2014年10月08日

今晩の夕食時、満月が赤くなる皆既月食!

今日は満月!しかも、皆既月食が起こります。

月食で月が消えるのではなく、赤くなるそうです。

ヨハネの黙示録には、確か「終末の日には、血のように赤い大きな満月が…」と書かれてあったのを思い出しますが、キリスト教の「聖書」の話ですから、日本の「地球暦」の創案者、杉山開智さんは、そんなことは気にもかけておられません。
台風一過の晴れ間が続く今晩は、めずらしい世紀の天体ショーを愛でながら、日本全国「お月見ディナー」が出来そうです。

日本人に「黙示録」など「関係無い!」で、無事にこの季節が“過ぎ越”せますように!

世界中、これ以上ひどい災害や紛争が起こりませんよう!

世界中の人が、今日の月を見上げて祈ればかなうと思います。

以下、「地球暦」の記事、転載させていただきます。



地球暦


2014/10/08 

【旧九月 / 晩秋】9th Full Moon / Flourishing Autumn
長月(ながつき)の「満月」皆既日食です。本日の19時51分です。
月との距離 : 36万4414km(平均38万4400km)
───────────────────────────────────

食始 18:14 / 皆既始 19:24 / 食最大 19:54 / 皆既終 20:24 / 食終 21:34

月との距離は平均よりも2万km近く、いつもよりも大きくて赤い月が見応えのある皆既月蝕をします。月食は太陽と地球と月が物理的に一線に並んだ瞬間を光と影が教えてくれる天文現象。潮の干満差もピークになります。

見やすい夕食時の時間帯ですので、お月見ディナーなども素敵ですね。

※満月は潮の満ち引きの干満差もピークです。夕方は満潮、深夜は干潮となり、最も満ちた潮が、数時間で最も引くことになります。
真夜中は異次元の感覚が味わえるかもしれませんね。秋の最後の月、夜長を楽しみながら(基本的な生活リズムも意識しつつ)、月のマジック感じてみてはいかがでしょう。



写真資料 : 倉敷科学センターより抜粋
_________________________
地球暦はオフィシャルサイトにて発売しております。
お申し込みは下記HPより
www.heliostera.com

posted by megamiyama at 12:40| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック