2015年07月10日

2015年7月7日ヨル7時「人類史の大転換」が始まりました〜

せっかく埼玉まで行って聞いてきたお話の、ちゃんとした報告が遅くなりました。(8日に書いた記事は、我ながら情けない話を書いてしまい、恥ずかしいので没にしました。)

坐った席は残念でしたが、開演を飾った聖歌隊の歌が先ず素晴らしく、しょっぱなから感動してしまいました。(ご生誕を祝ってその日初めて公開される曲が奏上されるのですが、歌詞といい、メロディーといい、編曲といい、歌声といい、すべてが申し分なく“べた”な言い方ですが、「これぞ天上の音楽!」と聴きほれました。会場で生で聞いたからなのでしょうか?初めて「奏上曲のCDが欲しい」と思いました。)

そして、いよいよ総裁の登場‥。両手をあげ、あらゆる方向にお顔を向け、手を振りながら出てこられました。
一瞬、こちらの方向にも振られた手が見えた気がして、思わず手を振り返しました。

集まったすべての人々の思いに応えようと丁寧に丁寧に手を振りながら全方向に顔を向けられるのを見ている
と、「一人も見逃すことなく、すべての人の思いに応えよう」とされていることがよくわかりました。

「全人類に責任を負う」という自覚が、一人の人間を(この地上ではあくまで総裁も人間として生きておられます)どれほど強くするのか?優しくするのか?想像もつきませんが、「すべてのひとの思いに応えようとする」総裁の姿には確かに愛があふれていました。

そして、「人類史の大転換」‥

とてつもなく大層なタイトルが掲げられた講演でしたが、総裁のお話は、いつもと変わらない平易な語り口で淡々と進んでいきました。

そのいつもと変わらない淡々とした話ぶりに、うっかりしていると聞きもらしてしまう位、さらっとしかしはっとさせられる言葉が、今回も随所にありました。(これが「ご法話」です。総裁にしか語れない、他の誰からも聴くことのない言葉。それを、聞き逃すまいと集結するのが信者デス。聴く耳を持たない人には、永遠に縁のない世界かもしれません。)

今回の最初の“ハッ”(笑)は、

「世界は今、真なる智慧を求めています。」

「智慧があれば、判断ができます。」

「判断ができれば、問題は必ず片付いていきます。」


問題が片付かないのは、判断できないから。判断できないのは智慧がないから。求めるべきは智慧。

以上!‥みたいな(笑)

これを、しょっぱなに言われたのです。「智慧の時代」だと言ってるでしょ!ってことです。

そのあと、今起こっている諸問題について一つづつ、さらっとしかし核心をついて、“片づけ”ていかれました。

智慧さえあれば、問題なし!

であることを、いとも簡単に証明してみせてくださいました。

しかし、ここで問題がひとつだけ‥それが、日本人。(‥と総裁が言ったわけではありません。一言も「日本人に問題がある」とは言われません。「いくら本を書いても講演しても間に合わないので、あなた方(日本人)が代わりに(世界に)伝えてくださいね」とおっしゃっただけですが‥)

日本人が本来の智慧を取り戻せば、世界の問題の大半は片付くというのに、戦後目隠しされて育ったことも知らず、先祖からの智慧や良き習慣や信仰心を古臭いものとして捨て去り、日本の歴史や誇りまで自ら否定して70年!
世界の問題を片づけるどころか、世界に翻弄され、日本国の存続さえ危ぶまれる状態になっても、「(今や中国の為の)平和憲法」を死守しようとする“勘違い日本人”が勢いづいています。

サヨク唯物論の毒牙にかかると「神国日本」でさえこうなる というGHQ考案の文明実験もソロソロ終わりにして、本来の日本を取り戻したいものです。

「日本人の責任は重いんです。」
と大川総裁もおっしゃってましたよ!

日本を“悪い国”にしておかないと悪事がばれて困る国々の手先となって久しいマスコミや学者の言い分を鵜呑みにするのが、本当に賢い日本人でしょうか?
日本人にかけられた目隠しをほどき、真実に目覚めさせるために、そして日本発の世界宗教を立ち上げるために日本に生まれ、何千の講演会を開催し、ギネスブックに載るほどの本を書き続け、世界的な評価が固まりつつある大川総裁を無視・軽視し続けることが、本当に賢明な態度でしょうか?

今この時代、日本に生まれる幸運に恵まれた日本人が、その気になれば大川総裁の言葉を直接聴くことが出来るにも関わらず、戦後の唯物論教育に染まり、新興宗教というだけで、耳をふさぎ、忌み嫌うなら、世界が先に目覚め、日本を反面教師とするでしょう。誇り高き日本人が世界の笑いものになってよいのでしょうか?

先ずは、今大川総裁が何を語り、世界をどう見ておられるか?ご自分の耳で聴き、判断することが大切だと思います。(少なくとも、聴けば“縁なき衆生”かそうでないか、ご自分で「判断」が出来ます。)

7月7日「人類史の大転換」の講演会は終わりましたが、世界では、ギリシャのデフォルト、中国の株式の大暴落など経済界に大激震が走り、すでに世界の「大転換」(終わりの始まり‥?は、始まっています。

数年前「私の言葉の上に未来が築かれる」と言われた言葉通り、今「人類史の歴史的転換点」が訪れようとしていることに、どうか賢明な諸氏はお気づきくださいますように。
宗教を馬鹿にして許される国は日本だけです。
外国ではひんしゅくを買いますので(下手したら殺されるかも)、くれぐれもご注意ください。

そろそろ日本人も一国平和主義の呪縛から抜け出して、世界のことを考える時がきたようです。
「人類史の大転換」の鍵を握るのは、日本!

詳しくは、アモ〜レさんのブログをお読みください!(
写真が貼りにくいので、こちらから⇒http://ameblo.jp/oramorre/ 


「人類史の大転換」の智慧は、現代の世界への処方箋。

.
posted by megamiyama at 19:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする