2016年05月21日

(更新)イイネ!!!秋元康作詞 欅坂46 『サイレントマジョリティー』

https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8
欅坂46 『サイレントマジョリティー』


スミマセン!いつものことながら、大事なことを書き忘れたので、一部書き直しました。

咲く也さんの「理想国家日本の条件…」で、『「安倍総理のやりたい放題の日本のままでいいのか?」っていう裏の意味があるらしいです。』と紹介されてました。

視聴回数 13,836,620 回!!!

すでにブレイクしてるんですね。

『サイレントマジョリティー』というタイトルがまず、イイネ(若者には「ん?!何のこと?」でしょうが、この国の行く末を憂う大人には(秋元康が何を云いたいか?)すぐピン!と来ます。)
これをYOUtubeで聞くのは、ほとんど若者ですから、秋元康のメッセージに敏感に反応して「イイネ」と思う日本の若者もすごいんじゃないでしょうか?

タイトルや歌詞に明らかに政治的なメッセージを盛り込んだ硬派な歌を、よりによって「欅坂46」といううら若いうぶな女の子達に歌わせる意表の突きかたも、イイネさすが、ヒット曲仕掛け人・秋元氏です。

極め付きは、自由になろう!NOと云おう!と呼びかけながら、間違っても「戦争法案絶対反対!」のシールズなんかとは一線を画す、あのミリタリールックがイイネ
あれは、どうみても三島由紀夫が楯の会のために作った軍服のデザインです。
秋元康が、あの市ヶ谷の自衛隊駐屯地に乗り込んで虚しく叫んだ三島由紀夫に代わって、今若者に向かって檄を飛ばしているのだ!と思うと胸があつくなるのは私だけでしょうか?

「秋元康が本気出してる!」というコメントも寄せられてましたが、今までの路線とは全く違う、ある種の違和感が逆に若者に本気でウケているのなら、まだまだ日本も捨てたもんじゃないと本気で思います。

歌詞は、三島由紀夫の檄文とは全く違って柔らかい言葉ながら、欅坂46が歌う姿は、現代日本人に痛切に訴えてくるモノがあります。(三島由紀夫の精神が今、秋元康によってよみがえった!と言っても過言ではない!?)


歌は世に連れ、世は歌に連れ!

物言わぬ日本の『サイレントマジョリティー』を叱咤激励する応援歌、ついに出来ました〜!

万歳〜!
立ち上がれ、日本の若者!

欅坂46『サイレントマジョリティー』

人が溢れた交差点をどこへ行く
似たような服を着て 似たような表情で
群れの中に紛れるように 歩いてる
誰かと違うことに なにを躊躇うのだろう

先行く人が振り返り 列を乱すなと
ルールを説くけど その目は死んでいる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか

夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか
サイレントマジョリティー

どこかの国の大統領が言っていた
声をあげない者たちは賛成していると
選べることが大事なんだ 人に任せるな
行動をしなければ NOと伝わらない

君は君らしく やりたいことをやるだけさ
One of themに成り下がるな
ここにいる人の数だけ道はある
自分の夢のほうに歩けばいい

見栄やプライドの鎖に繋がれたような
詰まらない大人は置いて行け
さあ未来は君たちのためにある
NOと言いなよ
サイレントマジョリティー

誰かの後を付いて行けば
傷つかないけど
その群れが総意だと
ひとまとめにされる

君は君らしく 生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか


夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
YESでいいのか?
サイレントマジョリティー


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1458104328/0-

posted by megamiyama at 09:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする