2016年08月24日

事の重大さ

また、記事の更新が遅くなってしまいました
先ずは昨日、お仲間ブログの方に書いた記事がコチラ⇒
http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/38151123a0f473a43c2bc2264968ea82
「日本に台風が迫る中、ブラジルオリンピック、感動のフィナーレ!リオ閉会式は浄化の雨!?」で、「In Deep」のokaさんの記事、『ノアの日 : 急激に数と規模を増す現実の洪水の渦中で、紀元前2000年の中国で「水位38メートル」の黙示録的な超巨大洪水があったことが明らかに。そして今、世界はそこに近づいている?』(http://indeep.jp/biblical-flood-in-ancient-china-and-we-are-going-to-noah-day/)を紹介しました。(画像が多い記事は、此方には貼りにくいので、つい「光の進軍 光よ通え」になってしまいます。)

折しも、北海道に立て続けに台風が遅い、大きな被害が出ています。
九州・四国の南に停滞している低気圧が動くと、また北上する可能性があるそうです。
まさに、「これでもか!」の台風の追い討ちです。

何故「今北海道なのか!?」はわかりませんが、今まで滅多になかったことだけは確かです。

滅多にないことが起こるときは、何かの警鐘であると考えた方が良いでしょう。

今年2016年は、年初から「大転換が起こる年」と云われてましたが、人間のこころがけが悪ければ、未曾有の大災害の年となる可能性が大です。

「日本に起こることは世界に起こり、世界に起こることは日本にも起こる。」というのが本当なら、そろそろ”コトの重大さ”に気づいて、「一国平和主義で他国の災難には知らんぷり」では済まないことにも気づかないと間に合わないですね。

リオ・オリンピックで高らかに謳われたように、「世界は一つ」!
国ごとに争い、個人個人を敵・味方に分けしのぎを削るのは、各種各界の”オリンピック”だけで十分!
余計な争いをしたり、その争いを対岸の火事とタカをくくって見ているヒマなどないことに、そろそろ気づいても良い頃でしょう。

というわけで
「木花咲耶姫様の御神示・神様の警鐘by天杵万乃(あまきまの) 」のブログ
転載させて頂きます。

http://konohanasakuya.blog.jp/archives/9760690.html
事の重大さ


これまで、日本に起こりし現象、他国にも起こることを神は伝え続けん。
大洪水に見舞われたる国々あらば近きに日本にも起こると心得るべけれ。
その逆もありなん。
何故にといわば、世界は一つなればなり。
さらに日本は世界の縮図なり。
神は火、風、水の現象の本格化を熊本地震のその前に告げられたり。
事の重大さを皆悟りおるや。
人はその事実を重きに受け止め、いかにせば大難を小難にできるやを考えねばならぬものなり。

posted by megamiyama at 11:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・震災・天変地異 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック