2015年06月25日

「国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ」 安部芳裕著

「光りの進軍  光りよ通え・・・」に書いた記事です。☆http://blog.goo.ne.jp/hikarinonakama/e/e54c97e6545ccaa30346418d1eabe2a6

FRBの背後に存在する米国の国際的な銀行家が、共産主義者ではないかという疑義?

最近、“通貨発行権”について、色々な人が色々な処で声をあげていることを知りました。

昨日の「理想国家日本の条件‥」の記事「 我々は奴隷であった!? 〜日本人よ、アメリカ人よ、彼らが行う誘導に気づき、詐欺から目覚めよ!〜 」に、“泣き虫ウンモ”さんが、

要は、FRBの背後に存在する米国の国際的な銀行家が、共産主義者ではないかという疑義があるということです。

概要を知りたい方は、「国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ 安部芳裕著」をお読み下さい
。」

というコメントを投稿されて、そういう本を出されている安部よしひろさんという人が居らっしゃることを知りました。

検索すると、すでに5年前にその本についてのインタビューがyoutubeで公開されていますので、ここにもUPしておきます。

もうひとつ、同氏の「お金とは何か?」のインタビューの方も、合わせてご覧ください。(管理人が昔愛読し今もなぜか気になる作家ミハエル・エンデ氏と今日の安部氏との深い縁が語られ、それだけでも感動しました!)

気づいている人は、とうに気づいて警鐘を鳴らし続けているのでした。

しかし、こういう情報が表だってメディアの中で語られることは決してありませんし、はっきり語ったばかりに干された(消された?)人の数は数知れません。

というわけで、エンデのように物語の形にするしかなかったり、ジョン・レノンやマイケル・ジャクソンのように、有名になって発言する自由を得ても、不慮の死を遂げることになったり‥、実は、壮絶な戦いが裏で繰り広げられてきたようです。

近年になって、これまでは芸術のカタチにして発表するしかなかったような“不都合な真実”が、大っぴらに(出版物やネットで)公開されはじめたのは、闇の支配者達を凌駕する(って‥自分たちで思うほど大した力など彼らは持ってませんが‥)“大いなる力”が働きはじめた証拠ではないかと思われます。

誰の言葉が「真実」か「間違っているか」? 見分けるのは自分の責任ですから、一人一人が自分で判断すべきと思いますが、70年も判断停止状態に置かれた国民に、「自分で考えて目覚めよ!」というのはそうカンタンではありません。

それでも、

目覚めて立ち上がろう、日本!span>

負けるな、日本!span>



安部芳裕氏『国際銀行家たちの地球支配のしくみ』Part1

ワールドフォーラム2010年3月例会
〜全部わかった!驚愕の事実〜
仕掛けられた金融危機





2010/04/09 に公開


「お金とは何か?」1/5 あべ よしひろさん インタビュー


−明るい未来・希望ある社会にするために−



2009/01/26 に公開
posted by megamiyama at 13:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする