2014年10月02日

御嶽山噴火から生還した子連れ家族の手記が壮絶。

「理想国家日本の条件」で見つけた記事です。
投稿欄に
『この記事は当初フェイスブックの山好きグループのタイムラインに寄稿されたもので山好きグループは非公開です。大変貴重な内容で非公開にしておくのは勿体なく、多くの方に読んでもらいたい記事だと自分も感じましたが、こちらでの転載を皮切りにシエアが広がっている様です。』
というコメントがあり、「ご本人の許可は取っておられますか? 」と危惧されてましたが、完全な非公開なら咲く也さんが見つけることは出来なかったでしょうし、寄稿されたご本人も「生還者の実体験の報告」として書かれたに違いないと思われますので、こういう貴重な記録を公開して共有することに何の問題もないように思われます。
ということで、僭越ながらここにも貼らせて頂きます。

絶体絶命の危機に陥った時に何が生死をわけるのか、とっさの判断力や助け合う心がどんなに大切かということや「ひとの運」というものを、これほど痛感させてくれる手記はないでしょう。

“生還した子連れ家族の父”さん、本当に、貴重な手記を発表して下さって有り難うございます。

翻訳して、世界中に拡散したいくらいです。(どなたか英語が得意の方…HELP!)

御嶽山噴火から生還した子連れ家族の手記が壮絶。「本当に死を意識した。」

御嶽山生還  画像1.jpg


2014年10月01日 12時34分00秒

http://blog.esuteru.com/archives/7874091.html

2014.10.1 11:50

転載、させていただいた記事です



まだ鮮明に覚えているうちに、
自分用の記録として残しておこうと思います。
https://www.facebook.com/itsuya.sugiura/posts/633211843458893

御嶽山生還  画像2.jpg









一部抜粋

一日休みがとれそうだったので、紅葉の御嶽山を子供も連れて家族でのんびり登る為に、

金曜日の夜に王滝村、田の原駐車場に向かいました。

(甘いと言われれば返す言葉もありませんが、まさか噴火するなんて全く想像もしていなかった為、比較的登りやすい御嶽山を選びました。)

昼食をとりながら、山荘の方を見ていると、ちょうどトイレの真下にあたる部分に、何か入り口のようなものがあることに気付きました。

この時は(あの入り口は何だろう?)と思ったくらいで、特にそれ以上は考えてもいませんでした。

「バリバリバリ、ドカーン!!!!」ものすごい音が…カミナリか!?

と一瞬思い、その音がした地獄谷の方を見ると、目の前の谷から大きな噴煙が立ち上がりました。

えっ …… 噴火…???周りにいた登山者全員が状況を把握できず、「写真!写真!」という声が聞こえてくるなど、

その瞬間は恐怖を感じる事も出来ない程、誰もが状況を把握していませんでした。

しかし最初の噴火から10秒弱…「ドドドド…ドカーン!!!!」という爆音とともに、最初の噴煙とは比べ物にならない

大きな噴煙の柱が空高く舞い上がるとともに、もの凄い早さで自分たちのいる方に向かってきました。

「ワーー!!!!」「キャー!!!!」うってかわって叫び声や悲鳴が飛び交う中、

(ヤバい… どうする? 逃げても間に合わない。

どこかに隠れなきゃ… 子供達をどこかに…何かの陰に隠れる? ダメだ。

あれに巻き込まれたら、絶対無事では済まない。どこか安全な空間に入らないと…山荘は?

 ダメだ。山荘の入り口まで走っても間に合わない…)

一瞬で様々な事が頭を駆け巡り、(あそこは??)

さっき昼飯を食べながら気付いた、トイレの真下にある入り口が頭に浮かびました。

すぐさまその入り口が見えるところまで行き、中に空間がある事を確認し、

「ここに入るよ!!こっちにおいで!!」子供達に声をかけ、その空間に誘導しました。

その時の私の声に反応して下さったのか、近くにいた別のグループの方々もこちらに向かって走ってきました。

その方々の後ろには、もの凄い早さで噴煙が迫ってきていました。(もうヤバい!)私が空間に入ると、

すぐにそのグループの方が駆け込んできました。

「扉を閉めて!!」

木製の引き戸を両側から閉めようとした瞬間…

「!!!」

一瞬で外が薄暗い噴煙に巻き込まれ、その噴煙が空間の中に流れ込む寸前で、扉が閉まりました。

木製の古い引き戸なので閉まりが悪く、数ミリ隙間が出来ており、そこから凄い勢いで噴煙が吹き込んできました。

すぐに子供達に鼻と口を服の袖でふさがせて、吸い込まないように言いました。

それでも全員が吸い込んで咳をしていましたが、一応閉め切った空間のおかげで、全員が噴煙の直撃を免れました。

2回目の大噴火から、私のいた場所が噴煙に巻き込まれるまで、おそらく十数秒しか無かったと思います。


他の人は!?頭に浮かびましたが、それを打ち消すように事態は悪化します。扉を閉めて真っ暗な空間。
薄暗い噴煙とはいえ、数ミリの隙間から外の光が届いていたのに、「ゴォー!!」という音とともに外が真っ暗になりました。

夜とも違う、光が全く届かないまさに暗黒という感じでした。それと共に、空から何かが降ってきて、それが地面や

小屋の屋根にぶつかる凄まじい音が鳴り始めました。そして噴煙だけではなく、硫黄のキツい匂いが充満してきました。

それと共に熱を持った空気が室内に入ってきている感じがしました。

(このままではヤバい!)ザックの中にタオル等があることを思い出し、腕時計のライトを付けて

ザックの中のタオルを探し出しました。すぐに子供達にタオルを渡し、目を閉じて顔全体をタオルで押さえるように言いました。


自分も防寒用のフェイスマスクをかぶり、鼻と口を押さえました。タオル等で押さえていても息が出来ない程の
ガスが充満してきて、ここで本当に死を意識しました。

数分するとその強いガスが収まってきて、何とか息が出来るようになってきました。外もまた薄暗さにかわり、

少し落ち着いたようにも感じました。

そのグループの女性の方が、すぐに消防に連絡を取ってくださり、私たちの位置と人数を伝え救助要請。

さらに今後どうすればいいのかを聞いてくれました。消防はこの時点では噴火は確認しているものの、

状況把握が出来ていないという事で、今はそのまま外には出ないで待機してくださいと指示を受けました。

落ち着いたと思っていたら、また轟音と共に真っ暗になり、噴石が落ちる音、ガスの充満…そして落ち着いて…


これを5回以上は繰り返したと思います。途中、今までに無い激しい音と共に何かが屋根に落ちるのを聞いて、

「まさか人じゃないよね…」「岩だとしたら、屋根を突き抜けてくるかもね…

でもここはトイレのさらに下の床下の空間だから、少しはマシかな…」

と会話したり、また真上のトイレから足音と男の人が激しく咳き込み苦しむ声が何度か聞こえてきて、

「上に人がいるね。大丈夫かな…?」そんな会話もしていました。確認しようにも、私達の入り口とトイレの入り口は

ちょうど建物の反対側。外に出られない状況では他の人の確認に行けるような状態ではありませんでした。

そんな中、本当に色々考えました。

(おそらく外は大変な事になっているだろう。 逃げ場が無く外にいた人達はきっと… )
(救助要請しても、噴火が続く限りヘリでここに救助に来ることは出来ない。 ここは噴火口に1番近い所だろうから…)
(となると、このまま噴火が収まらなければ 誰も救助には来れないかもしれない…)


(状況がこのままなら、この空間でしばらく過ごさないといけない…  水は? …ある。 

水分補給用と昼飯用の残りがまだ1リットルと少しはある。  食料は? …少しなら。 

アルファ米と行動食、それに子供達のお菓子が少し…  どうやって消費するか計画しないと…)

(でもこのまま噴火が続き、もしこの山小屋に火がついたらどうする? 外にも出れないし、ここで焼け死ぬしかないのか…)

(さっきよりも噴火が激しくなって、 息が出来ないガスが充満し続けたらどうする?)
(少しでも落ち着いたら、何とか下山出来ないか…  一刻も早くこの場を離れないと…)
(下山するにしても、登山道は無事なのか? 人が下りれる状況なのか?)
(外に出たら… 登山道を下りたら…  助からなかった人達があらゆる所に倒れているんじゃないか…?

 そんな所を子供達を連れて歩けるのか?)
(子供を連れての下山にかかる時間を考えると、 14時くらいには下りないと暗くなってまた危険になる)
(下山を始めた後に、またあの大きな噴火があったらどうする?もうこの安全な逃げ場はないから、次巻き込まれたら死ぬ…)

どうする… どうすればいい…


ここでグループの方と下山について検討…今なら下山出来るかもしれない…下山途中にまた噴火が起こったら、

助からないかもしれないけど…でもこのままここにいても、助かる保証は何も無い…下山するならもう今が

タイムリミットだろう…どうする…みんなで話し合った結果、

「下山しよう」

そう意見が一致しました。

そう決まればすぐに出発の準備。荷物を整理して、子供達には帽子とフードを被せて、自分達もレインウェアや

フード付きジャケットを着込んで…また噴火したら…登山道はあるのか…途中助からなかった人達が倒れていないか…

色々考えた上で、覚悟を決めて9人全員で出発。

火山灰は30pは積もっているだろうか…フカフカで少し滑りそうだけど歩ける。山荘を回り込んで、

山荘の入り口に着くと、少し前までたくさんの人がいた形跡が…中にはオレンジのヘルメットがまだ

残っていたので、子供も含めて全員それを装着。

山荘入り口から下山道にはたくさんの人が歩いた跡が…「みんな先に降りたんだ!急ごう!」そう言って、

下山開始。大量の火山灰が積もっているものの、先行した登山者の踏み跡もありルートも明瞭。

少しでも大きな音がすると不安になり、振り返り噴煙を確認しながらの下山。

とにかくみんなで「安全に、早く」を合言葉に足もとを確認しながら…長女は1人で問題無く大人のペースについて行ける。

しかし次女にはこのペースは無理だ。気を遣ってグループの方が最後尾に付いてくれる。本当にありがたい…

でもみんな少しでも早く下りないと…そこで、長女には「皆さんに付いて先に下りなさい。」そう言い聞かせ、

グループの方に長女をお願いして、ペースを上げて先に下山してもらえるように…次女は私と嫁で交互に

サポートしながら下りることに。精神的にも肉体的にも厳しい下山でした。

しかし、しばらく下りると火山灰の影響も少なくなってきて、視界も開けてきた。ルートの先を見ると、

同じオレンジのヘルメットを被った100人近い登山者が下山する列が見える。ここで少し安心。

さらにこの辺りに来ると、山小屋のスタッフが何人も間隔を空けてルート上に待機してくれて、サポートをしてくれました。

若い女性のスタッフはずっと次女を励ましながらサポートしてくれて、さらに男性のスタッフと会った時は、

「私が娘さんを背負っておりますよ!」とまで言っていただきました。

次女は疲れ果ててクタクタなのに、その言葉に何故か断固拒否(ーー;)

いや…ここはそうしてもらいなさい。と言っても全く聞き入れない…

すると男性スタッフが「じゃあお父さんの荷物は僕が背負いますよ。そうすれば娘さんをサポートしやすいですから」と言って、

私の重い荷物(実はテン泊のトレーニングの為に使わない荷物も含めてあえて重量を持って登ってました^^;)を軽々と背負い、

下まで荷物をおろしてくれる事に…

慣れない重量で体力的にもキツかった私にとっては、本当に助かりました。

この時には長女も含めたグループの方々はもう見えなくなっていましたが、荷物が無くなり負担が減ったので

少しペースを上げて下山。大江権現を過ぎ、遥拝所まで戻ると、消防と救急の方が待っていてくれて、

すぐに体調を確認すると共にうがい用の水をくれました。

そしてまだ少し距離があるから、とここからは軽トラックの荷台で乗せて行ってくれるとの事。

この軽トラックの荷台に乗った瞬間に、(やっと終わった)という安堵感に包まれました。

後ろを振り返ると、未だ噴煙を激しく上げる御嶽山の姿が…そして登山道入り口へ。

そこには物々しい数の警察、消防、救急の方々が…事態の大きさを改めて感じました。軽トラックから下りた瞬間、

長女が駆け寄ってきました。

その後ろには一緒に避難し、長女を下までおろしてくれたグループの方々が。

長女の顔を確認し触れた途端、涙が溢れそうになりました。

「よく頑張ったね。1人だけ先に行かせてゴメンね… 寂しかったよね」そう言って抱き寄せました。

長女を無事に下ろしてくれたグループの方々には言葉に出来ない程の感謝をしています。

短い時間でしたが、生死の瞬間を共に過ごし、一緒に避難したのがあの方達で良かった。

本当にそう思います。偶然にもグループの中の一人の方が同じ安城市に住んでいる事が分かり、

自分たちの身に起こった奇跡とともに、本当に何かの縁を感じました。

そして下山のサポートをしてくださった山小屋スタッフの方々。

お名前をお聞きする事も出来ませんでしたが、いつか改めてお礼を伝えたいと思います。

山小屋のスタッフをはじめ地元のボランティアの方々、警察や消防の方々、そして自衛隊の方々、

本当に多くの方々が今も救助活動を行っています。

今の時点で30数名の方が心肺停止で見つかりました。時間的にもその中には私たちを追い越し、

子供達に声をかけてくださった方々も含まれているかもしれません。

(あの夫婦は無事だろうか…)
(あの親子連れは無事だろうか…)
(あの若い男女のグループは無事だろうか…)

自分の記憶にある、声をかけ合った人たちが、もしかしたら…それを考えると何とも言えない気持ちですし、
想像するだけで心が痛くなります。報道などの噴火の映像を見るたびに、本当にあの状況では誰が同じように
なってもおかしくなかった。あの場所にいて今生きている事に、まだ不思議な感じです。

私たち自身、もう少しペースを上げて登っていたら…あのまま剣ヶ峰を目指していたら…

昼食の場所をあの場所にしていなかったら…あの入り口に気付いていなかったら…

剣ヶ峰を目指す為に昼食を早めに切り上げて、歩き出していたら…昼食が終わり、荷物を背負った瞬間の噴火でなかったら…

少しタイミングがズレただけで、逃げ場となる山小屋などが無かったり、間に合わなかったりして、

噴煙、噴石、火山ガスの直撃を受け最悪のケースになっていたかもしれません。

それこそ噴火が水蒸気爆発ではなく、高温の火砕流を伴うマグマ噴火であれば、山頂にいた数百人全員が

助からなかったでしょう。

本当に小さな奇跡が重なって、今こうやって無事でいられる事に、心から感謝です。

もちろん反省材料は沢山ありますが、今回の事で改めて感じたのは、自然と共に生きている以上、登山に限らず、

災害というのはいつ、誰の身に起こっても不思議ではないという事。

絶対的な運に左右されるのはもちろんですが、問題はその場に直面した時に、いかに冷静に、

生きる為の判断が出来るか、そして必要なものを持っているのかどうか。今回の経験で、本当にいろいろな事を考えさせられました。

生かされた命。


その意味を考えて生きていこう。と
ただ今は犠牲になられた方へ心からのご冥福を。
怪我をされた方の一日も早いご回復を。
そして安否確認がとれない方がご無事である事を祈るばかりです。

御嶽山生還  画像3.jpg



posted by megamiyama at 07:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天変地異 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406378654
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック