2015年10月06日

アマミキョさんのぽえむん「道久しき」

更新再開!した途端、またもや途絶えて十日以上経ってしまいました。

ボロパソコンの調子がいよいよ悪い(終始、耳障りな音を立てるようになりました)のもありますが、どうも管理人の調子もイマイチな日々が続いております。(要するに、自業自得(笑)宿題の山を前に気持ちばかり焦っている夏休み最後の日の小学生のような気分デス)

「あとで後悔しないように生きる」ために、何をすべきかやっとはっきりしてきたのは良いのデスが、日常のあれやこれやにかまけてうかうか過ごしていると、気がつけば大切な人との縁が切れていたり(突然亡くなってしまわれたり)、SOSのサインが出ている時に応えてあげられなかっり、貴重なタイミングを逃したり…そんなことばかり繰り返している自分に気づくことが、最近多くなりました。(大事なコトを成し遂げる為には、時間とエネルギーが必要ですが、「思い」がなければ“捻出”出来ません。「思い」と「現実」はやはり連動しているのだと思います。“自分の思い”の弱さを「現実」がイチイチ“ご丁寧に”教えてくれます)

かくて、後悔の山ばかり築いている「私」が、久しぶりの更新で紹介させて頂きたい記事は、10月1日のアマミキョさんの「ぽえむん」。
久しぶりに覗いた「アマミちゃんのお気楽ブログ」で見つけた「ぽえむん」の言葉が胸に浸みました。

何を思い何を為すか

それのみが真


本当にそう思います。

今こうしてパソコンに向かっている間も、時間は容赦なく過ぎ去っていきますが、「道久しき」で焦らず、しかし少しはペースアップして、為すべきコトを為していかねば!と思います。 

http://amamikyo.amamin.jp/e546736.html

ぽえむん「道久しき」


2015年10月01日


目の澱を取り除けば

すべては移ろう夢

何を思い何を為すか

それのみが真



弱き心を責めはしない

傷つくことでしか得ぬものがある

だがそこに留まり過ぎてはならない

川は常に流れているのだから



多くの命潤す水であれ

多くの命潤す波であれ



個の痛み超えて

いま妙(たえ)なる道へ



君落とす涙に

誰かの深き祈り宿りし
posted by megamiyama at 10:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 奄美、アマミキョさん、 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする