2015年07月13日

現代の日米安保条約 「安保法案」を安部内閣は通すことができるのか?

「歴史は繰り返す」と言いますが、正に今、かつての安保闘争が蘇ったかのような論争が巻き起こっています。
安部首相の祖父岸伸介元首相は、「安保・反対」の怒号が日本全国に吹き荒れる(今とは比べものにならない位激しかった!)中、日米安保の調印に踏み切って退陣に追い込まれましたが、今や日米安保が日本の安全保障の要であることは、衆知の事実です。

問題は、安部首相が祖父ほどの信念と勇気をお持ちかどうか?(おじい様を尊敬されているだけでは、この難局を乗り越えることは出来ないでしょう。本丸は「憲法9条改正」「自主憲法」だというのに)


こちらも「宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ 」の記事です。http://japan-spiritual.blogspot.jp/2015/07/blog-post_12.html

蘇る安保闘争

img_1.jpg





いまはメディアを中心として安保法制に反対するムードを守り立てようとしています

しかしやっている事は1960年代にも起こった60年安保と変わりないと言えます

私はまだ生まれていない時代ですが、調べたところではその当時も朝日新聞などのメディアが中心となって批判をし、それに学生運動が加わって大きな運動となりました

当時の新聞の論調では安保によって日本は徴兵制もしかれる戦争するようになるなどと、現代と同じ事を述べていました

しかしその後の歴史を見れば、逆にアメリカの保護にあったが故に、日本は平和でいられたというのが真実です

もしも日本からアメリカが当時に撤退していたら、日本はソ連によって、関東辺りまで侵略されていたかもしれません

かつてシベリア抑留されたように、占領地の日本人は連れて行かれて奴隷的な労働に従事されていたか、あるいは北朝鮮のような貧困にあえぐ国となっていたでしょう

安保反対の運動から出てきた連合赤軍などの組織が、内部でリンチ殺人をおかしたり、人質をとって立てこもる浅間山荘事件などをおこしました

60年安保の実際は旧ソ連や北朝鮮、中国などの共産主義に傾倒する者が、平和運動を名乗って日本からアメリカを追い出して、日本を共産主義国家にしたかったというのが現実です

それを知らずに、あるいは知っていて北朝鮮などを地上の楽園と思っていたものたちによってなされた運動が60年安保であったといえるでしょう

現在でも北朝鮮や中国に傾倒するものの扇動によって為されているのが、平和運動を偽装した安保反対運動となっています

当時の60年安保時代に、反対運動を押し切って進めたのが岸信介総理大臣であり、現総理大臣の安倍晋三氏の祖父になります

祖父の岸氏が安保闘争の中で信念を貫いて条約を進めたことによって日本の現在の平和と繁栄があります

そして岸さんの孫に当たる安倍総理の時に、また同じ問題が出てきており、その判断が注目されるところとなっています

このように時代を越えて同じ現象が出てきたのは偶然ではなく、かつての安保闘争のような過ちを繰り返さないことを課題として出されているのだと言えます


関連記事


•大震災の発生と日本の神々のお考え
•神の声を聴かぬ民と偽預言者
•安保法案の是非
•百田尚樹さん前世
•自民党の安倍晋三総裁の前世
•中国暴走の序章
•豪雨の霊的意味と中国でバブル崩壊の危機
posted by megamiyama at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

神の声を聴かぬ民と偽預言者

http://japan-spiritual.blogspot.jp/2015/07/blog-post_10.html

「宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ」より転載させて頂きます。

a7324042cb12b66b3a86445a3ce0327a.jpg



旧約聖書には、神の言葉を受けて国の危機を警告する預言者と、それを信じない民の姿が描かれます

ユダヤの民が堕落し、自分勝手な信仰を持って、真の神の言葉を聴かなくなったがゆえに、災いが降りかかることを告げられます


他国によって侵略され、国を失うだろうという預言もありました

ですが国民は真に受けず、そんなことが起こるわけがない、平和がすっと続くはずだと信じていました

多くの偽預言者があらわれて、悪いことはおこらない、国が滅ぼされるなんてありえないっと耳障りのよいことを言って民の支持を得ます

その結果、他国によって侵略され、国民全体が奴隷とされ連れ去られました

現代の日本においても、以前の記事でも指摘したように、大震災によって神意は示されているにもかかわらず、それを信じず、認めない人々で溢れ、日本の危機など起こるはずがないと述べるものが多くいます

耳障りのよい言葉に耳を傾け、亡国の危機の予言には耳を傾けようとしません

神は国民を愛するがゆえに事前にその危機を知らせるものを地に遣わすのですが、多くの場合、受け入れず逆に迫害することが多くありました

その結果として国を失う事は過去にたくさん起こった事です

多くの日本人はそれを昔話のように、古い時代の御伽噺のようにしか感じていないでしょうが、現在ただいま、古代のユダヤの民のように、旧約の預言の時代を生きている事を知らなくてはなりません

ほんとうに日本に危機が迫っていることをどうか知ってください



関連記事

•大震災の発生と日本の神々のお考え
•韓国船沈没と沖ノ鳥島事故そして
•ジュゴンや自然破壊と基地問題について
•豪雨の霊的意味と中国でバブル崩壊の危機
•浅間山噴火と口永良部島二度目の噴火の霊的意味
•韓国でMERSの次は大干ばつ
•地震や火山の増加の意味するもの
•箱根山の他も火山の活動に注意すべき
•自然災害の背後で働く意思
•両極端な思いが危険な方向へと進む
•内憂外患
•異常事態の中国株
posted by megamiyama at 12:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子房(洪)さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

2015年7月7日ヨル7時「人類史の大転換」が始まりました〜

せっかく埼玉まで行って聞いてきたお話の、ちゃんとした報告が遅くなりました。(8日に書いた記事は、我ながら情けない話を書いてしまい、恥ずかしいので没にしました。)

坐った席は残念でしたが、開演を飾った聖歌隊の歌が先ず素晴らしく、しょっぱなから感動してしまいました。(ご生誕を祝ってその日初めて公開される曲が奏上されるのですが、歌詞といい、メロディーといい、編曲といい、歌声といい、すべてが申し分なく“べた”な言い方ですが、「これぞ天上の音楽!」と聴きほれました。会場で生で聞いたからなのでしょうか?初めて「奏上曲のCDが欲しい」と思いました。)

そして、いよいよ総裁の登場‥。両手をあげ、あらゆる方向にお顔を向け、手を振りながら出てこられました。
一瞬、こちらの方向にも振られた手が見えた気がして、思わず手を振り返しました。

集まったすべての人々の思いに応えようと丁寧に丁寧に手を振りながら全方向に顔を向けられるのを見ている
と、「一人も見逃すことなく、すべての人の思いに応えよう」とされていることがよくわかりました。

「全人類に責任を負う」という自覚が、一人の人間を(この地上ではあくまで総裁も人間として生きておられます)どれほど強くするのか?優しくするのか?想像もつきませんが、「すべてのひとの思いに応えようとする」総裁の姿には確かに愛があふれていました。

そして、「人類史の大転換」‥

とてつもなく大層なタイトルが掲げられた講演でしたが、総裁のお話は、いつもと変わらない平易な語り口で淡々と進んでいきました。

そのいつもと変わらない淡々とした話ぶりに、うっかりしていると聞きもらしてしまう位、さらっとしかしはっとさせられる言葉が、今回も随所にありました。(これが「ご法話」です。総裁にしか語れない、他の誰からも聴くことのない言葉。それを、聞き逃すまいと集結するのが信者デス。聴く耳を持たない人には、永遠に縁のない世界かもしれません。)

今回の最初の“ハッ”(笑)は、

「世界は今、真なる智慧を求めています。」

「智慧があれば、判断ができます。」

「判断ができれば、問題は必ず片付いていきます。」


問題が片付かないのは、判断できないから。判断できないのは智慧がないから。求めるべきは智慧。

以上!‥みたいな(笑)

これを、しょっぱなに言われたのです。「智慧の時代」だと言ってるでしょ!ってことです。

そのあと、今起こっている諸問題について一つづつ、さらっとしかし核心をついて、“片づけ”ていかれました。

智慧さえあれば、問題なし!

であることを、いとも簡単に証明してみせてくださいました。

しかし、ここで問題がひとつだけ‥それが、日本人。(‥と総裁が言ったわけではありません。一言も「日本人に問題がある」とは言われません。「いくら本を書いても講演しても間に合わないので、あなた方(日本人)が代わりに(世界に)伝えてくださいね」とおっしゃっただけですが‥)

日本人が本来の智慧を取り戻せば、世界の問題の大半は片付くというのに、戦後目隠しされて育ったことも知らず、先祖からの智慧や良き習慣や信仰心を古臭いものとして捨て去り、日本の歴史や誇りまで自ら否定して70年!
世界の問題を片づけるどころか、世界に翻弄され、日本国の存続さえ危ぶまれる状態になっても、「(今や中国の為の)平和憲法」を死守しようとする“勘違い日本人”が勢いづいています。

サヨク唯物論の毒牙にかかると「神国日本」でさえこうなる というGHQ考案の文明実験もソロソロ終わりにして、本来の日本を取り戻したいものです。

「日本人の責任は重いんです。」
と大川総裁もおっしゃってましたよ!

日本を“悪い国”にしておかないと悪事がばれて困る国々の手先となって久しいマスコミや学者の言い分を鵜呑みにするのが、本当に賢い日本人でしょうか?
日本人にかけられた目隠しをほどき、真実に目覚めさせるために、そして日本発の世界宗教を立ち上げるために日本に生まれ、何千の講演会を開催し、ギネスブックに載るほどの本を書き続け、世界的な評価が固まりつつある大川総裁を無視・軽視し続けることが、本当に賢明な態度でしょうか?

今この時代、日本に生まれる幸運に恵まれた日本人が、その気になれば大川総裁の言葉を直接聴くことが出来るにも関わらず、戦後の唯物論教育に染まり、新興宗教というだけで、耳をふさぎ、忌み嫌うなら、世界が先に目覚め、日本を反面教師とするでしょう。誇り高き日本人が世界の笑いものになってよいのでしょうか?

先ずは、今大川総裁が何を語り、世界をどう見ておられるか?ご自分の耳で聴き、判断することが大切だと思います。(少なくとも、聴けば“縁なき衆生”かそうでないか、ご自分で「判断」が出来ます。)

7月7日「人類史の大転換」の講演会は終わりましたが、世界では、ギリシャのデフォルト、中国の株式の大暴落など経済界に大激震が走り、すでに世界の「大転換」(終わりの始まり‥?は、始まっています。

数年前「私の言葉の上に未来が築かれる」と言われた言葉通り、今「人類史の歴史的転換点」が訪れようとしていることに、どうか賢明な諸氏はお気づきくださいますように。
宗教を馬鹿にして許される国は日本だけです。
外国ではひんしゅくを買いますので(下手したら殺されるかも)、くれぐれもご注意ください。

そろそろ日本人も一国平和主義の呪縛から抜け出して、世界のことを考える時がきたようです。
「人類史の大転換」の鍵を握るのは、日本!

詳しくは、アモ〜レさんのブログをお読みください!(
写真が貼りにくいので、こちらから⇒http://ameblo.jp/oramorre/ 


「人類史の大転換」の智慧は、現代の世界への処方箋。

.
posted by megamiyama at 19:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする