2016年05月30日

「ルーズベルトニ与フル書」

知りませんでした!
硫黄島の戦いに散った日本人中将がルーズベルトにあてて手紙を書いていたこと。
そして、その手紙を日本兵士の遺体に見つけ、持ち帰った(ルーズベルトが読んだかどうか定かではありませんが…)米軍兵士たちにも深い感銘を与え、今もアメリカ海軍兵学校内に大切に保管されているということ。

このこと(石丸利之介(りのすけ)中将の「ルーズベルトニ与フル書」とそれを読んだアメリカ軍人に感銘を与え、軍の施設に大切に保管されていること!)一つだけでも、今学校で教えることができたら、戦後の自虐史観など木端微塵に吹っ飛び、たちどころに日本人の誇りがよみがえるのではないいかと思われます。

それくらい見事な”大和魂の発露と真実(ルーズベルトの凡人性とその罪)を見抜く洞察力”に満ち溢れた手紙です。

杉浦千畝氏のユダヤ人救出のビザ発行にしろ、トルコ人が親日の訳(エリトリア号の遭難者の救出に、村民総出であたったこと)にしろ、最近になって”日本人の偉業”がにわかに知られるようになりましたが、日本人が海外でこんなにも尊敬されているという事実を、まだまだ私達は知らなすぎるのではないでしょうか?

国内外で、知る人ぞ知る「真実」が日本に関しては多すぎます(日本人が「真実」を知ると都合が悪い国や人々がまだまだ居る!ということですね。)が、遅まきながら、やっと封印が解けてきました!(というか、自縄自縛の封印を解くことこそ、お国の為に死んでいった英霊に対するせめてもの恩返しであり、戦後の日本人の最低限のツトメ!)

(真実というものは)見れば、ワカル!
聞けば、ワカル!

”ワカラン人”にこそ、知ってもらいたい話です。

日本を「悪魔の帝国」と憎み、徹底的な壊滅作戦を断行したアメリカ大統領ルーズベルトと、そのルーズベルトに宛てて「恒久平和の世界の実現を訴えた」手紙の主との”魂の境涯”の差は、誰が見ても(ルーズベルト以外…?)歴然としてますから!


https://www.youtube.com/watch?v=kn7jx4qgsnQ




2015/05/29 に公開


硫黄島で戦死された石丸利之介(りのすけ)中将がルーズベルト大統領に宛てた手紙を紹-介します。
市丸中将が、最後の突撃攻撃を行って散華されたのは、3月26日です。
その9日前の3月17日、中将は、地下20メートルの洞穴に、動けるものを全員集めま-した。

そして副官である間瀬中佐が、一歩前に出て、「ルーズベルトニ与フル書」を読み上げま-した。

朗読が済むと、この書の和文のほうを通信将校の村上大尉が腹に巻きつけ、
英文のものは航戦参謀の赤田中佐が身に付けました。

そして市丸中将は、栗林中将とともに、軍服にある一切の肩章を外し、ひとりの皇国臣民-として、最後の突撃を行い、散華されています。

「ルーズベルトに与うる書」は、米海兵隊員の手で二人の遺体から発見されました。

市丸中将は、自らの死を目前として、たとえ硫黄島が奪われ、我が身が土に還ったとして-も、人が人として生きることの大切さをこの「書」にしたためることで、死して尚、日本-の描いた壮大な理想、悠久の大義のために戦い続けようとしたのではないでしょうか。

この「書」は、米国内の様々なメディアで紹介され、「書」に書かれた理想は、形を変え-て米国の理想となり、いまや世界の人類の常識とまでなっているのです。
そして、この書は、アメリカ海軍兵学校内アナポリス博物館に今でも大切に保管されてい-ます。


「戦後70周年に向けて 正しい歴史に学ぶ すばらしい国 日本」ダイジェスト版
https://youtu.be/-usWnzcFUhw

「奇跡の将軍・樋口季一郎」
https://youtu.be/4caq5e_toz8

「ユダヤ人の記憶に生きる日本人 杉原千畝」
https://youtu.be/m5_q1i5ntTY
posted by megamiyama at 00:15| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック