2014年08月08日

従軍慰安婦検証「さすが朝日新聞」?

産経の記事です。


さすが産経新聞。
「従軍慰安婦問題」では朝日と対極の立場で、ぶれずに告発を続けてきた産経新聞ならではの笑える(笑)記事です。
朝日vs産経の勝負、ここにきて一気に決着がついたようです。

「朝日」の往生際の悪さ、歯切れの悪さは、確かに産経が指摘する通りですが、それにしてもよくぞ、吉田証言のウソを認めたものです。
“朝日の(暗黒)時代”がついに終わりました。

「従軍慰安婦問題」が自分達のウソの報道から始まったことを認めたなら、謝罪しようがしまいが、コノ問題の火付け役が「朝日新聞社」であり、“過去の歴史を直視して反省すべき”は朝日新聞であることを自ら認めたということになります。

日本政府は、朝日新聞社を相手取って、裁判を起こしてもよいくらいです。起こすべきです!(笑)

従軍慰安婦問題ひとつとっても、どれだけの国益と信頼が損なわれ、国民が不利益を被ったか知れません。
冗談抜きで「朝日の大罪」は司法の場で裁かれるべきでしょう。

常に、国家権力を敵視し、政府(日米安保体制)批判を繰り返してきた朝日新聞が、従軍慰安婦問題に関しては、自分達の見解が根底から間違っていたことを認めたのですから、この際 国が調査に乗り出し「業務停止処分」を言い渡す権限だってあるはず。他に“余罪”がないか調べるのも、本来国の仕事ではないでしょうか?(いくら結社の自由だ、表現の自由だといっても、国を貶める自由やウソを広める自由は制限される…否、処罰されるべきです。特に「朝日」と「NHK」の反日プロパガンダは目に余るものがあります。)

かくて、これまで野放し状態だったマスコミの確信犯的プロパガンダを見抜き、断罪することができれば、「従軍慰安婦」同様、「南京大虐殺」の真相も、「自虐史観教育」の誤りも、憲法9条至上主義の誤りも、「沖縄」のサヨク新聞の異様さも、「反戦平和や脱原発運動」と左翼過激派の緊密なつながりも…みな暗い雲が払われたように国民の目に明らかになり、“日本人の、日本人による、日本人の為の”マスコミ改革が急速に進むのではないでしょうか?

中国や韓国北朝鮮と一緒になって、「日帝憎し」「天皇制憎し」「“A級戦犯”と“軍隊”憎し」「親米政権憎し」「資本家憎し」「格差憎し」「原発憎し」で、ここまで“一筋”に頑張ってきた朝日新聞も、“年貢の納め時”がついにきたようです。

自分のことは棚に上げて他人の批判ばかりして反省が出来ないのは、地獄に堕ちる人間の特徴(…なので、言葉には気をつけないといけませんが)ですが、朝日的マスコミ人がこのまま地獄行きにならない為にも、生きているウチに裁きの場に立たされ、犯した罪に気づく機会が与えられることは、大いなる「天の助け」となるハズ…。

そうでもなければ、なんとかごまかして時間稼ぎするしかない「朝日新聞」。
よく考えれば、“朝日新聞さん”が最初から一貫して磨いてきたのは、批判精神や反骨精神などではなく、巧妙なごまかしやすり替えの術でした。
反権力や反体制の記事ばかり書きたがるのは、自分達に批判の矛先が向けられないための自己防衛術だった…ようです。(そう考えれば、朝日的記事の書き方の極意がなんとなくわかってきたような…。反日を煽って、国民の関心を外に向けようとするどこやらの国と、きっと心根は同じなのでしょう。悪い人間ほど、他人に責任を転嫁し、ひとに罪をなすりつけたがります)

朝日が「反日」と「自虐史観」を止めたら、日本は一気に「誇り」と「元気」を取り戻すことができるのですが。
「さすが朝日新聞」と本気で言える日がいつかきますように。


ラベル:マスコミ
posted by megamiyama at 23:58| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 「従軍慰安婦」問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック