2015年08月08日

硫黄島が噴火した霊的意味


「宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ」より転載させて頂きます。

2015年8月7日金曜日

硫黄島が噴火した霊的意味

20150807185617asopdi3.jpg



小笠原諸島の硫黄島で噴火があったとニュースが流れました

どのような意味が含まれているのかを考えてみたいと思います

以前に日本が火山活動が活発な時期に入るという話をして以来、実際に各地で様々な山で噴火が起こったり、その兆候が見られるようになりました

そして硫黄島でも噴火と言うことで、まだ火山活動の活発化は続いていると言うことでしょう

硫黄島は第二次戦時の激戦地として知られています

近年でもクリント・イーストウッドが監督をした映画「硫黄島からの手紙」で当時の戦いを描いています

また以前に噴火の起こりました口永良部島は、戦艦大和がその近くで撃沈された場所でもあります

昨日は原爆投下の日であり、終戦記念日も迫っている時期に、噴火が起こるのは意味のあることでしょう

今回の硫黄島の噴火は、第二次大戦で亡くなられた英霊からのメッセージの意味も含まれているものと感じます

現在、安保法案に関係して、メディアを中心に戦争反対という扇動が為されておりますが、それは先の大戦にて戦って亡くなられた方々への否定や批判へと繋がっているものがあります

今回は詳しく書きませんが、そうした風潮への警鐘などが含まれているものと思われます


関連記事

•大震災の発生と日本の神々のお考え
•豪雨の霊的意味と中国でバブル崩壊の危機
•浅間山噴火と口永良部島二度目の噴火の霊的意味
•地震や火山の増加の意味するもの
•口永良部島で爆発的噴火
•箱根山の他も火山の活動に注意すべき
•火山が活発化している意味 箱根以外にも噴火の可能性が高まっている各地の火山
posted by megamiyama at 01:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震・震災・天変地異 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする