2016年05月19日

STAP細胞、やっぱりあった!?

ご無沙汰です!

お仲間ブログ「光の進軍」には、少し書いたりしてました(「『JCU(日本保守連合) 』 を立ち上げた産経BZの編集長と饗庭直道氏」http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/44de210b078349a2e7229142f909e283)が、自分のブログは満を持して再開‥などと思っているうちに出遅れてしまいました。(gooブログ「光の進軍」の方は写真などそのまま貼れるのでついそっちに書いてしまう癖が
激動の今年、日本の運命を握る衆院選を控え、遅ればせながら心機一転(やっとパソコンリニューアル出来!)頑張らなくっちゃ!と思ってますので、開店休業中にも立ち寄ってくださっていた皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ところで最近、気になるニュースの一つに「海外でSTAP現象が確認された」というのがありました。

小保方さんを信じ応援してきた当ブログとしては、ついにこの日が来た!とうれしい気持ち半分、世界に先駆けてSTAP現象を発見したのは日本の小保方チームだったのに、よってたかって論文を取り下げさせ、あろうことか小保方氏の博士号まで剥奪し彼女の科学者生命を奪った日本の学会のレベルの低さが世界に証明されたに等しく、とんだ笑いものになってしまったという悔しさ半分、どっちにしても日本にとっては残念なニュース‥!障害(あるいは殺人)事件で犯人に有罪判決が出ても、素直に喜べない被害者の身内のような気分です。

「STAP細胞はやはりあった!」のですから、罪を犯した(間違っていた)のは理研や若山教授の方であることが確定したのは良かったけれど、小保方氏の傷ついた名誉や奪われた博士号が取り戻されることはあるのでしょうか?

本来なら、一刻も早く小保方さんをはじめとする日本の研究者達に、STAP細胞研究を再開してもらうことが、日本の国益に適うことですが、それをすると立場がなくなる抵抗勢力が多すぎる!?せいで、日本では難しいかも知れません。(‥とあきらめるのが、日本人の悪い癖‥)

小保方さんを追廻し、犯罪者扱いしたマスコミも同罪なので、彼らを非難する資格がないのを自覚して黙っています。

こんな日本でよいのでしょうか?日本に正義はないのでしょうか?
のちの世に「それでもSTAP細胞はあります!」と言ったのは、小保方という日本の若い研究者だったと語り継がれるだけに終わるのでしょうか?

ガリレオの生まれ変わりだと「幸福の科学」で認定された小保方さんですが、人類が歴史を繰り返すだけに終わってよいなら、進歩ないやん!
日本人、アホみたいやん!
と思わずにはいられません。

他人事じゃない!ですね。

頑張ろう、日本!!!

【朗報】オッボちゃん!ワイは信じてたで! ドイツ研究チームがSTAP再現に成功

http://blog.livedoor.jp/ksmworld/archives/1057337337.html


http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/8450783.html

5・18obokata  .jpg



引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1463177369/

2016/05/14(土) 07:09:29.42 ID:sq3wK9rG0.net

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…
責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

5月14日(土)6時1分配信

今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。

論文タイトルは『修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する』である。
海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を行ったということで話題となっている。
以下に同論文の概要を紹介する。
e4e6d730.jpg


一番の発見は、このような瀕死のストレス条件では、Acute T-cell leukemia(ヒト急性T細胞白血病)の細胞株である JurkatT細胞が、万能性を獲得するか、もしくは死ぬかの間で揺らいでいることである。

何がそれを左右するのかを探るのが今後の課題だ>

 わかりやすく解説すると、以下のようになる。

<小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた。

同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した。それと同時に細胞が死んでしまう現象も確認されたので、何が細胞の運命を分けているのかを探っていきたい>

●がん細胞の分野で研究の価値大

 今回の論文で多能性を確認したAP染色陽性細胞は、小保方氏らのSTAP論文でも発現が確認されている多能性マーカーのひとつである。細胞が酸性ストレスによって多能性を示すという反応は、まさに小保方氏が発見したSTAP現象そのものだ。


世界的に活躍する国際ジャーナリストで、自身もニューヨーク医科大学で基礎医学を学び医療問題に関するリポートも多い大野和基氏は、同論文を次のように評価している。

「STAP現象の論文は撤回されたが、少なくともがん細胞の分野ではまだまだ研究の価値がある、ということだ。細胞の多能性に対する酸性 pH の効果は、がん生物学(がん幹細胞も含む)の分野では、注目されるトピックであり、STAP細胞が、がん細胞ではできた可能性があることを、このハイデルベルク大学の論文は示している。

 また、この研究者らの実験では、小保方氏が確認した多能性を示すOCT4の発現を変えることができなかったようだが、異なる結果として、De Los Angelesほかが、STAPプロトコルのような、強いストレスでOCT4の発現が増加した例を紹介している。

 ともあれ、『ネイチャー』のSTAP論文撤回後、海外の大学、しかもハイデルベルク大学においてSTAP現象を確認する実験が行われたことは注目すべきことである」

 がん細胞の一種であるJurkatT細胞に対して、小保方氏が行った方法ではうまくいかなかった理由について、ある生物学の専門家は次のように分かりやすく説明してくれた。

「細胞の種類によってストレス反応に違いがあることも一因と考えられます。小保方氏はがん細胞以外の細胞を使っていたため、ストレスをかけるpHの違いが出ても不思議ではありません。

 また、培養系の実験では、緩衝材の違いはもちろん、試薬のロット(製造日)差によっても結果が違ってくるというのは周知の事実ですし、シャーレのメーカーによっても結果に違いが出ることがあるほどです。

それほど微妙な調整が必要な世界であり、プロトコル(手順)通りにやっても同じ結果が得られないことは普通です。

 ハイデルベルク大学の研究グループは試行錯誤の結果、独自にSTAP現象を確認する方法を見いだされたのではないでしょうか」

 日本国内では、マスコミによる異常な偏向報道によって、完全に葬り去られたように印象づけられたSTAP現象だが、そのような先入観もない海外の大学によって再現実験が試みられた事実は大きい。

●日本の専門家たちの間違い

 一部の専門家は、小保方氏がSTAP細胞のレシピ(詳細な作製手順)を公表する

サイト「STAP HOPE PAGE」を開設した際にも、「STAPを今さら研究する研究者は世界にどこにもいない」

と批判していたが、それが完全な間違いであったことが証明された。


 ネイチャーのSTAP論文が撤回された理由は、小保方氏が発見した「STAP現象」の否定ではなかったことは前回記事で述べた通りである。

 小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論に同調し、常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした理研や早稲田大学と比べ、真摯に生物学的現象を追究するハイデルベルク大学のニュートラルな姿勢は、科学に向き合う本来のあり方を教えてくれる。

 ハイデルベルク大学が発表した今回の論文によって、STAP現象に対する世界的な関心が再び高まっていくかもしれない。



(文=大宅健一郎/ジャーナリスト)

リンク記事
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci


posted by megamiyama at 04:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック