2015年11月03日

10年間植物状態で、外界と遮断された状態から復活した青年の話

「光の進軍」http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/7d52207abf433299816fafb85e4c405cにもUPされましたが、「意識はあるのに昏睡状態のまま10年間、誰にも伝えられなかった青年…目が覚めた後の衝撃的な告白」の記事を紹介したいと思います。

以前『「霊性の時代」の開拓者たち  福島智氏と東田直樹君』http://rokkou-kabuto.seesaa.net/article/424933321.html?1446505629 で紹介した福島智さんも、「目も耳も聞こえない真っ暗な宇宙にひとりぽっち」のような孤独を体験された方ですが、この青年の場合は、目も耳も聞こえているのに、一切の意思表示が出来ずハタから見れば植物人間の状態で10年の歳月を過ごした方。

その“牢獄”から奇蹟的に抜け出す日が訪れ、今は完全に人並み?の幸せな生活を送っておられるようですが、植物状態の間は、実の母親が「死んでくれたらよいのに」というのを聞いたり、脳死の植物人間だと思って看護婦達によってたかって?辱めを受けたり、耐え難く絶望的な日々が延々と続いたようです。
よくまあ、10年間もそんな状態に置かれて自分を見失わずに耐え忍んだものです。
10年後に脳の機能が回復して健常者に戻れたのも奇蹟的です。

世の中には、苛酷な試練というものがあるものです。
彼が見聞きした全てを洗いざらい本にしたようですが、10年間彼の身近に居て醜態をさらした人達にとっては、これからが試練なのかも知れません。

余談ですが、介護の経験がある人ならわかると思いますが、呆けて気むずかしいお年寄りも、ただ通り一遍に優しくするだけでは馬鹿にしたりしますが、しっかり自分の為に親身に世話をしてくれる人には優しい笑顔を見せたりするものです。呆けても人を見る目はしっかりしているのだなと感心したりします。

モノ云わぬ動物(もしかして植物も?)も、ましてや人間ならどんな人も、本当は皆わかっているし見る目聞く耳だけは持っていると思っていて間違いはない気がします。

そして、母親にさえも見捨てられたと思っても、自分で自分を保っている限り、完全に見捨てられることはないということを、彼に起こった奇跡が物語っているようです。

彼が絶望状態の中で、考えることをやめた…というのは、「ああ、そうなってしまうのか!」と切なくなりますが、しかし何も見えず何も聞こえず、考えるコト以外することがなかった福島氏に比べれば、まだ見えるだけ、聞こえるだけ幸せだった気もします。(その状態でも他者と繋がる方法が見つかった福島氏の方が、“牢獄”から抜け出すのは早かったですが、暗闇に閉ざされたままの状態が変わるわけではないので「この世」の苛酷さは断然上ではないでしょうか?)

人の間と書いて人間とはよく云ったモノ。
どんな状況にしろ、究極の状態に置かれた時、“繋がること”が人間にとって最大の救いであり、希望になることを彼らが身を挺して教えています。

ちゃんと目が見え、耳が聞こえ、話が出来る人間同志でも、自分で作った牢獄に閉じこもっている人が大半の世の中では、なかなかそう簡単には人と人、ましてや国と国が繋がることは難しいですが、「人間なら、せっかくの目と耳とクチをちゃんと使うべし!」ということでしょう。

2015年09月28日 http://labaq.com/archives/51857502.html

意識はあるのに昏睡状態のまま10年間、誰にも伝えられなかった青年…目が覚めた後の衝撃的な告白

cce4fad9.jpg



マーティンン・ピストリアスさんは病気で昏睡状態になり、意識不明の植物状態となりました。

ところが2年後に意識だけが覚め、しかし体は動かせず、口も利けず、周囲の人に知らせる手立てがない状態となったのです。

そのまま10年間、体の中に閉じ込められました。


Man trapped in coma was AWAKE for 12 years but couldn't move or speak - Mirror Online
89292454.jpg


マーティン・ピストリアスさんは、12歳のときに髄膜炎にかかり、昏睡状態に陥りました。

24歳まで12年間寝たきりだったのですが、2年ほど経ってから(14、5歳のころ)意識だけが覚めたのです。

しかし体は動かせないまま、目は見えても視線を合わせることは不可能。意識が戻ったことを誰にも伝えられない状態だったのです。

母親はそんなマーティンさんの世話に明け暮れ、精神的に追い詰められた結果、息子に向かって「死んでくれたらいいのに」と言った覚えがあると、のちに告白しています。

その間も彼はずっと起きていて、それを聞いていました。そのときのことをマーティンさんはこう伝えています。

「最初からではなく、おそらく2年くらい経ってから意識が戻り始めた。周りで起こっていることは普通の人のように気づいていた。人々は僕が意識のないことに慣れていて、そのため意識が戻ったことに気づいてはもらえなかった。
もしかしたら一生このままで、孤独なのだという現実に打ちのめされた。
できることは『考える』だけだったが、その考えも時間が経つにつれ暗くなっていった。」

そこでマーティンさんは考えるのをやめたそうです。

「単に存在しているだけだった。暗いところで消えようとしているみたいに」

ところが彼の脳は24歳になってから機能しはじめ、同じころに身体も働きはじめたのです。
7bd06ace.jpg


想像を絶するこの体験を、彼は「ゴースト・ボーイ」“Ghost Boy”という本にしています。(martinpistorius.com)


↑インタビュー

Man was trapped in his own body for 12 years

Man was trapped in his own body for 12 years - YouTube

海外掲示板の意見 (抜粋)
●自分も体の中に閉じ込められる体験を短い間だけどした。
それは恐怖の24時間だった。周りで何が起きているかよくわかっていて、間違った推測によって自分の生死を決められようとしている。しかも自分はそれについて何もできない。テレパシーでコミュニケーションしようとしたよ。ちなみに効果はない。


現在マーティンさんは39歳で結婚しており、イギリスで生活しているそうです。

失われた時間の分も幸せになってくれることを願います。

Martin Pistorius' tale of being trapped in his body

Martin Pistorius' tale of being trapped in his body - YouTube

TIL a man woke up from a coma after 2 years but was unable to show any sign of it.




タグ:人間・天才
posted by megamiyama at 13:14| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 奇蹟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

脱税を取り締まるより、フラット税を導入したほうが、国の財政は潤うはずなのに…重税国家の「罪と罰」

リバティが「スイスの銀行が資産隠しの方法を暴露 悪いのは税を隠す方? 取る方?」という記事を書いています。
「脱税」というと、とんでもない犯罪のように扱われますが、よく考えれば「出来れば、財産を没収されたくない」と思うのは人情です。
私有財産を守ろうとする資産家と国家権力との攻防戦は、何処の国も熾烈のようですが、弱者救済、年金・保険制度維持の名の下に、税金取り放題の重税国家となりつつある日本も、他人事ではありません!

お役所にまかせておけば、老後は安泰、医療も生活も国が面倒を見てくれる という時代はとっくに終わったというのに、会社ならとっくに財政破綻してつぶれているはずの、お役人によるお役人のための「お役人天国」が、未だに続いているのは国民の血税の賜物!?
本来なら、「日本」の経営に失敗し財政危機を招いた責任をとって、各省庁の歴代のトップは退職金返納、現職は給料カットかリストラ断行されて然るべきですが、自分達がつくった借金を国民に当然のように押しつけて、組織の延命を図る、図々しさは、国家背任罪に相当するのではないでしょうか?

これ以上、財務省官僚のしたい放題にさせるまじ!

消費税を10パーセントにあげるなら、他の税金をゼロにせよ!と云う権利が国民にはあると思います。

今の処、ソレを云っている政党は「幸福実現党」だけ(「南京大虐殺」のユネスコの世界記憶遺産登録申請に異議申し立てをしたのも、幸福実現党だけ!)ですが、保守の議員にも隠れ賛同者はたくさんいるでしょう。ただ、「年金や社会保障の財源をどうするか」という問題でみな躓いて、誰もそこまで思い切って云えないだけで…

安倍政権でさえサヨク官僚に完全に取り込まれてしまっている日本において、「税収がアップするかしないか、いちかバチかやってみよう!」などと大胆な提案が出来るのは、日本の明るい未来を信じて疑わない「幸福実現党」だけであるのは確かです。

結局は、未来(そして人間)を信じるか、信じないか?の一点にかかっていると思われます。

日本に希望はあるのか、ないのか?
「幸福実現党」が、日本の希望の☆だと認めるのか、認めないのか?

このままなにもかも中途半端な安倍政権を支持して、ズルズルと重税を受け入れていくのか?NO!と云える日本人になるのか?
目覚めて立ち上がるかどうか試されているのは、日本人自身だと思います。

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10411

2015.11.01

スイスの銀行が資産隠しの方法を暴露 悪いのは税を隠す方? 取る方?


アメリカの顧客がどのように資産隠しをしているかについて、このほどスイスの銀行が暴露した。米司法省が、情報を提供すれば銀行の告発を見送るとしたため、それに応じた形だ。



多くは、限られた行員しか知らない数字やコードネームを使った口座を顧客に提供するもの。また、イギリス領のバージン諸島やパナマなどのタックスヘイブン(租税回避地)にニセの信託や基金を設立し、顧客の口座を隠したケースも多いという。



このような租税回避を助けたスイスの銀行は、国際的な銀行から小さな町の金融機関まで、規模はさまざま。その口座数は総計1万口以上、総額約100億ドル(1兆2100億円)に上るという。これらの銀行は刑事告発を避けるため、米当局に総額3.6億ドル以上の罰金や和解金を支払った(10月23日付ウォール・ストリート・ジャーナル電子版)。





公平なフラット税の導入で税収も増える

富裕層や外資系企業が資産を隠したり、税金の低い国に資産を逃す事例は後を絶たない。確かに脱税は違法行為だ。しかし、「汗水たらして稼げば稼ぐほど、その分多く、国に取られるのはおかしい」と考えるのは人情だろう。



税金を払わない人が悪いという考え方もあるが、集める側もイノベーションが必要だ。本当に公平な税制は、所得の多寡にかかわらず、同じ税率で税金を支払う「フラット税」だろう。



例えば、香港は1947年から15%のフラット税を導入。株式投資などの配当税や土地など資産の売買で得られるキャピタル・ゲインにも課税はなく、関税もかからない自由貿易港だ。そのおかげで香港は、土地も資源も少ないにもかかわらず、超高層ビルが立ち並ぶ繁栄を享受した。



またロシアでも、2003年にプーチン大統領が13%のフラット税を導入。天然資源の値上がりなども相まって、ロシア経済を回復させた。



このように、フラット税により、経済成長が起きて国富も、税収も増えるケースがある。富裕層が公平さを実感できれば、脱税も減るだろう。だがこのフラット税は先進国ではいまだ、実践されていない。それは、国民の間に「税金は、なるべく金持ちから取るべきだ」という思いがあり、民主主義社会では、数の原理でこの壁を打ち破れないためではないか。



日本は先進国の先陣を切って、10%程度のフラット税を導入すべきだ。日本社会に広がる悪平等の根底にある嫉妬心を払拭し、成功者への祝福の心を持って、富裕層を増やしていく必要がある。(泉)



【関連書籍】

幸福実現党刊 『幸福実現党テーマ別政策集 2 「減税」』 大川裕太著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1442



【関連記事】

2015年9月1日付本欄 特許移転にも課税 国民が税金を納めたくなる低税率を

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10125



2014年7月31日付本欄 富裕層の税金逃れを取り締まるOECDに疑問 経済活動の自由こそ国家繁栄への道

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8223



公平なフラット税の導入で税収も増える 日本は10%程度のフラット税を導入すべき

2015-11-01 22:07:37 | 幸福実現党
posted by megamiyama at 13:41| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済、繁栄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする