2015年07月11日

神の声を聴かぬ民と偽預言者

http://japan-spiritual.blogspot.jp/2015/07/blog-post_10.html

「宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ」より転載させて頂きます。

a7324042cb12b66b3a86445a3ce0327a.jpg



旧約聖書には、神の言葉を受けて国の危機を警告する預言者と、それを信じない民の姿が描かれます

ユダヤの民が堕落し、自分勝手な信仰を持って、真の神の言葉を聴かなくなったがゆえに、災いが降りかかることを告げられます


他国によって侵略され、国を失うだろうという預言もありました

ですが国民は真に受けず、そんなことが起こるわけがない、平和がすっと続くはずだと信じていました

多くの偽預言者があらわれて、悪いことはおこらない、国が滅ぼされるなんてありえないっと耳障りのよいことを言って民の支持を得ます

その結果、他国によって侵略され、国民全体が奴隷とされ連れ去られました

現代の日本においても、以前の記事でも指摘したように、大震災によって神意は示されているにもかかわらず、それを信じず、認めない人々で溢れ、日本の危機など起こるはずがないと述べるものが多くいます

耳障りのよい言葉に耳を傾け、亡国の危機の予言には耳を傾けようとしません

神は国民を愛するがゆえに事前にその危機を知らせるものを地に遣わすのですが、多くの場合、受け入れず逆に迫害することが多くありました

その結果として国を失う事は過去にたくさん起こった事です

多くの日本人はそれを昔話のように、古い時代の御伽噺のようにしか感じていないでしょうが、現在ただいま、古代のユダヤの民のように、旧約の預言の時代を生きている事を知らなくてはなりません

ほんとうに日本に危機が迫っていることをどうか知ってください



関連記事

•大震災の発生と日本の神々のお考え
•韓国船沈没と沖ノ鳥島事故そして
•ジュゴンや自然破壊と基地問題について
•豪雨の霊的意味と中国でバブル崩壊の危機
•浅間山噴火と口永良部島二度目の噴火の霊的意味
•韓国でMERSの次は大干ばつ
•地震や火山の増加の意味するもの
•箱根山の他も火山の活動に注意すべき
•自然災害の背後で働く意思
•両極端な思いが危険な方向へと進む
•内憂外患
•異常事態の中国株
posted by megamiyama at 12:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子房(洪)さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする