2014年04月23日

韓国沈没事故 韓国内からも「仏像を日本に返還すべき」という声が上がっている?

韓国のフェリー沈没事故以前にも、韓国の海難事故は相次いでいました。
「宇宙の兄弟達へ」の洪さんに引き続き、「リバティ」も事故のウラに潜む“韓国のモンダイ”について言及。
『韓国内からも「仏像を日本に返還すべき」という声も上がっている。』
そうです。
リバティ Daily News Clip より(http://the-liberty.com/article.php?pageId=2&item_id=7713&
韓国の旅客船沈没事故は「仏罰」? 対馬の仏像盗難後に相次ぐ海難事故
2014.04.23

韓国の珍島沖で、旅客船「セウォル号」が沈没した事件で、23日までに死者が150人、行方不明者が152人となった。船内には、未だに多くの高校生がいると見られ、懸命な救助活動が行われている。

今回の事故は、船長や航海士などの不注意や、積載量を超える車両を乗せていたことから、「事故は人災」との論調が散見される。その一方で、2012年の韓国人グループによる対馬の仏像盗難事件と、海難事故を結びつけて、「祟りではないか」という声が、日本のネットユーザーの間で上がっている。実際に、ここ半年間だけでも、韓国に関係する海難事故は相次いで起きている。海難事故は以下の通り。

•2013年12月10日、和歌山沖で、韓国船籍のタグボートが座礁。
•2013年12月29日、釜山沖で、蔚山港を出港した香港船籍のタンカーが、バハマ船籍の貨物船と衝突。
•2014年 1月11日、対馬沖で、韓国船籍のタンカーと貨物船が衝突し、燃料油が流出。
•2014年 3月18日、神奈川沖で、韓国船籍の貨物船とパナマ船籍の貨物船が衝突し、パナマ船が沈没。
•2014年 4月19日、和歌山沖で、韓国の会社が所有する大型自動車運搬船が火災。

こうした事故が度重なれば、「韓国を襲った祟りではないか」と考えるのは不思議ではない。仏像が盗まれた海神神社は、仁徳天皇時代の御世に、異国の軍船が日本に来襲した際、奇雲と暴風が船を襲い、撃退したという逸話が残るほどだ。韓国内からも「仏像を日本に返還すべき」という声も上がっている。

頻発する海難事故は、人間に不注意さを喚起させただけではなく、海の神を尊ぶ気持ちを呼び起こしたとも言える。いずれにせよ、韓国は早急に、盗んだ仏像を返却して、仏様に詫びるべきだ。(静/慧)

【関連記事】

2014年1月14日付本欄 中国で仏像窃盗犯を襲った「たたり」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7218



2012年8月10日付本欄 「御神体」とは何かを知らない日本人 基本的宗教教育が必要

http://the-liberty.com/article.php?item_id=4690
posted by megamiyama at 23:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395403780
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック