2015年07月29日

神の御意思   真の信仰  魂位‥‥  

数多あるスピリチュアルなブログの中で、管理人が見ているのはほんのごく一部でしかありませんが、「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」でも、次のような警告が発信されていました。

今が「世直し」「お立て替え」の真っ最中であり、各人が「神の御意志」をくみ取り、「真の信仰」に目覚め、「噴火」や天変地異が続く乱世を自らの「魂位」を磨きあげるチャンスとすべし という点で、「神示は一致しています。

あとは、どれだけの人間がこれに気付くことが出来るか?この一点にかかっていると思われます。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
696.kibanamano.net

http://696.kibanamano.net/

2015年07月26日
神の御意思


この宇宙をお創りになられたる大元の神様の御意志にてこの世はうごかさるる。
もしも神様の御意志が地球上の生命すべてを淘汰されんとさるるれば、かつてのように、この地球を氷にておおわれるればよし。
あるいは、かつてのようにこの地球全てを焼きつくし、水にて、浄化さるればよし。
なれど、そうはなさらず、立て替え直しを実行されるは、人間が神の子なればなり。
立て替え立て分けの現象は少しづつ少しづつ強くなりゆくも、それに慣れ今このとき、膿だしのまっただなかにあるをきづけぬものも多かりき。
これよりはますます立て替え直しの現象大きくなるなれば、今、いかにして魂の位をあげんとするやを考えるが肝心なり


http://696.kibanamano.net/archives/52228354.html
2015年07月24日
真の信仰

目に見えるもの、形あるもの、科学にて証明さるるもののみ認める者多かりし。
なれば心とは何ぞや。感情とは何ぞや。
喜怒哀楽、全ての人間の感情は形もなくば物質にもあらず。
なれどその感情は確実に波動となりて伝わらん。

死すれば灰となりて無となると考えぬれば、道徳は育たず我欲を増長させるばかり。
信仰心ありとて、自らの信ずる神のみ正しきと考える心はかえりて魂穢す元なり。真の信仰にあらず。

さなれば傲慢、自分勝手となり、人と人とが争い世界は混乱しいずれ破綻す。

肉体は死しても魂は死なず。
傲慢に生き、人と争い、魂穢したれば帰幽後には厳しき修行が待ち受けん。
死後の世界が存在することを意識し、真の信仰心を身につければ、人は人を傷つけられぬものなり。(再掲)



2015年07月15日
魂位

繰り返し申すれど、この世に生を受けたばかりの魂は美しき魂にあらず。人生の修行を経験せねば魂磨かれぬものなり。
人は過去生からの業や因縁を様々なる苦労や試練の中にて解消し、さにて魂磨かれていくものなり。
なれど、人生の修行を放棄すらば大人になりしもいまだ魂磨かれず、かえりて魂汚す者すらありなん。
そもそも物質、金銭は魂を磨く手段の一つなれど、人間の我欲の対象となれば、かえりて魂汚す因となりにけり。
今のこの世は人の魂汚れに汚れ、魂の段階も低きものとなりにけり。
なれば、己の魂の位を自ら努めて引き上げ、魂を磨かねばならぬと気づくべし。





2015年07月01日
噴火

山は危機的状況
神は長きに渡り火山についての警鐘鳴らし続けらるる。
神示にても神は繰り返しお知らせになられん。
噴火相次ぐは危機の知らせなり。
三箇所の大噴火あらば、いよいよなり。
なれど小さき噴火にても油断するなかれよ。
この年は山の様変わりて多くの事態起こる時。
この世の立て替え立て直しは着実に進まんとす。


posted by megamiyama at 06:03| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする