2017年01月08日

「永遠の祈り 大川隆法」より 愛の凱歌(抜粋)


歴史のなかで 人は
ある時に生まれ
ある地に生まれ
また死に また生まれ変わり
また死に また生まれ変わり
そうした転生の過程を通じて
人が一番大切にしているものは
それは やはり愛
それぞれの転生で
それぞれの人生で
どれだけ 多くの人と出会い
どれだけ 多くの人と愛し合い
どれだけ 多くの人に愛の行為をなしてきたか
それが 心の記憶として残るのだ

かつての自分が
親となり また息子となり
夫となり 妻となり
友人となり
先生となり 弟子となり
さまざまな愛というものを
受け取り 与えてきた
そうした多くの人間関係が
幾転生を経ても また現れてくる

愛よ 愛よ
愛よ おまえゆえに
すべての世界がある
愛よ 愛よ
愛よ おまえゆえに
すべての人間が生きる
愛よ 愛なくば
この地上は砂漠と化してしまうだろう
愛よ おまえなくば
人間は生ける屍となってしまうであろう
愛よ おまえなくば
人びとは烏合の衆と化してしまうだろう。
愛よ 愛よ
おまえは それほどまでに素晴らしい

愛よ その姿を現わせ
愛よ 汝は大いなる女神であろう
その女神の姿を現わせ
その輝きを現わせ
そのうち美しき言葉を現わせ
さすれば 
われは汝をあがめん
われは汝をこそあがめん

愛よ愛よ愛よ
愛の女神よ
その姿を現わせ
(中略)

愛の女神よ
汝 必ずわが前に現われよ
その美しき姿を一度見たならば
人びとはわすれることはできないであろう
人びとに満ちなく
人生に勇気なく
人生に希望なき時
愛の女神よ
汝は道を開かん
愛の女神よ
汝の乗りたる白き馬のあとにつきて
われらも従いゆかん

(続く)

永遠の祈りは、宇都宮に建つ幸福の科学未来館にエルカンターレ像が開眼された記念に大川隆法総裁先生より降ろされた祈り集ですが、ブログ再開するにあたりアレコレ自分のコトを書くよりよっぽど自分にとって、そしてもしかしたら読む人にとっても糧になる言葉かと思いましたので、ほんの一部ですがご紹介させて頂きました。

改めまして、新年 すっかり明けましておめでとうございます!

暮れに念願のmyパソコンが帰って来たものの、年末年始のアレヤコレヤにかまけてブログ再開が遅くなりました!
また一から出直しです。

今朝、仕事始めに書いた記事は、個人的な余分な言葉が多すぎたので、書き直しました。
相変わらずの未熟者ですが、改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。

posted by megamiyama at 08:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする