2015年08月14日

グッジョブ!「70年安部談話」 


今、この時、日本の首相が安部信三で良かったとつくづく思えました。(前のエントリーで「70年安部談話」もう要らない!?‥などと書きましたが、失礼しました) 

一番良かったのは「未来の日本の子供たちに謝罪をさせ続ける未来にしてはいけない」ときっぱり言ってくれたこと。(日本の未来の子供達のことを日本が心配するのは当然で、中・韓にも文句をつけようがないでしょう。)

「(第一次世界大戦後)世界の大勢を見失い、日本は世界諸国?(正確に思い出せません)に対するチャレンジャーになってしまった」という言葉も「チャレンジャー」と言う“良い言葉”を使って、日本がやむを得ず孤立していった事情に対する含みを残し、「うまいコト言うなー」と感心しました。

安部首相は「これまでの河野・村山談話を踏襲する」と公言させられていたので、「どんなつもり!?」と疑ってましたが、政治家同士の駆け引き上そう言わないと先に進めなかったウラ事情があったのでしょうね。

「踏襲する」と言いながら、「同じことを言い続けるなら、70年談話を出す必要などない。」とも言っていたそうですから、やはり政治家って誰にでも出来る仕事ではないようです。

明日、70回目の終戦記念日を迎えますが、戦地で散った兵士たちや戦災で亡くなった日本の多くの被害者に対する慰霊の言葉が先ず初めにあったことが、なによりこれまでの談話との違いであり、言葉に重みがありました。
これまで外国に“思いを致す”ばかりで、日本人自身のかつての塗炭の苦しみについて、政府が思いを致す話はあまり聞けませんでしたが、今回初めて公式に首相が、戦争で亡くなったすべての日本人(市民も含めて)に対する痛切な思いを語り、遅きに失した感はありますが、記念すべき談話になったと思います。

毎年のことながら、奇しくもお盆。
亡くなった兵士や国民に対する、はじめての公の慰霊がかなった気さえします。
首相の言葉というものは、良きにつけ悪しきにつけ、これほど影響力があるものなのですね。

感動的とまではいいませんが、これまでの談話があまりにも外国に偏った“お詫び”でしかなかったのに対し、やっと首相による「戦後の総括」が聞けた感じです。

安部首相の中で、戦後レジームからの脱却への決意が固まっている?と思わせる未来志向の内容でしたが、果してメディアはこれをどう伝えるでしょう。

ちゃんと反省の言葉も随所に盛り込まれているし‥、あらためて武力の放棄や核兵器の廃絶のことも言っちゃったし‥(言わなくてよいのに!)、従軍慰安婦のことも中国のことも、慎重な上にも慎重に言葉を重ねた上で、海外諸国の協力についても感謝のことばを述べた(中・韓の公式な恨み節とは大違い!)「安部談話」に対し、あまりケチをつけると、今回は国民の反発を買うでしょう。

それにしても、左翼(=憲法9条)に気を遣いすぎるくらい、気を使った内容でした。
こうやって、気を使いすぎて、自ら自由を手放していく傾向が日本人にはあるので、気をつけないと!

まあ、サヨクな人達にびっしり取り囲まれている日本の現状のなかでは、GOOD JOB安部首相! よくやった。ありがとう。と言っておかねばと思います。

posted by megamiyama at 20:50| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 安部首相の「70年談話」はもう要らない!? 「水田安美さんの国連スピーチ」が素晴らしい!

西村 幸祐さんのフェイスブックの記事、貼らせて頂きます。
要拡散!

日本は素晴らしい国だから、自虐史観に終止符を打ちたい 水田 安美  

https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10203512882742928?pnref=story
48044ecf.png
(写真は、「理想国家日本の条件(http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/ece6c9040f8c4426b796533926c3fbf5?st=0#comment-form」)より転載。)



水田 安美

国連スピーチ全文(日本語版)です。


今日は初めて「通州事件」の慰霊祭が行われました。
通州事件、知らない方が多いと思います。
理由はGHQなどに封印されてきた事件だからです。
概要は支那人が日本人を大虐殺した残酷すぎる事件。
大東亜戦争の引き金の1つとも呼ばれています。
酷すぎて言葉も出ない事件です。二度とこんなことが
起こらないようにしなければなりません。

今日、私は日本の若者を代表してここへ来ました。
私が伝えたいのは、日本は素晴らしい国だから、自虐史観に終止符を打ちたいこと、
そして皆さんと共に地球規模で幸せを実現するために力を合わせていきたいということを
伝えるために日本からやってきました。

今から日本の素晴らしさを皆さんに伝えます。

まずは、日本の国旗です。 
このように一見、シンプルな白色の真ん中に赤い丸という国旗です。
この赤い丸は「太陽」だと言われており、日本の信仰の象徴でもあります。
それは、「太陽信仰」といって、天照大神という存在が国家の神として認められて、
日本全体がそれを承認し、今の日本にある皇室制度が成り立っています。
それは「百二十五代」続いています。
その間、途切れずに続いており、系図もはっきり遺っています。
そしてその史実は、少なくとも二千年近い歴史があることは、ほぼ確実です。
「統一王朝として、二千数百年存在する」ということを考えると、
これだけ連綿と続いた国家があるのはすごいことです。
「世界史のなかの奇跡」と言っている人もいます。私もそう思います。

もう一つは、日本の神話です。古事記や日本書紀など日本人が古くから
大切にしている伝統や書物があります。
そのなかに描かれている象徴的なものから「生き方」を学べます。
嘘をついてはいけない、勤勉に生きる、人に優しくするなどといったことが
今ではおじいちゃんやおばあちゃんの口から二千年も語り継がれているのです。
なので、東日本大震災などの大きな災害があっても、お互い譲り合って
一列に綺麗に並び、そして助け合い、復興に向けて努力することができるのです。

このように、日本には「統一王朝や日本の神話が二千数百年の長きに渡って
現在まで大切にされてきたこと」ということは、本当に素晴らしいことで、
これは「世界遺産に匹敵する」ことくらいすごいことだと私は思います。

そして最後に、アジアの植民地解放、アジアやアフリカ諸国の独立に貢献したということです。
第二次世界大戦の敗戦後、天皇陛下の一言で日本人は一斉に武器を捨てました。
そして、その後も日本に帰らず、戦いの現地に残ってその国の独立のために
武器の使い方を教え、共に戦った日本人が多くいます。

何故だと思いますか?

それは、他国を侵略したいと思ってないからです。
先ほども述べた日本人の考え方のなかに「困っている人がいたら助けたい」
という、思いがあるからです。それがよくわかる「インパール作戦」を例に挙げます。
日本ではインパール作戦というと、一番残酷で失敗の作戦だったと習います。
ですが、インドではこのように言われています。
インド国軍50周年記念で現地の方がこう言われたと、
実際その場所に行かれた日本の人に聞きました。
「インパール作戦であれほど日本軍が自分たちの犠牲を払って
戦ってくれたから今この日を迎えられます。そのことに感謝、尊敬しています」
当時の日本人は同じアジア民族としてある民族だけが、肌の色が違うだけで
虐待されるのが許せず、黙って見てられなかったのです。
それは、日本の上の人だけではなく、日本国民が皆そう思っていました。
そうした、神様が見られる視点・地球的正義感を日本人は持っていました。
そしてそのアジア独立に感化されたアフリカも独立への動きに変わっていきました。
そんな日本をインドも、アジア諸国の人も尊敬しています。
以前、マレーシアに行ったとき、現地の人に手を握られ、涙を流しながら
「アリガトウ、アリガトウ」と言われたことを今でも覚えています。
私はそれがすべてだと思います。私は日本に生まれたことを誇りに思います。

なので、日本という国はもっと自信を持ってもいいのです。
この国自体が「世界の誇り」であり、「世界遺産そのもの」そう思っていいはずであります。
これを知るだけでもこの素晴らしい日本に生まれた日本人が
「自虐史観」で、自分の国が嫌いという考え方を
変えなければならないということがはっきり分かってくるはずです。
他にも数えきれないくらい、日本の素晴らしいところがたくさんあります。

今、日本は誇りと自信を失いかけています。
なぜなら日本は悪い国だと他の国に言われ、
また学校の先生にそう教えられているからです。
私自身も、おばあちゃんから教えてもらっていた日本の歴史と
学校から教わった歴史があまりにも違っていたことから歴史の勉強をはじめました。
そして自信を無くした子供たちは、いじめや犯罪に走ります。
私自身も、学生時代いじめられた経験があります。
日本にはあまりにも自分のことが嫌いな子供が多すぎます。
しかし、日本には素晴らしい文化や思想、伝統がたくさんあります。
日本国内でその声を挙げても小さな声にしかなりません。
なので、皆さん一人ひとりが自分の国を愛するように日本のことも愛してください。
幸福を祈ってください。その思いが、日本の子供たちの命を救います。
日本の人々の勇気になります。力になります。誇りと自信に繋がります。
もう、日本の自分の国が嫌いという考え方「自虐史観」に
この戦後70周年の今、終止符を打ちたいのです。

日本が再び誇りと自信を取り戻すことはもちろん、
日本だけではなく世界各国がそれぞれの国で誇りと自信を持ち、
地球規模で幸福と平和と安らぎが実現する未来を私は本気で祈っています。
このスピーチが世界の幸福の一助になることを願います。



FB(中津 充博)
今回のジュネーブ行のリザルトです。私の主観に因る為に不完全ですが3日間の振り返りあり。

https://www.facebook.com/mituhiro.nakatu/posts/906323499461419
posted by megamiyama at 07:47| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする