2015年06月30日

歴史観の立て直しの時は今! 

遅ればせながら、お友達との共同ブログ「光の新軍 光よ通え」に書いた記事、転載します。

1500年以上の昔に、宗教紛争を克服し、思想信条の自由を手に入れていた日本

2015-07-01 07:03:19 | megamiyama

アモ~レさんの「日本人の歴史観の立て直し」作戦は続きます!

日本がとっくの昔に獲得した思想・信条の自由。 世界はまだこれが確立されていないだけ!?でした〜。

アモ〜レさんの「歴史観」の強みは、日本の歴史の見直しが、即、今現在の世界の問題に直結し、「今、何が問題なのか」「今、何が求められているのか?」が俄然はっきり見えてくることです。

「日本の歴史ってすごい!」ということに、否応なく気づかされると同時に、日本がどういう役割を果たすべきかということにも、否応なく気づかされます。

戦後、占領政策によって骨抜きにされたものの、一神教の洗脳にも、共産主義的唯物論の洗脳にもなんとか持ちこたえて、今なお日本人の根っこにある大和魂が滅びずにある(震災被災時に発揮される庶民の思いやりの精神は世界を感動させました)のも、長い間培ってきた神仏習合の寛容で柔軟な宗教的世界観のおかげかと思います。

アモ〜レさんの歴史観に触れると、見失いかけているとは言え、大和民族の精神はそう簡単に滅びるようなヤワなものではない!という安心感が湧いてきます。


負けるな、日本、誇りを取り戻そう!


大川隆法ネット後援会(幸福実現友の会)

「世界よ、稚心を去れ!」と言える日本。

の記事はこちらから⇒http://ameblo.jp/oramorre/entry-12044697951.html
posted by megamiyama at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大川髢@ネット後援会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック