2016年01月30日

【1.30土】大川隆法 沖縄を説得す。

アモ〜レさんの「大川髢@ネット後援会 (幸福実現友の会)」も、本日の大川髢@総裁の沖縄講演会のコトを書いておられます。
何処かで聞いたような出だし(笑)ですが、中身は圧倒的に濃いデス。

沖縄県民の皆様、どうか本日沖縄コンベンションセンターにご参集の程、宜しくお願い致します。
現地は車の渋滞が予想されますので、15時10分〜の総裁のお話に間に合うよう、早めのご出発をお願い致します。(会場では二時から催しが始まりますが、遅れても三時までは入場できるそうです。)

本日が、沖縄の皆様にとって、日本にとって、輝かしい日となりますよう!!!

http://ameblo.jp/oramorre/

【1.30土】大川隆法 沖縄を説得す。
2016-01-29 12:39:29NEW !
テーマ:仏陀救世主 大川隆法総裁

全国のアミ〜ゴの皆様、ようこそ大川隆法ネット後援会へ。

先日の 宜野湾市長選で、米軍基地反対派をかろうじて退け、首の皮一枚で繋がった感のある沖縄ですが、中国支配のシンボル「龍柱」をメインストリートに建てさせた翁長知事の暴走は、そうカンタンに収まりそうにありません。

龍柱は、中国の使節を迎えるためのものであり、それがあることは要するに、「ここは、中国様の属領です。」という意味だからです。

先の宜野湾市長選では、当選した自公推薦の候補は、「移転先は別の市」ということからか、全く基地問題を取り上げませんでした。

つまり、反対派が落選し、そうでない方が当選したと言っても、「沖縄で基地問題を取り上げると、選挙に勝てない」という実例が残ったままなのです。
これは国家の危機です。

国民・県民・市民の生命と安全と財産を護るのは、政治家としての最低限の責務です。

それを、「どう護るか」という議論ができない現状というのは、事実上現状の日本に、政治は存在しないということです。

「沖縄は、米軍基地を押し付けられている」
そういう意見もあろうかと思います。

しかし現実には、沖縄は東アジアにおける重要拠点であるがゆえに、必要だから集中しているのです。

人口密集地に軍事基地があるのが危険というなら、東京らにある、横田基地や厚木基地の方が、はるかに人口密集地域です。



今も昔も沖縄は東アジアの超重要拠点であるがゆえに、沖縄がどこに属するかによって、地政学的に国家や地域の優位が決まる、きわめて責任の重い地域なのです。



「沖縄は琉球であり、中国と親和性の高い歴史がある」
そうかも知れません。

しかし民族的・遺伝的には、完全に縄文系日本人であり、初代神武天皇の母君は沖縄の姫さまです。

つまり、沖縄は天皇の血筋でもあり、日本と思っていただかなければ困ります。

本来ならば、この日本そして東アジアの平和にとっての超重要拠点である沖縄を説得するのは、現宰相である安倍総理の責務でしょう。

しかし今いる政治家は、まや民主主義の砦であるはずのマスメディアも、政治の最低限の責務を訴えず、甘利大臣の金銭スキャンダル云々の、湯飲み茶碗の中の議論に終始しています。

だから、大川隆法総裁は行くのです。
仏陀・救世主としての責務を実感しているからです。

大川隆法総裁からは、「講演会場には、沖縄の方以外の信者さんを入れるな」という、頑ななまでに強い指示が出ているとお聞きしております。

 大川隆法幸福の科学グループ総裁


これは幸福の科学では今までなかったことです。
幸福の科学は、実にオープンな宗教だからです。

これが意味するものは、「私(大川隆法総裁)は、沖縄に話があって行くんだ。」という強いメッセージです。

幸福の科学が得意とする、同時衛星中継も、各地の正心館などに限定されています。

これでは聞ける人数は、全国でもごくごく少数です。
大川隆法総裁は、沖縄で始めて地元マスコミを呼び、直接説得するつもりです。

北朝鮮では、ミサイル発射の準備がなされているとか。
当日、沖縄の上空を通過するかもです。http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/d4d81e4819ce3d3b6d7038f733af836c

それでも大川隆法総裁は行くのです。
仏陀・救世主の責務の元に。
混乱する世界に、「北極星」があることを示すために。
posted by megamiyama at 11:34| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小保方晴子さんの「あの日」 書店売り切れ続出!らしい

そりゃ、そうでしょ!
アノ小保方さんが心情をつづった告白本を出したと聞けば、「読みたい!」と思うのが人情デス。

「STAP論文騒動」は、どう見ても小保方氏一人に責任を負わせて、「理研」という日本を代表する会社やら学会や大学やら組織のエライさんが、総力を結集して(笑)責任逃れと「小保方潰し」をしようとしたとしか見えない、実に後味の悪い事件でした。
素人目にも、出た杭を寄って集ってたたこうとするマスコミや同業者の悪意や誹謗中傷があからさまでした。
「そこまで虐めないと気が済まないのか?」と逆に同情心がそそられる結果になった程、理不尽な“小保方「STAP細胞」潰し”が行われたあげく「理研」をお払い箱になり、母校の早稲田大学からは博士号を剥奪され、研究者仲間にも見放され、正に社会から抹殺されたと云って良い小保方さんでしたが、そんな中よくぞ、奮起して書かれたものだ!と思います。

このまま小保方さんが泣き寝入りをしてくれるコトを、“騒動”の当事者達は何より願っていたでしょうが、どっこい、そうはいきません!
日本の“リケ女”を舐めちゃいかんぜよ!

紹介された抜粋を読むと、激しく自分を責め苛んできた心情が吐露されていて、一方的な告発本ではないことが、余計に小保方さんが一人の研究者として誠実にやってきたことを物語る内容になっているようです。(光の進軍 「小保方晴子氏、手記出版 『あの日』http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/19b615e0ed625b8d479ada8b0e929d6e

きっと、今年一番のベストセラーになって、汚名返上されることでしょう!

悪事はいつか暴かれる!
若手のホープの研究を潰すなんて、悪いことしちゃダメですね! (若狭教授も被害者なんでしょうが、やはり騒動の引き金をひいた責任は免れません。)

余談ですが、小保方さんの純粋さや若狭氏の発言の違和感や野依理事長の冷酷さ(?)など、テレビはすべてを写し出すので、第三者の立場の視聴者は意外に、騙されないのではないでしょうか?(余談の余談ですが、マスコミが大川総裁の活躍をテレビで紹介しようとしないのは、表に出せばそれだけで宣伝になってしまうと怖れているのでしょうね。マスコミvs「幸福の科学」の戦いもいよいよクライマックスに向かっている…!?)

【速報】#小保方晴子 さんの告白本「あの日」各書店で売り切れ。重版決定!

2016年01月29日 小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会より

http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1050936384.html 

【速報】#小保方晴子 さんの告白本「あの日」各書店で売り切れ。重版決定!

 小保方さん初の告白本、売上好調との事、JISAIさんより情報提供。
既に各大型書店で売り切れ続出、重版が決定。

小保方本「あの日」が売上順調で来月重版も」(日刊スポーツ)

 内容はこれまで報道バッシング、市民からの強い非難を受けて来た心情を吐露するとともに、今まで決して報道される事の無かった小保方さんの視点からSTAP細胞事件の真相が明かされている。

【暴かれる真相・裏切られた博士達の驚き】

 なかでも突然の若山照彦博士の論文撤回に関する行動は今までの若山博士側の証言と真逆だ。
論文共著者に突然論文論文撤回を呼びかけ、これに丹羽博士は「梯子外されたんや。」と山梨大へ出向いており、若山博士の「論文共著者と連絡が取れなくなった。」というコメントを真っ向から否定している。

 若山照彦博士は小保方さんの共同実験者であり、論文共著者でもある。理研旧CDBで「若山研究室」を主管。2012年から山梨大学生命環境学部教授に就任。2013年三月には研究室を山梨大へ引越させている。若山博士は2014年3月10日、ネイチャーに投稿したSTAP細胞論文の撤回を呼びかけ、話題を呼んだ。

【STAP幹細胞、キメラマウスは若山博士単独作製】

 小保方さんはマウスの細胞を取り出し、細胞にストレスを与え、STAP細胞を作製した後、若山博士に細胞を渡し、若山博士に培養を頼んだ。またキメラマウスも若山博士単独で小保方さんはほとんどSTAP細胞作製以降は実験にノータッチだった事が今回明らかになった。

 それが突然、「小保方氏から違うマウスの細胞が戻って来た」と論文撤回を呼びかけられたという訳だ。若山博士は論文撤回を呼びかける記者会見で「(小保方氏が)ポケットにマウスを入れて持ち込んでも解らない」などと、小保方さんが実験室外から不正に試料を持ち込んだかのように受け取れる発言をしていた。しかし理研の公式の解析の結果、STAP細胞から作られたSTAP幹細胞は全て若山研に存在するマウスから作られていた事が判明した。(理研が解析結果を訂正 若山教授のマウスの可能性も)


【若山博士が論文共著者に無断でネイチャー修正】

 若山博士は自身が教職を務めるする山梨大学で記者会見を開き、「小保方氏から戻ってきたマウスは若山研で維持された事はない」とコメント、論文共著者達に同意の上、ネイチャーに論文撤回理由を提出していた。しかしネイチャーには「STAP幹細胞が「若山研のマウスや胚性幹細胞(ES細胞)と挿入場所が一致する」と発表されており、新聞紙の取材を受けた若山博士は「解析の解釈ミス」を説明した。

 その上、「誰かが勝手に修正した。若山研に疑惑が行く内容なので私で無い事はあきらか」と若山博士に疑惑を仕向ける為に仕組まれた書き換えであると説明した。

 しかし小保方氏著「あの日」によると、ネイチャーの論文撤回理由の書き換えは若山博士だった事が解る。若山博士は「小保方氏から違うマウスが戻って来た」と論文撤回を呼びかけながら、その理由に同意した共著者に無断で「実験に使ったのは若山研のマウスである。」と書き換えていたのだ。
若山博士は「小保方氏がマウスを不正に実験室に持ち込んだ」「僕のマウスでは絶対に出来ない」とマスコミ発表しながら自身でこっそり「自分のところのマウスでした」と書き換えていた。
(共著者合意の撤回理由を無断書き換え 食い違う証言、細胞由来の説明が180度変更)
 
 【「あの日」要点ポイント@】
小保方さんはSTAP細胞を作ったあと、その後の実験は全て若山博士に任せていた。
小保方さんは細胞の管理をしていなかった。
若山博士は' 14年6月の記者会見で「小保方氏から戻って来た細胞は若山研にいないマウスのもので、小保方氏がポケットに入れて持ち込んだ」と思わせるコメント。
若山博士は論文共著者たちに無断で内容を修正し、自分が呼びかけた論文撤回理由を自身で否定した。
小保方さんに「マウスすり替え」の疑義がかかった。
しかしいつの間にか「マウスのすり替え」ではなく「細胞窃盗事件」に疑義が「すり替わっている」
若山博士の論文撤回理由の変遷。「論文の画像に不正が見つかった。」→「小保方氏にマウスがすりかえられた←(いいえ、若山博士のところのマウスですよ)」→「小保方氏に細胞をすり替えられた」
 [文責・上田 まみ] mjp@mbr.nifty.com

b5342e2b-s

ef43284a-s

0a954115-s
posted by megamiyama at 10:47| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする