2015年07月27日

(更新)特に関東人と安部首相を始めとする日本の政治家 に読んでほしい 「予言詩」 神のちから



『世の風潮は まるで人が神の子であることを 自ら拒んでいるようだ』


『もしや 神に屈するのが 嫌なのか

「神に屈するな!」

こう長きに渡って 主張している者の正体を 知っているのか

それが 悪魔なのだ』


『神のちからに 抗(あらが)えることなど できない いや 抗う必要などないのだ

 本来 神と人とは 一体だからだ

水滴と水滴が 触れれば一体となるように 信じれば 一体となってしまうのが 

神と人の関係なのだ』



大川隆法ネット後援会(幸福実現友の会)のアモ〜レさんには、ピッコロさんだのひきこもりさんだの、謎の“ゴーストライター”がついておられますが、特に、ひきこもりさんの言葉には、圧倒されます。
これを、一ブロガーの一記事として読んでお終いにするには、あまりにも“真実の言葉”すぎます(笑)

もし、人が神の子として永遠の生命を頂いているのなら、“過去の自分”が守護霊となって“今の自分”を見守る(導く)役目を引き受ける ということになるのは、よく考えれば当然の成り行きです(これぞ、正真正銘の自己責任!)が、生きている間になかなか「守護霊の話」など聞けるものではありません(管理人など「自分を見ているもうひとりの自分」を意識すること位が関の山‥)が、アモ~レさんの守護霊(本人がおっしゃるのですから確かでしょう‥)のひきこもりさんのように、日ごろのアモ~レさんが書かれる言葉との違いを目の当たりにすると、やっぱり霊の方が本人より明らかに意識が上なんだ とわかります。(低級な霊なら地上に居る本人の方がマシかもしれません。どちらにせよ、「この世」は地上に出ている本人にすべて託されているという点では平等デス)

「永遠の生命(=霊)」や「あの世」や「ご神託」など、すべて作り話だとあざ笑う戦後の唯物論知識教育のおかげで、現代日本人の少なくとも半数近くは「死んだらお終い」と思って安心?しているようですが、守護霊たちはどんなに恥ずかしく情けない思いで見ているのでしょうか?(それとも守護霊もおかしくなっている?)
少なくとも、あの世の高級神霊達がどんなに嘆いているか?は、神々の身になって考えてみれば、すぐわかることじゃないでしょうか?

世界最古の歴史を誇り、八百万の神々の降臨を誇り、国民の心根の優しさ・誠実さを誇るなら、たった数十年の反日教育位で、日本人の精神を見失ってよいはずはないのですが‥!

親族が亡くなれば弔いの儀式をし、お国の為に戦地に赴けば、兵士たちは「靖国で会おう」と契りを結び、死者には供養の花を手向け、冥福を祈る‥ 学校で何を習おうと、学者が何を言おうと、すべてあの世があると信じてこそ行われ受け継がれてきた日本人の宗教(信仰)心が、サヨクなワカラン人によって完全に踏みにじられようとしています。

特に、今回の【ひきこもりの予言詩】では、アモ〜レさんの守護霊が、もうすぐ出されるはずの「安部談話」の内容如何によっては、神々による、さらなる天変地異が用意されていることをはっきり警告しています。

天上界の霊人にとって、唯物論サヨクに牛耳られ、本来の輝きを失い、自ら悪魔の手中に落ちようとしている今の日本に、鉄槌が下されるのは時間の問題なのでしょう。

村山政権時に起こった阪神大震災は、未だかつてない未曾有の大災害でしたが、その後に起こった管民主党政権時に起こった東北大震災の被害のすさまじさは、それどころではありませんでした。
今は自民党政権ですが、サヨク勢力の最後のあがきにどう対抗するか?安部談話や安保法案の行方次第では、東北大震災どころではない事態が待ち受けていると覚悟すべきでしょう。

少し前、大川総裁によって、箱根山の噴火に関わる霊人のリーデイングが行われましたが、「関東の人間が死にたがっている(自分の国、日本を守る気がないということ?)から、ご期待に応えましょう」という物騒な発言をする霊人(日本の建国に関わる神)が出てこられました。

いよいよ、ソノ時が迫っている気配です。

霊天上界の心は、一つになりつつあるようです。

果して日本人は再び、心を一つにすることができるのでしょうか?(確かに、大震災が人々の心をつなぐ面があることは経験上知っていますが、阪神大震災の時、神戸(特に三宮)が一旦“死んだ”ように、首都東京が壊滅するなんてことは、起きてほしくありません。神仏(宗教)アレルギーの東京の人達、憲法(9条)を守って神の言葉に耳を貸さないなら、神に見放され、命を奪われますよ!)

アモ〜レさんの「ひきこもりの予言詩」は、日本人に対する最後の警告であり、祈りであります。


【ひきこもりの予言詩】 神のちから 

2015-07-24 22:47:30
テーマ:ひきこもりの予言詩


遥か遠く 古(いにしえ)の彼方より 


遥か遠く 未来の世界へ


遥か遠く 無限の宇宙から 


無限に小さく 分子原子の世界まで


すべてを司るは 神のちからなり


神のちから それは法則なり


神とは 法 なのだ


歴史とは 神の発明した時間から 

創りだされるドラマである


空間もまた 神の発明である


神の創り給うた この世界に 


神のちからの 及ばぬものなどない



今 日の本の国では 

集団的自衛権成立という 小さな革命で大騒ぎだ


宰相は 戦後の分岐点において 何を語るのか


談話には 「侵略や謝罪を入れない方針」 という噂も聞こえる


日の本の宰相は よもや 


この世的な 着地点を探ってはいないか


畏れ多きことだ


この国は 神々が創り給うた 国であることを 


よもや忘れたのではないか



世の風潮は まるで 


人が神の子であることを 自ら拒んでいるようだ




それは悲しい 

限りなく 悲しいことだ




それは人が もっとも尊い存在から 


ただの肉片に 自ら堕ちる判断と なるというのに



もしや 神に屈するのが 嫌なのか


「神に屈するな!」

こう長きに渡って 主張している者の正体を 知っているのか


それが 悪魔なのだ



神に屈するのが嫌なら 悪魔に屈することとなる


それが 幸福につながるか否かを 


体験せねばわからぬほど 愚か者であってはなるまい



もしも 分岐点の談話において 

「侵略」や「謝罪」という言葉が 一言でもあれば


この日の本の国が 
神々が創り給うた 尊き国であることを 


万人が思い知らされることとなる



多発する 自然災害


しかしそれが 人的被害がない災害の 連続であることを見抜け



通常不安定な軌道を描く この時期の台風が 
きっちりと進路を 定めていることには


「いくらでも 近づけることはできるのだ」 




という神意を 汲み取ることを お勧めする



神のちからに 抗(あらが)えることなど できない

いや 抗う必要などないのだ


なぜならば 本来 神と人とは 一体だからだ




水滴と水滴が 触れれば一体となるように 

信じれば 一体となってしまうのが 
神と人の関係なのだ




それが 信仰の 本当の姿である



日の本の国民(くにたみ)よ 同胞(はらから)たちよ


もっとも尊き存在に 一日も早くなろうではないか



(Lyrics Hikikomori)
posted by megamiyama at 13:15| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする