2016年05月29日

独裁国家に核を使わせないことこそ、核廃絶の道

日本への原爆投下を決定し、そもそも共産主義者が書いたといわれるハル・ノートで日本に最後通牒を突きつけた、時の大統領ルーズベルトこそ、最悪の独裁者だったのだといいたいところですが、アメリカにとってルーズベルト批判は、日本人の皇室批判と同じくらいタブーらしい。(大統領就任直後にノーベル平和賞をもらった初の黒人大統領オバマさんでさえ、「核廃絶」の為に避けることができない、肝心要の「人類初の原爆投下(ルーズベルト・トルーマン!)の罪」には、一言も触れることはできませんでした。)

これが「現実(世界)」です。

原爆投下の罪(そもそも日本を「悪魔の国」と勘違いし、原爆はもちろん、無差別に民間人を殺した罪!)を認めてしまえば、戦後の連合国側の「正義」は根底から崩れてしまうので、アメリカは何があっても日本に謝ることができません。(やれ「従軍慰安婦」だの、「南京大虐殺」だの濡れ衣を着せられて、「謝れ!」と言われたら、即、国をあげて謝ってきた日本とは大違い!ある意味、立派デスが、こころにもない謝罪を繰り返す日本同様、やはりウソでごまかす国が尊敬される訳ありません。…)

自らは占領の憂き目を負ってまで、アジアを欧米の植民地支配から抜け出させた日本の立場にも「正義」があったことを認めないまま、今の世界に至ったことを、そろそろ日本は「異議申し立て」をしてもよいのじゃないでしょうか?

今の日本国民にも、アメリカ国民にも罪はありませんが、間違った歴史認識をただす責任だけは、双方にあるのではないかと思います。

目指すは、世界の安定と秩序の回復!つまり「平和共存」こそ、すべての人類の望みなのですから、誰がどこで間違ったのか、国際法に照らして検証されるべきです。
ヒットラーのユダヤ人虐殺に勝るとも劣らない虐殺をもくろんだルーズベルトが、断罪されない限り世界が「正義」を取り戻すことは難しいでしょう。

すべての国、すべての国民が、核の犠牲者にならずに共存できる世界を目指すべき時が、戦後70年経ってやっと、来ました!
そのために、「日本」が本気にならずに、どこが本気で核戦争を阻止できるというのでしょう。

”口だけオバマさん”に拍手喝采してるだけじゃ、日本人、オワッテます。

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11411
リバテイの記事転載します。


2016.05.27

オバマ大統領 広島へ歴史的な訪問   日米で中国・北朝鮮に「核を使わせない」ための協力を

11411_l.jpg

Francesco Dazzi / Shutterstock.com



オバマ米大統領は27日、現職のアメリカ大統領として初めて、被爆地・広島を訪問した。

安倍首相とともに、原爆慰霊碑に献花したオバマ大統領は、「罪のない人たちが犠牲になった世界大戦の歴史を真っ向から見据えなければいけない」として、「核のない世界を目指す」という趣旨のスピーチを行った。第二次世界大戦末期にアメリカが原爆を投下した広島や長崎をはじめ、戦争で亡くなったすべての犠牲者を追悼した。


現職の大統領が被爆地の広島に訪問し、被爆者と握手して直接会話する機会を持つことは、歴史的な出来事だといえる。


ただ、オバマ大統領のスピーチには、明確に日本に対して謝罪をする発言はなかった。明らかに、原爆投下は人類史上最悪の「人道に対する罪」であり、戦後70年が経った今、アメリカはその罪を正面から認め、反省する必要があるのではないか。


原爆投下は必要だったのか

当時の状況をよく知るアメリカ人の中に「原爆投下は必要なかった」と断言する人がいる。


日本への原子爆弾投下を批判したリーヒ海軍大将は、非戦闘員を犠牲にすることをよしとしない軍人の立場から、回顧録で次のように述べている。

「広島、長崎に対する残忍な兵器使用は対日戦で何ら重要な助けにもならなかった。日本はすでに打ちのめされており、降伏寸前だった。(中略)女、子供を殺すようでは戦争に勝利したとは言えない!」

また、のちに大統領となったアイゼンハワー陸軍大将も、「原爆投下は全く不必要との認識だった」と述べている。

にもかかわらず、当時のトルーマン政権はなぜ、原爆を投下したのか。そこには、アメリカが原爆の威力を示すことで、ソ連をけん制するという外交目的があったといわれている。また、ドイツなどの西洋諸国ではなく、日本に原爆が落とされたことには、白人優位主義の、人種差別的な思想もあったとみられる。


アメリカ国内では、まだ「原爆投下が戦争を終わらせた」と正当化する世論が強い。しかし、唯一の核兵器使用国であるアメリカが、戦後何年たっても原爆投下を正当化し続けたことによって、中国や北朝鮮などの独裁国家が、核開発を押し進める口実を与えたともいえる。


遠のいた日本の核武装の可能性


大川隆法・幸福の科学総裁は5月11日、大阪府・大阪城ホールにて「信仰と繁栄」と題した講演を行い、オバマ氏の広島訪問について、次のように述べていた。

「私も、世界から核がなくなったら平和になるので、ぜひともそうなってほしいと心から願っています。しかし、オバマ氏が広島に行き、『核兵器を世界から廃絶しよう』と述べ、日米がそれを誓い合ったら、『日本は、核武装が絶対にできないようにしましょう』、『アメリカの核の傘は、今後なくなります』ということを、世界に発信することになるはずです」

「今の中国・北朝鮮という、核の装備を強大化している国にとっては、逆にアメリカが決定的に衰退、あるいは孤立主義の方へ向かおうとしているというシグナルに映るはずです」

世界で唯一の被爆国である日本にとって、「核のない世界」は理想だ。しかし現実に、日本の周辺には、アジアに覇権を広げようと目論む中国や北朝鮮が核兵器を持ち、日本を含む他の国を威嚇している。こうした「核のない世界」に賛同しない、話の通じない国に対してこそ、核兵力の軍縮を求める必要があるのではないか。


日米で核を「使わせない」ための協力を

日本は戦後、原爆投下の荒廃の中から立ち直り、現在の平和と繁栄を手に入れた。この平和と繁栄を守るためにも、いざというときには日本がアメリカの核兵器を使えるようにする「核シェアリング」などを進め、抑止力として日本も核装備を持つことが必要だ。


今こそ、日米が力を合わせ、核を保有する独裁国家に「核を使わせない」ことを徹底するべきだ。その先に、真の「核のない世界」への道が開ける。

(小林真由美)



【関連書籍】

幸福の科学出版 『正義の法』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1591



幸福の科学出版 『現代の正義論』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1630



【関連記事】

2016年5月26日付本欄 オバマ氏広島訪問でジワリ高まる「軍縮論」 軍縮は戦争を誘発した過去も

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11406



2016年5月14日付本欄 オバマ大統領は広島で謝罪すべき? 中国・北朝鮮に核を使わせない「抑止力」を

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11325



2016年4月号 中国・北朝鮮に核兵器を使わせないために - 日本も核装備を

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10974
posted by megamiyama at 12:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 集団的自衛権、国防、安全保障問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438392420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック