2015年11月07日

(日々更新!?)『幸福の科学によるオカルトごった煮アニメ「UFO学園の秘密」を真面目にレビュー』について

更新部分、青字
共同ブログ「光の進軍」でも紹介されました(http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/d395c26af71cd223056411eae627878a)が、KAI-YOUというエンタメのサイトに載ったアニメ作家さんによる「UFO学園の秘密」の映画レビューが、率直でキビシイながらも「幸福の科学映画」に対する驚きと期待にあふれていて、好感が持てたので紹介したいと思います。(コレはもう“幸福の科学映画マニア”のレビューと云って差し支えないでしょう。)

これまで発表された作品もいくつかご覧になっておられるようで、前作の「神秘の法」については、
「『神秘の法』はエンタメを見てるつもりなのに、自然と幸福の科学の世界観が頭に入ってくるつくりが布教映画としても上手かったんですよね。」
「通常のアニメ映画ではありえない作劇の一大スペクタクル娯楽大作」
…と高く評価して下さっていて、今回の「UFO学園の秘密」については、前作よりもエンタメ性は落ちるとしながらも、「通常ありえない複雑で壮大な世界観がしばしば描かれる…結果、「侮れない」作品が出来上がる……。」という点では一致しており、

前作『神秘の法』よろしく、極めて複雑で複層的な相関関係とオカルトごった煮感を持つ作品でして、通常のアニメ作品ではありえない「厚み」を持っています。』
とのこと。

その上で、この映画の難点もイチイチ的確(笑)に指摘されています。
おっしゃるように「今のセリフを受けて、なんでこのキャラは納得したの? なんでそう答えたの??」と突っ込みを入れたくなる処は確かにありました。(特に、ハルちゃんの気持ちを思って仲裁役を買って出たものの、タイラ君から「俺の気持ちちっともわかってないじゃないか?」と反撃を喰らったアンナちゃんが、突然意を決したように「私はレイが好きよ」というあのシーン。確かにアレで“視聴者置いてけぼり感”はピークに達しました。会話が成り立ってませんもんね。)

「中でもエンタメ的に一番ネックだったのは、主人公たち5人のチームが一時的に仲違いをするシーンです。」
という指摘は、同感デス。
子供じみた仲違い(主人公が高校生なので仕方がないと云えば仕方がないですが…)に見えてしまって、グループが決裂する深刻さがもう一つ伝わらず、その為に作曲されたせっかくの挿入歌(ジョン・レノン的な切ない歌詞が渋くて良かった!)に込められた「喪失感」とのギャップ(違和感)が生じてしまったのは、かなり残念でした。

そんな“残念な処”も多々ある中盤から、打って変わってテンポがあがり内容も急に盛りだくさんになる後半も、あまりに盛りだくさん過ぎて収拾がつかないと評される向きもあるようですが、ここは“ごった煮”というより、オカルトから宇宙から政治から歴史から宗教から教育から医療?から…何から何まですべて“地続き”にしてしまう幸福の科学的壮大な世界(宇宙)観のなせる技。他の追随を許さないこの独創性、革新性について来れない人が出てくるのは、仕方がないことであります。(逆に言えば、この世界観について来れる人は、相当な宗教的知性の持ち主であると云えます。管理人の知人でも「面白かった」「良かった」という感想を下さった方はやはり、宗派は違えど皆宗教心を持った方ばかりでした)
ワカルひとにしか、ワカラナイ映画なのです。


複雑に見える「現実」が、すべて一つに繋がっているとしたら、あなたはどうしますか?
何が「フィクション」で何が「現実」なのか?
「~」とは?「悪魔」とは?「光」とは?「闇」とは?
「人間は何処から来て、何処へ行くのか?」
「地球という星は宇宙のなかでどういう役割を果たすべきなのか?」

人間にとっての根源的な問いに、分かり易く答えてみせようという試みが日本で始まっていることに、人類はもっと驚くべきではないでしょうか?
フィクションに見せかけて「現実」の本当の姿を世界に知らしめようしている、この“とんでもなさ”に一刻も早く皆に気づいてもらう為にも、“問答無用”の説得力とエンタメ性の更なる向上が急がれます。


壮大な謎解き映画「UFO学園の秘密」。

土台と構想力とメッセージ性は超一流でも、作品としての完成度はまだまだ発展途上ということだけは誰にでもわかってしまう処が、ちょっとツライ処デス。(この辺、「幸福実現党」ともカブル問題が…)

作家の架神恭介氏は、宗教に深い関心を持っておられ、「幸福の科学的世界観」の先進性にも気づいておられるようなので、今回の映画に関して、弱点を率直に指摘しながらも、次作に大いに期待して下さっていることが何よりありがたいことです。

色々な見方はありますが、今回の映画「UFO学園の秘密」は、歴史問題、宗教問題、政治問題の奥に潜む闇の存在に宇宙的観点からメスを入れ、一石を投じてみせた記念すべき作品として、後に評価されるに違いないとは思います。
知ってしまえば、「なんだそうだったのか!光vs闇のカンタンな話ジャン」となってしまうのが、世界を謎のままにしておきたい人達からは、「幸福の科学的世界観」が嫌われる理由なのかも知れませんが、「単純!」と馬鹿にされようが、嫌われようが、無視されようが、宗教統合の布石を打ち、地球人意識の目覚めを促す映画が、世界に発信された事実は永遠に消えないと思います。


http://kai-you.net/
「幸福の科学によるオカルトごった煮アニメ「UFO学園の秘密」を真面目にレビュー」http://kai-you.net/article/22708 

作家の架神恭介です(『ダンゲロス1969』など)。

今回はかの宗教法人・幸福の科学による新作アニメ映画『UFO学園の秘密』を、布教映画としてではなく、一つのアニメ作品としてまじめにレビューしてみます。

本作の特徴は宗教思想を土台とした、通常のアニメ映画ではありえない異様に複雑・重厚な世界観と、神も悪魔もグレイも一緒くたに出てくるオカルトごった煮感。これがいかに通常ありえない作劇であるかを、幸福の科学の宗教思想も交えながら解説してみる。

セオリー無視! 思想ありき、ゆえの独創性
さて、僕は宗教系の著作(『仁義なきキリスト教史』など)も書いている関係上、宗教ネタには相応に興味があり、『仏陀再誕』や『神秘の法』といった幸福の科学によるアニメ映画にも何気に毎回足を運んでいたりします。

しかし、これが宗教団体による布教映画と侮るなかれ。前作『神秘の法』は通常のアニメ映画ではありえない作劇の一大スペクタクル娯楽大作でした。まあ、それ以前の作品はエンタメとしてはまだまだかな……と言うのが正直なところですが。

今作『UFO学園の秘密』にも前作『神秘の法』にも共通する点ですが、特筆すべきは、まず幸福の科学の内部で構築中の独自の宇宙論があり、それを土台として作品をつくっていることです。

幸福の科学では2010年頃から宇宙についての研究が始まり、大川隆法氏が霊言(偉人や神の霊に大川氏の口から語らせる)やリーディング(相手の魂の過去世を探査する)により、宇宙に関する断片的な情報を収集、それを集積していくことで宇宙の全体像を読み解いている最中です。そうして培われた宇宙観に基いて、『UFO学園の秘密』はつくられています。

作品ありきではなく、思想ありき。これが通常のアニメ映画ではありえない点でして、するとどうなるかというと、作中の世界観が凄まじく複雑になるのです。なにせ霊言では、孔子やアテナの霊が様々な宇宙人について言及してますからね。偉人や神格が宇宙人を語るような世界観です。それがそのままアニメになるんだから、もうスンゴイ。


映画「UFO学園の秘密」 予告編 2



例えば『神秘の法』では8つもの勢力が出てきます。「人間勢力A」「人間勢力B」「祖神」「悪魔」「宇宙人」「敵性宇宙人」「金星人」「地球意思」──これら8大勢力が軍事力、超能力、オーバーテクノロジー、召喚魔法、説教を駆使して戦うバトル映画であり、秘密結社から最終破壊兵器までこれでもか、これでもかとオカルト要素・ボンクラ要素を盛り込んでくるのです。

普通にアニメ映画をつくる場合、この雑多すぎる勢力分布と技術体系はありえません。企画段階で「勢力は大きく2つ、第3勢力を入れるにしても3つまでに絞ろうな?」と言われるだろうし、「軍事力と超能力とオーバーテクノロジーと召喚魔法と説教で戦うのも多すぎるから、どれか1つか2つにしような?」と言われることでしょう。

でも、幸福の科学はそんなセオリーに囚われない。だって、彼らの宇宙論ではそれらは現に存在しているのだから。そして、それら全てのオカルト要素を「幸福の科学思想体系」の中でまとめ上げて説明することが映画の趣旨なのだから。よって、幸福の科学映画では通常ありえない複雑で壮大な世界観がしばしば描かれるのです。結果、「侮れない」作品が出来上がる……。

複雑すぎる相関関係図

『UFO学園の秘密』公式サイトより

そして本作、『UFO学園の秘密』も非常に複雑な世界観、勢力分布図を持つ作品となっています。宇宙人というのは「地球外に住む生命体」であり、本来その存在は科学の範疇で理解されるものです。一方で神や悪魔はオカルトの範疇です。ですが幸福の科学では、この2つの「ふしぎなこと」が地続きで理解されており、宇宙人と神や悪魔は密接な関係を持っています。そして、それゆえに非常に複雑な世界観になっています。

例えば主人公が敵対することになる敵性宇宙人・レプタリアン。爬虫類型の宇宙人で、彼らはアメリカ、ロシア、中国の軍部に既に人間の姿で潜り込んでいる……とされているのですが、これが一枚岩ではありません。中国に潜むレプタリアンとアメリカに潜むレプタリアンは互いに争っており、しかし、そのレプタリアンたちは「裏宇宙」に潜む「宇宙の邪神」に利用されているに過ぎず、彼らの発動している計画は地球の悪魔である「サタン」により準備されたものなのです。

この通り、「主人公と敵対する宇宙人」一つを取っても、「裏宇宙」という全く未知の概念が出てくるし、勢力も「レプタリアンA」「レプタリアンB」「宇宙の邪神」「サタン」が出てきます。とにかく複雑すぎる。普通のクリエイターなら「『敵』でいいじゃん!」「それ以上の設定いらないよ!」となるところです。しかし、どんなに複雑でも幸福の科学はこれをそのまんまにやる。だって、彼らの中ではそういうことになってるんだから。話が複雑だからって宗教上の世界観を勝手に簡略化できないんですよ。

主人公に味方する宇宙人も「月の裏側」「プレアデス5番星」「プレアデス3番星」「ベガ」「ケンタウロスα星」という5勢力も出てきます。さらにはレプタリアンの中にも「光の神に帰依して地球を守る」者たち──「信仰レプタリアン」なんてのがいて、レプタリアンでありながら一部は主人公に味方するという非常に複雑な相関関係が描かれるのです(映画はそれでもまだ登場宇宙人の数を絞っていて、霊言やリーディングではもっといろんな宇宙人が出てくる……)。

なお、なぜ幸福の科学では「宇宙的なふしぎさ」と「オカルト的なふしぎさ」が地続きで理解されているのかというと、これはおそらく彼らの輪廻転生思想によるものです。彼らの理解によると、魂は地球人として生まれることもあれば宇宙人として生まれることもあり、霊界で神となることもある。さらに宇宙人は、地球人から見ると神に見えたりもする(シュメールの神・エンリルは実はレプタリアンらしいです)。

よって、宇宙人と神は同じベクトルで語られるし、同じ土俵で作品に現れるわけですが、これが僕たち門外漢から見ると「あらゆるオカルト要素をごった煮で詰め込んだすごい作品」に見えるわけですね。

というわけで、『UFO学園の秘密』も前作『神秘の法』よろしく、極めて複雑で複層的な相関関係とオカルトごった煮感を持つ作品でして、通常のアニメ作品ではありえない「厚み」を持っています。通常のアニメ作品ではまず企画が通らない、宗教団体という特殊な出自ゆえに成立し得た作品と言えます。

視聴者置いてけぼりな作劇も……
ですが一方、『UFO学園の秘密』には難点もあって、前作『神秘の法』に比べるとエンタメ性では一枚落ちちゃう。『UFO学園の秘密』は教義説明にかける尺がやや長いんですよね。ちょっと中盤は眠たくなってしまう。『神秘の法』は布教映画である前に「よくできたエンタメ作品」でしたが、『UFO学園の秘密』の方は「はい、ここから教義の説明をしますよー」的な「布教映画要素」を感じてしまいます。『神秘の法』はエンタメを見てるつもりなのに、自然と幸福の科学の世界観が頭に入ってくるつくりが布教映画としても上手かったんですよね。

また、見ていてやや共感しづらいところも……。「今のセリフを受けて、なんでこのキャラは納得したの? なんでそう答えたの??」みたいな点が各所にあります。論理が一足飛びというか、視聴者の感情の動きに合わせてくれない、理解の階段を一段飛ばしで駆け上がってしまう、そんなきらいがあります。ひょっとすると信者の方なら、日頃の説法と合わせて考えることでスンナリ理解できるのかもしれませんが、一般人にはやや説明不足です。この辺の不親切さもエンタメ性を損ねていました。

中でもエンタメ的に一番ネックだったのは、主人公たち5人のチームが一時的に仲違いをするシーンです。宇宙人の証拠となる「月の石」が何者かに盗まれて、チームの一人であるタイラくんが「俺たちの中から敵に情報が漏れているのかもしれない」と呟きます。タイラくんの恋人であるハルちゃんの妹がかつて敵性宇宙人にアブダクションされており、そこからの情報流出を疑ったわけです。これは極めて妥当な分析でしたが、妹ちゃんは「どうせ私のせいなのよ!」と泣いて走りだしてしまいます。するとヒロイン連中が急に感情的になって、「ちょっと男子、謝りなさいよ!」モードに突入。理不尽なまでの勢いで男子を責め立てます。小学生女子かよ……。
「あんた本当に悪いと思ってんの!?」「お、思ってるよ……」「思ってないわよ! 思いなさいよ!」「は、はい……」みたいな。作中でも「女子ってめんどくせー」と言われてたけど、本当にめんどうくさい……。

これでタイラくんが反省し(!)、チームに結束が戻ったことから事態が大きく動き出すため、「仲間割れ」→「一致」のプロセスは作中でも非常に重要なポイントなのですが、この通り、ヒロイン連中の非難に全然感情移入できないので、ここのシーンはゲッソリしちゃう。これは信者なら飲み込めるとかいう問題でもないと思うので、単純に作劇ミスってるんじゃないかなー。タイラくんはほんのちょっぴりデリカシーに欠けてたけど、あんな風に責め立てられる謂れはないよ。


まとめ
総じて言うと、『UFO学園の秘密』は世界観の厚みやスケールの大きさでは※『神秘の法』にも引けをとらない出来でした。しかし、エンタメ性や部外者へのサービス精神では前作に比べてややクオリティダウンした印象です。というか、前作がよく出来過ぎていた。

繰り返しますが、この世界観の異様な重厚さは、幸福の科学産という特殊な状況下でなければ生まれないと思うので、次回作ではその強みとエンタメ性をまた両立させて欲しいですね。期待しています。

続きは http://kai-you.net/article/22708/page/2




--------------------------------------------------------------------------------

幸福の科学の新作アニメ「UFO学園の秘密」がくっそ面白そうwwwwwwwwwwwww

http://fesoku.net/archives/8067794.html


--------------------------------------------------------------------------------

http://laws-of-universe.hspicturesstudio.jp/wanted/wanted-category/sightings/ より

電車の中に宇宙人がいた!?UFO目撃情報

--------------------------------------------------------------------------------

※『神秘の法』動画アリ↓↓

・テレ玉でまさかの「神秘の法」放送に震えるTL→ しかし上には上がいた件




--------------------------------------------------------------------------------







「宇宙人と交流する時代が近づいている!」
映画「UFO学園の秘密」 〜 Part 0 〜
全国上映期間 (ファ-ストラン) は11月6日まで!


【速報!】7日(土)〜13日(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷  

シネ・リーブル梅田
ロングラン決定!!



--------------------------------------------------------------------------------



書籍「ザ・コンタクト」



《コンタクティーの元祖アダムスキーの霊が語る「宇宙時代」》

*アダムスキー(1891〜1965)
コンタクティー(宇宙人遭遇者)の元祖として知られるポーランド系アメリカ人。1952年、モハーヴェ砂漠で空飛ぶ円盤と宇宙人(金星人)に遭遇。その体験を書いた「空飛ぶ円盤実見記」が世界的ベストセラーとなる。

●「次の文明は、霊界と宇宙にかかわる文明です」

(アダムスキー)
もうすぐ宇宙人が姿を現すと思います。そのときに、「知識がない」ということは、悲しいことです。
日本は、進んでいるようで、実は “情報鎖国” されていて、宇宙に関することや霊界に関することについては、今、非常に後れており、改善する余地があります。
次の文明は、霊界と宇宙にかかわる文明です。だから、新文明は、霊界と宇宙から切り離されては存在しません。
そして、実は、今、宇宙の謎を解きながら、諸民族が争ってきた歴史の霊的背景や、宇宙の歴史の背景を明らかにしようとしているところであり、理解の手がかりを与えようとしているわけです。
「人種の違いには意味があって、偶然ではないのだ」 ということですね。
だから、肉体先祖にも、もともと物質化現象的につくられたものもあれば、遺伝子操作でつくられたものもあり、地球と似た気候環境の下にいた宇宙人が、そのままの肉体で移り住み、地球に適応する体に変わったものもある。パイトロンというふうな機械によってつくられた人霊もいる。
また、レプタリアンというようなものが、肉体でも来ているけれども、それは、外見上は、変装をしたかたちで人間に見えるような姿に変わっている。「そういう技術も持っている」ということですね。
それから、アメリカでは、UFOによるアブダクション、誘拐事件が多発し、もう数百万件から一千万件も起きていると言われておりますけれども、これが、今後、日本等にも起きてくる可能性はありますので、そうした存在について教えておく必要はあるかと思います。
宇宙人との付き合い方が今後の発展になると思います。


レプタリアン(爬虫類人間)の衝撃映像!??



悪魔の眼(レプティリアン)ニュースレポーター

[parts:eNozsjJkhIPUZENDA6NkswDjssTyqjKnpApH+7TUxJLSolTbgpzEytSi+NTcpNSUlNQUJjMTAyZjMwMmAwAVsxHS]


爬虫類人に変身するCNNレポーター ブライアン・トッド 0:38辺りから




瞬膜(しゅんまく、英語: Nictitating membrane)とは、まぶたとは別に水平方向に動いて眼球を保護する透明又は半透明の膜。 第三眼瞼(英語: third eyelid)ともいう。 鳥や爬虫類が瞬きをするとき、目の内側から瞬間的に出てくるため「瞬膜」と呼ばれる




カメレオンの瞬膜








ラベル:宇宙、宇宙人
posted by megamiyama at 07:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする