2015年05月27日

「今という時代は、一なるものが現れている時代だ。」


これも、アモ〜レさんの言葉です。

今年の七夕の夕方(7月7日(ヨル)7時!)埼玉・東京近郊に住む方は、是非「埼玉アリーナ」に行って、歴史のターニングポイントに立ち会ってくださいませ。(関西だけど、出来たら行きたいな〜)

と思ってしまった記事です。

こうやって「目ある者は見よ!耳ある者は聞け!そして、自分の口で語れ!」と号令が鳴り響いているのが、おわかりでしょうか?

いつの時代も人類は、恐怖で縛りつけておこうとする抑圧者が権力を握り、あらゆる手段を使って人類の結束は阻まれてきましたが、「世界支配」を目論む者が目指すは「他者を抑圧し、権力を振るう自由」。一方、人類が目指すべきは「あらゆる束縛からの解放(覚醒・悟り)と自由(智慧・進歩)」
この“真逆の自由”の区別さえつけば、救世主を独裁者と思い、独裁者を救世主と勘違いする過ちは犯さないで済むのではないでしょうか?

本来「一なる世界」なら、脅しや暴力を使う必要はないですが、脅す者、暴力を振るう者、他者の自由を脅かす者が居る限り、「一なる世界」を守る為の闘いは無くならないと思います。
守るための闘いを、暴力だ、危険だと行って非難するのは、ひきょう者でしょう。

先日「正義の原理」を説き、来る7月7日には「人類史の大転換」を説こうという方が、今日本に生きて声を発しているということ自体が奇跡ですが、少なくとも“現代の救世主たらん”と志す方が住まわれているというのに、「東京」程、救世主と救世主が創った団体に冷たく無関心な街はないと思われます。
かつて、重い十字架を背負って処刑台の丘まで歩いたイエスに群がって、嘲笑い、つばを吐きつけ、石を投げた民衆がそのまま、現代の東京に生まれ変わってでもいるのでしょうか?
日本がかつてのユダヤのように滅びてよいワケがありません。

神の逆鱗に触れる前に、今東京および関東に住んでいる意味をこの際、かみしめて頂きたいものです。

本当は“一なる世界”なのですから、国の興亡も、宗教のあり方も、天変地異も、一人ひとりの思いと繋がっているということにいい加減目覚めないと、罰があたる!と思います(コレってお脅しだわね)


http://ameblo.jp/oramorre/

2015年7月7日は、人類史のターニングポイント


世界各国の人々.jpg



全国のアミ〜ゴの皆様、ようこそ大川隆法ネット後援会へ。(^O^)/

2012年に幸福の科学は、「神秘の法 The Mystical Laws」というアニメ映画を世界同時公開しました。http://blog.goo.ne.jp/rokochifukyosho/e/4f4965755f56b20aab62af61c9d8f58c

映画神秘の法は、ヒューストン国際映画祭で、最高賞スペシャル・ジュリー・アワード(REMI SPECIAL JURY AWARD)を受賞しますが、それに先立ち、全米アカデミー日本代表として、スタジオジブリ作品とともに、決勝選考会にまで残りました。

その全米アカデミー選考の上映会の後、映画作品を見たアメリカの記者から、こういう感想があったそうです。
映画神秘の法.jpg



記者A 

「私はユダヤ人だが、ハッピーサイエンス(幸福の科学)のこの作品は、実にユダヤ教の本質を理解している。」


記者B 

「私はクリスチャンだが、この作品がキリスト教精神を、現代的に表現したものとして評価している。」


幸福の科学の映画作品を見たユダヤ人は、そこに現代的なユダヤ教を見、キリスト教徒は、新時代のキリスト教精神を見る。

不思議ですね。

しかしこのような事例が今、世界中のあちらこちらで起こっているのです。

つまり、イスラム教徒から見た幸福の科学は、現代的なイスラム教として、そして仏教徒から見れば、それは新時代の仏教に見えるということです。

これはどういうことでしょうか?

画像 夜明け.jpg



それが意味するものは、「真理はひとつだ」 ということだと思うのです。

同じ太陽を見ても、北極と赤道直下では、イメージは違って見えて当然です。

しかし、太陽はひとつですよね。

また、同じ太陽であっても、ある人はその「明るさ」を。

ある人は、その「暖かさ」を。

またある人は、その「有用性」を・・・というように、表現形態や訴えるポイントは違って良いはずです。

アモ〜レはそういうことが、世界の宗教の歴史で、絶対に起こっていたはずだと思うのです。

神仏を訴える側はまだしも、訴えを聞く側に認識の限界はあるし、認識の時代的限界はあったはずだからです。

アリーナsaitama.jpg

            さいたまスーパーアリーナ

アモ〜レがお伝えしたいのは、今という時代が、「その、一なるものが現れている時代だ。」ということです。

そしてその、「一なるもの」は、今世界中の人々にその本心を、セキララに訴え続けているということです。

大いなる慈悲と、救世の情熱と、時代精神としての責任感のもとに。

「神仏という光源はひとつ」ということが証明できれば、人々は、民族や肌の色の違いを超えることができ、地球規模で「人類」という概念を、やっと持つことができるからです。

受賞トロフィー.jpg

 ヒューストン国際映画祭最高賞、スペシャル・ジュリー・アワード受賞トロフィー


7月7日は、大川隆法幸福の科学グループ総裁の誕生日です。

幸福の科学では毎年7月に、御生誕祭を開催し、世界約3500ヶ所で、同時中継されます。

演題や社会情勢を鑑みるに、おそらく歴史のターニングポイントとなる説法が展開されるはずです。

後世の日本人は、戦後を終わりを、2015年7月7日と評するかも知れません。

それが戦後70周年の今年の夏、その歯車が、勢い欲回し始めるはずです。

日本が戦後を終わらせることが、世界の福音だからです。

多くの方に歴史の分岐点を体験していただき、そして新たな世界精神の獅子吼を、魂で受け止めていただければ、これに勝る幸福はありません。


それでは、またのお越しをー。(^O^)/
posted by megamiyama at 10:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック