2015年10月25日

「国民が知らない反日の実態」というサイトについて

ネットで注目の若手議員小坪しんや氏が、最近のブログ『【知らなかったらシェア】麻原彰晃の父親は朝鮮人だった(米国の論文で指摘)』という記事の中で、「日本の恥」と題して「米国に学会にて、論文としてこのようなことが指摘されているのは、大きな恥である。」と書いておられます。

そして、その論文があることを紹介した貴重なサイトというのが、「国民が知らない反日の実態」で、サイトを立ち上げた運営者と小坪氏は年一回は「研修旅行」をする仲だそうですから、頼もしい限りです。お互いがお互いの“懐刀”になって、今後ますます大きな力を発揮されていく予感がします。(ただ、そのサイトで「幸福実現党の正体」という項目があるのですが、事実誤認が著しく、世間一般の目線と同じレベルで書くなら、書かない方がマシと思われる程、乏しい内容でした。日本人の宗教アレルギーこそ一番「反日的」なのに!と思ったことでした。)

(日本のマスコミが伝えないということを、外国に云われるのは)「日本の恥だ。」「だからこそ早急な是正が必要だ」「この汚名を雪ぎたい。」

と小坪氏は、力強く語りますが、小坪氏のような正義感あふれる、真っ直ぐな日本人にこそ、日本が今、神を見失い、理想(日本のあるべき姿も世界のあるべき姿も)を見失い、政治家もマスコミも国民も衆愚に陥ってしまっていることの恥ずかしさに、先ず目覚めて頂きたいと思います。

理想は神の側にあります。人間の側に立つと、理想より目先の現実に追われます。

先の戦争でこの国を命がけで守ろうとして下さった英霊の方々に、このままでは誰も、恥ずかしくて顔向けできない国に、日本は成り下がってしまいました。

見失ったモノが分からない。日本と日本人の素晴らしさが分からない。“神々”によってつくられ神々によって守られてきた国であることを知らない。八紘一宇の思想は誇るべき日本(そして世界)の理想であり、世界を統べる国として選ばれ、その責務を果たすべく救世主が日本に降り立っていることも知らない。

恥ずかしいことだと思います。

せめて、恥を知る…日本人でありたいものです。

日本人が「正義」に目覚め、「歴史」に目覚め、「政治」に目覚め、「日本そして世界」に目覚めなければ、日本のみならずコノ文明が滅ぶ という岐路に立っていることを知って立ち上がった日本の宗教団体を、売国度Aと認定するサイトが、日本の真性保守の立場だと世界に発信されるなら、恥ずかしいことです。

「国民が知らない反日の実態」というサイトについて、下記のように小坪氏が語っておられるので、抜粋して転載させて頂きます。(尚、「幸福実現党の正体」以外は、断固支持する立場デス。サイトが立ち上げられた趣旨に賛同して紹介させて頂きますが、問題も多々あるようです。)

小坪しんやのブログ https://samurai20.jp/2015/10/asahara/

「【知らなかったらシェア】麻原彰晃の父親は朝鮮人だった(米国の論文で指摘)」(一部抜粋)
2015年10月23日
「国民が知らない反日の実態」

「国民が知らない反日の実態」この名前をどれほどの方が覚えているだろうか。
wikiで構築され、資料庫として機能してきた。
現在は古参となっている保守活動家たちが、
かつて新参であった頃、入門の教科書として愛するサイト。
私もその一人だ。
今になって「新たな資料」を目にしたのは、驚くと共に感慨深い。
そこには主として懐かしさがあるが、様々な思いが去来した。

ネット保守は、戦い続けてきた。
当時、劣勢の中、これらの話は「デマデマ」とレッテルを張られ、
掲示板でも負けることは、しばしばあった。

正しく資料が提示されたとしても、スレが落ちればそれまで。
そこで構成された理論は、次には引き継がれず、言うなれば「ゲームデータがセーブされない」という問題があったのだ。
そこでwikiにまとめ続けることで、資料を編纂しはじめた。
誕生したのが国民が知らない反日の実態というwikiです。

のち。
様々なことがあるが、やはり何をやるにも楽ではなかった。



昔からやってるから偉いとか、
そういうことを言いたいわけではない。

私たちが今、在ること。
いま、戦える状態にあること、
それには、かつて戦ってきた者がいるということを、少しだけでいい、頭の端に置いて欲しい。

その理由はシンプルだ。
ネットの今の動きは、やがてはリアルにも影響を及ぼしていくし
いや、すでに及ぼしているように思う。

ネットで学んだ者がリアルでも活躍していくと想定している。
それこそは、ネットの発言力をさらに高めていくのだと思う。
その際に、ネットがリアルと触れ合う際に、もっとも必要になると思うがこの点だからです。

恐らく知識面の厚さは、ネットで学んできた者のほうが優れているだろう。
リアルの方と接した際、物足りなさも感じるかも知れない。
それが行き過ぎれば、トラブルになってしまう。
だからこそ、相互に敬意を払い合うことを、強く訴えたい。



以下、ちょっとした昔話。
私自身も古くから友人で、実は年に一回、恒例で旅をしている。
旅と言っても、私費で行ってるのに旅行とは言い難く、実態はテーマを絞っての研修視察。
対馬に行ってみたり、原発を見たり。
九州から2人で出て、自動車で東京(靖国神社がゴール)に行って、
途中、浪人中の支部長(当時、自民は野党)をアポなしで電撃的に勝手に激励にまわったり
原発を見て回ったり、とりあえず体当たりでノープランで行ってきた。

一応は計画を立てるものの、なぜか毎年、天災が起きる。
対馬に行こうとしたら、突然の大雪でフェリー埠頭まで辿り着けないとか。
最大のものは、九州に来る直前に東日本大震災。
危うく移動手段を失うところだった。
何度かニコ生とかもした記憶が。

代表管理人、彼自身も一時期は「追いかけられて」いたようで
少なくとも何らかのリスクを感じての活動だった。
表に出てくる存在ではないやり方、インフラの維持が主ではあった。

ただ、「元を潰される」可能性は否定できず
それが物理的に「人を」という危険を、ひしひしと、私たちは感じてきた。

前に出るタイプの、前線を張るタイプの私と
後ろから支え続けた、後衛の彼。
誰からも理解されぬまま、なぞの逃走劇みたいな日々だった。

ネットで戦う私たちだからこそ、
モニターの前を離れ、その地に行き、その場にある人の声を直接聞くことに意味を見出したからでした。


日本の恥
米国に学会にて、論文としてこのようなことが指摘されているのは、大きな恥である。
日本の報道は、「歪んでいる」と指摘されたようなものだ。
私は、これを否定する言葉を持たない。
むしろ指摘し続けたきた立場であるし、
読者の多くもそうであると思う。

しかし。
メディアが歪んでいる事実を、他国において周知されるというのは、極めて重く受け止める必要があると思う。

恥だ。
日本の恥だ。
だからこそ早急な是正が必要だと、私は考えています。

そして、この汚名を雪ぎたい。



知らぬこと、いまも多々あります。


私自身も多々あるし、専門外では特にそう。


驚くような話は、いまも出てくるし


懐かしいサイトに、その情報が掲載されていたことに気付く日もある。


米国の学会にてこのような指摘を受けていたこと、


このような「日本の恥」は


早急に是正されねばなりません。


賛同して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。


私はこのような指摘を受けていたことに、驚きを禁じ得ません。


一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。
【支援要請】戦うための、武器をください。(https://samurai20.jp/2014/08/samurai/


最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也 https://www.facebook.com/shinya.kotsubo 
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也  https://www.facebook.com/shinyaFJ
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也  https://twitter.com/kotsubo48
posted by megamiyama at 09:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする