる浅間山荘事件などをおこしました

60年安保の実際は旧ソ連や北朝鮮、中国などの共産主義に傾倒する者が、平和運動を名乗って日本からアメリカを追い出して、日本を共産主義国家にしたかったというのが現実です

それを知らずに、あるいは知っていて北朝鮮などを地上の楽園と思っていたものたちによってなされた運動が60年安保であったといえるでしょう

現在でも北朝鮮や中国に傾倒するものの扇動によって為されているのが、平和運動を偽装した安保反対運動となっています

当時の60年安保時代に、反対運動を押し切って進めたのが岸信介総理大臣であり、現総理大臣の安倍晋三氏の祖父になります

祖父の岸氏が安保闘争の中で信念を貫いて条約を進めたことによって日本の現在の平和と繁栄があります

そして岸さんの孫に当たる安倍総理の時に、また同じ問題が出てきており、その判断が注目されるところとなっています

このように時代を越えて同じ現象が出てきたのは偶然ではなく、かつての安保闘争のような過ちを繰り返さないことを課題として出されているのだと言えます


関連記事


•大震災の発生と日本の神々のお考え
•神の声を聴かぬ民と偽預言者
•安保法案の是非
•百田尚樹さん前世
•自民党の安倍晋三総裁の前世
•中国暴走の序章
•豪雨の霊的意味と中国でバブル崩壊の危機
posted by megamiyama at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

「今という時代は、一なるものが現れている時代だ。」


これも、アモ〜レさんの言葉です。

今年の七夕の夕方(7月7日(ヨル)7時!)埼玉・東京近郊に住む方は、是非「埼玉アリーナ」に行って、歴史のターニングポイントに立ち会ってくださいませ。(関西だけど、出来たら行きたいな〜)

と思ってしまった記事です。

こうやって「目ある者は見よ!耳ある者は聞け!そして、自分の口で語れ!」と号令が鳴り響いているのが、おわかりでしょうか?

いつの時代も人類は、恐怖で縛りつけておこうとする抑圧者が権力を握り、あらゆる手段を使って人類の結束は阻まれてきましたが、「世界支配」を目論む者が目指すは「他者を抑圧し、権力を振るう自由」。一方、人類が目指すべきは「あらゆる束縛からの解放(覚醒・悟り)と自由(智慧・進歩)」
この“真逆の自由”の区別さえつけば、救世主を独裁者と思い、独裁者を救世主と勘違いする過ちは犯さないで済むのではないでしょうか?

本来「一なる世界」なら、脅しや暴力を使う必要はないですが、脅す者、暴力を振るう者、他者の自由を脅かす者が居る限り、「一なる世界」を守る為の闘いは無くならないと思います。
守るための闘いを、暴力だ、危険だと行って非難するのは、ひきょう者でしょう。

先日「正義の原理」を説き、来る7月7日には「人類史の大転換」を説こうという方が、今日本に生きて声を発しているということ自体が奇跡ですが、少なくとも“現代の救世主たらん”と志す方が住まわれているというのに、「東京」程、救世主と救世主が創った団体に冷たく無関心な街はないと思われます。
かつて、重い十字架を背負って処刑台の丘まで歩いたイエスに群がって、嘲笑い、つばを吐きつけ、石を投げた民衆がそのまま、現代の東京に生まれ変わってでもいるのでしょうか?
日本がかつてのユダヤのように滅びてよいワケがありません。

神の逆鱗に触れる前に、今東京および関東に住んでいる意味をこの際、かみしめて頂きたいものです。

本当は“一なる世界”なのですから、国の興亡も、宗教のあり方も、天変地異も、一人ひとりの思いと繋がっているということにいい加減目覚めないと、罰があたる!と思います(コレってお脅しだわね)


http://ameblo.jp/oramorre/

2015年7月7日は、人類史のターニングポイント


世界各国の人々.jpg



全国のアミ〜ゴの皆様、ようこそ大川隆法ネット後援会へ。(^O^)/

2012年に幸福の科学は、「神秘の法 The Mystical Laws」というアニメ映画を世界同時公開しました。http://blog.goo.ne.jp/rokochifukyosho/e/4f4965755f56b20aab62af61c9d8f58c

映画神秘の法は、ヒューストン国際映画祭で、最高賞スペシャル・ジュリー・アワード(REMI SPECIAL JURY AWARD)を受賞しますが、それに先立ち、全米アカデミー日本代表として、スタジオジブリ作品とともに、決勝選考会にまで残りました。

その全米アカデミー選考の上映会の後、映画作品を見たアメリカの記者から、こういう感想があったそうです。
映画神秘の法.jpg



記者A 

「私はユダヤ人だが、ハッピーサイエンス(幸福の科学)のこの作品は、実にユダヤ教の本質を理解している。」


記者B 

「私はクリスチャンだが、この作品がキリスト教精神を、現代的に表現したものとして評価している。」


幸福の科学の映画作品を見たユダヤ人は、そこに現代的なユダヤ教を見、キリスト教徒は、新時代のキリスト教精神を見る。

不思議ですね。

しかしこのような事例が今、世界中のあちらこちらで起こっているのです。

つまり、イスラム教徒から見た幸福の科学は、現代的なイスラム教として、そして仏教徒から見れば、それは新時代の仏教に見えるということです。

これはどういうことでしょうか?

画像 夜明け.jpg



それが意味するものは、「真理はひとつだ」 ということだと思うのです。

同じ太陽を見ても、北極と赤道直下では、イメージは違って見えて当然です。

しかし、太陽はひとつですよね。

また、同じ太陽であっても、ある人はその「明るさ」を。

ある人は、その「暖かさ」を。

またある人は、その「有用性」を・・・というように、表現形態や訴えるポイントは違って良いはずです。

アモ〜レはそういうことが、世界の宗教の歴史で、絶対に起こっていたはずだと思うのです。

神仏を訴える側はまだしも、訴えを聞く側に認識の限界はあるし、認識の時代的限界はあったはずだからです。

アリーナsaitama.jpg

            さいたまスーパーアリーナ

アモ〜レがお伝えしたいのは、今という時代が、「その、一なるものが現れている時代だ。」ということです。

そしてその、「一なるもの」は、今世界中の人々にその本心を、セキララに訴え続けているということです。

大いなる慈悲と、救世の情熱と、時代精神としての責任感のもとに。

「神仏という光源はひとつ」ということが証明できれば、人々は、民族や肌の色の違いを超えることができ、地球規模で「人類」という概念を、やっと持つことができるからです。

受賞トロフィー.jpg

 ヒューストン国際映画祭最高賞、スペシャル・ジュリー・アワード受賞トロフィー


7月7日は、大川隆法幸福の科学グループ総裁の誕生日です。

幸福の科学では毎年7月に、御生誕祭を開催し、世界約3500ヶ所で、同時中継されます。

演題や社会情勢を鑑みるに、おそらく歴史のターニングポイントとなる説法が展開されるはずです。

後世の日本人は、戦後を終わりを、2015年7月7日と評するかも知れません。

それが戦後70周年の今年の夏、その歯車が、勢い欲回し始めるはずです。

日本が戦後を終わらせることが、世界の福音だからです。

多くの方に歴史の分岐点を体験していただき、そして新たな世界精神の獅子吼を、魂で受け止めていただければ、これに勝る幸福はありません。


それでは、またのお越しをー。(^O^)/
posted by megamiyama at 10:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

「2015年、日本女性の直観力によって世の建て直しが始まる!」(日下公人)

http://earth.kurasu.biz/index.php?QBlog-20150117-1
スピリチュアル総合情報サイト【弥栄-イヤサカの会】-Mind and soul laboratory 


スサノヲの予感。「2015年、日本女性の直観力によって世の建て直しが始まる!」(日下公人)

今回は日下公人氏の著書と講演内容から抜粋して、2015年はどんな年になるかという話をまとめてみたいと思います。
日下公人氏は安倍首相とも接点があり、今の安倍さんの政策決定のプロセスにも少なからず影響を与えた人物ではないかと考えられます。
多くの評論家が現状分析に終始し、聞いていて暗く落ち込んでしまうような話をするのに対して、日下氏の話は、私たちが将来に希望を持てるような明るい見通しを語ってくれることが大きな違いです。
bookkusaka20150日下氏の「新しい日本人」.png

日下公人
日下氏による予測の内容を一言で形容すると、2015年は破壊と創造が本格的に始まる年ということになりそうです。

これまで日本社会を堕落させてきたものは、肩書きと固定給をもらって何もしなくても定年まで生活が安泰するような仕事のシステムでした。その最たるものが官僚制度です。
しかし、これからは、自分で考えて、自分が面白いと思って手ごたえを感じることをやる。もし手ごたえが無かったら、リスクを恐れずにまた移ってチャレンジするタイプの「新しい日本人」がどんどん出てきます。

日下氏は、そのような「新しい日本人」の第1号が安倍首相だと言います。
「アベノミクスの第3の矢が無いとみんなが騒いでいるが、何をやったら会社が成長するのかを民間人がなぜ安倍さんに聞くのか 経産省から来た秘書官たちにそんなシナリオを描けるはずがないじゃないか。成長戦略は民間が自分で考えるべきことだ。しかし民間が自発的に何かをやろうとすると役所がいらんことを言うから、アベノミクスの第3の矢として役所退治を準備しているのだ。」と言い切ります。

また、安倍さんはこの1年半の間に50回も外国へ行っています。一部のマスコミによって公費の無駄遣いだと叩かれていますが、実はこれが第4、第5の矢の布石なのです。
では、彼は外国へ行って何をしてきたのか? 現地の人々の前でまず英語でスピーチし、墓参りをして、ご婦人や若い女性たちに声掛けをしてきたのです。それが成功して、世界の50カ国は親日国になりました。
こういうことを日本のマスコミは全く報道しません。



これまでアメリカが邪魔をしてうまくいっていなかったAPEC(アジア太平洋経済協力)の総会が、昨年、北京で開催されるようになったのはその成果でした。
議長は習近平氏。中国はここで安倍さんを見下してやろうと思っていました。アメリカにも日本と中国が仲良くなっては困るという思惑がありました。習近平氏はオバマ大統領を9時間も足止めにして、二人だけで仲良く話をして、日本をコケにしたつもりでした。
図安倍首相と周近平握手の.jpg


ところが、その間に、安倍さんはAPECに集まって来たアジアの代表たちとしっかりと親睦を深め、最後には全員が安倍さんの周りに集まってしまい、北京で習近平氏が孤立するという結末に至ったのです。
ここは日本でも報道されましたが、習近平氏は、テレビに写った時に安倍さんを見下すような態度を取りました。その映像が世界に流されて中国は恥を書いたのです。結果として北京で開催されたAPECは、日本外交の大成功でした。
このような経緯についても日本のマスコミは全く報道しません。

外交を役人に任せていたら日本は良くならない事を知っている安倍さんは、役人の言う事はただ頷くだけでいつも聞き流しておいて、自分が一番良いと思うことをどんどん進めています。
役人は自分たちが首相に無視されていることをマスコミに気づかれないようにうまく立ち振る舞っています。そしてマスコミ(特にNHKと朝日)は徹底的に安倍さんのバッシングを行いました。
ところが、マスコミが揃って安倍さんを軍国主義者でスサノオのような乱暴者だとして悪いイメージをプロパガンダしたにも関わらず支持率は下がらず、昨年暮れの選挙でまた勝ちました。
innernetンインナーネットの図.png

インナーネット
日下氏は、このような現象が起きた原因は、ひとつはマスコミ報道とは別系列のネットの世界が誕生したこと、もうひとつは日本人女性の直観力だと言います。
日本の女性は無口だけれども、見ているだけで人を理解できる能力が世界で最も優れており、そのような女性たちの支持票がアベノミクスを成功に導いていると言います。


では、アベノミクスによって、これから何が起こるか?

日下氏は、2015年からは、今までの日本で完成されていたもの、信用されていたものがバタバタと倒れると言います。例えば、最高裁判所だって、東京大学だって、日本銀行だって危ないと言います。

そして世界の動きとしては、グローバリズム(国際金融資本)の衰退によってローカリズムの動きが起こり、世界中に新しい独立国がたくさん誕生する。そして、それらの独立国がそれそれ自分たち独自の文化を創ろうとします。
その時に、彼らが模範にする国は、もはや貧乏国になり衰退してしまった欧米ではなく、中国でもなく、日本であると言います。
日本が良い国であることを認めていないのは、もはやアメリカ、中国、韓国、北朝鮮の4カ国ぐらいであり、その他の世界の国々は皆日本のようになりたいと思っている時代がすでに来ていると日下氏は語ります。

susanowo2014すさのおの予感.png


日下氏の予測が正しいかどうかは、今はまだ判りません。
しかし、世の中の反転が始まる時期と言われたのが2012年の暮れでしたが、そのタイミングで登場したのが第二次安倍内閣でした。
希望的観測を含めてですが、私は、安倍内閣の復活が、記紀の中で乱暴狼藉者という冤罪を着せられたスサノオの到来であったことを信じたいと思います。
だとすれば、そのスサノオを到来させた力が、日下氏の言葉を借りれば日本女性の直観のネットワーク(インナーネット)であったということになります。

スサノオの本当の働きは、既存のものを壊して事態を反転させ、再構築して人々を危機から脱出させることです。
そして日本神話のストーリーには、スサノオは自分が生まれた時すでにあの世へ旅立ってしまっていた母・イザナミに会うために黄泉の国を訪ねていくというシーンがあります。
スサノオにとって、自分が自分であるために母と会うことが必要だったのです。現代のイザナミに該当するのが日本の女性たちです。


さて、ここで女性性と男性性についての新しい定義が生まれてきます。

それは、男性たちがやっていることが正しいかどうかを直観的に評価するのが女性。そういう女性たちに支持されることによって行動して成果を出すのが男性であるということです。
女性性だけでは精神世界だけになってしまいますので、男性性の実行力がうまく融合することによって現実世界が本当の意味で進化していくのです。

ただし、現代の日本女性たちの中には、女性脳を封印して男性脳を発揮してしまっているケースもあります。
結果だけを求められてしまう現代社会では、女性たちの本心の声が面倒くさいことのように受け取られてしまう傾向が強いことが、女性たちを男性化させる原因になっているのではないかと思います。

ややもすると男性たちには目的のために手段を選ばないという側面があります。それが西洋的な資本主義を生み出し、白人たちがアジアやアフリカへ行って現地の人々に対して搾取や虐殺を繰り返してきたという歴史があります。
しかし、古来の日本人は男性でも女性脳を持っていたので、「和を以て貴しとなす」という意識を基本とした独自の精神文化を持っていて、物事のプロセスを大切にしてきました。そのような日本社会が、もうすぐ取り戻されていくことでしょう。

日下氏は、教養があると言えるのは、ストーリーを組み立てられる人だと言います。そして、どんなストーリーに喜びを感じられるかが重要だと言います。
そういうストーリーを組み立てることが得意なのは男性よりも女性、官僚よりも民間人、学者よりもアーティストではないかと思います。

これから世の中が良くなっていくためには、政治活動や庶民による社会運動が行われていくプロセスにおいて女性脳のフォローが必須なのではないかと私は考えます。
まもなく世界が日本に憧れ、日本を目指してやって来るときに、私たちは高い精神性を伴った日本人に戻って彼らを迎える必要があります。

そのためのトレーニングの場としても、''ひつじ年の意味でもある「和」の精神を大切にする人たちのネットワークを創りたいと思います。'


「クリエーションネット 」- 戦うことよりも融和することが出来る道を目指すグループ
  ↓  ↓  ↓
http://www.yaei-sakura.net/index.php?community


新しい世の中をアートしていく人たちの集まりです。
女性の皆様の参画を特に歓迎いたします。

(やしろたかひろ)
posted by megamiyama at 14:28| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする